正月飾りはいつまで関東では飾る?鏡餅はどうすれば?

スポンサードリンク

 

お正月を迎えるにあたり、日本の風習としてお正月用の飾りつけ
をされる方も多いと思います。

基本的にこれらの飾りは年末から飾っていることでしょう。

ただこのお正月飾り、いつまで飾るものかご存知ですか?

地域によっても違うと聞きますが、実際はどうなんでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

正月飾りはいつまで飾るもの?

 

正月飾りとは、その歳神様を心より歓迎するための
準備として飾るものとなります。

一般的に正月飾りとは、

門松、しめ飾り、鏡餅

を指します。

まず、これらをいつから飾るのでしょうか。
そもそもこれはいつからでも良いと言えば良いのです
が、12月の28日か30日が特に良いとされています。

 

28日は8で末広がり、逆に29日は9が苦となりますので
避けます。

31日に飾るのは「一夜飾り」と言って縁起が悪いと
言われていますので、これも避けた方が良いでしょう。

 

そしてお正月を経て、いつまで飾るのでしょうか。

 

これは、一般的には「松の内」までとされています。

 

が、いろいろなしきたりなどで日本全国すべてで
松の内まででは無いようです。

 

正月飾りはいつまで?関東や関西で違う?

 

関東地方では、松の内までという所が多いようです。
つまり1月7日まで、ということですが、関東地方が
松の内までなので広く一般的には松の内までと
なっています。

 

他には

小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までと
いう地域もあります。

 

そもそも松の内というのは1月15日までだったことも
あり、小正月までのところがあるのですが、これは
今でも関西地方は小正月まで、という所が多いです。

また、二十日正月というのは関西の一部と岐阜や
石川、群馬などの一部に残っている風習となって
います。

 

このように、地域によって異なります。

 

これは正月飾りを神社などでどんど焼きにする時期
とも重なりますので、わからなければ近所の神社
などに聞いてみると良いでしょう。

 

 

正月飾りはいつまで?鏡餅はどうする?

 

神様にお供えした鏡餅。

他の正月飾りと違って、言うまでもなく食べる事が
できます。

そしてこのお供えした鏡餅を食べることで一年間の
無病息災につながると言われています。

 

また、鏡開きと言って鏡餅を開くことで
新しい年の始まりを意味し、お祝いの儀式となり
ます。

 

ただ一つだけ注意を。

 

お供えしたお餅は、包丁など刃物で切るのは切腹を
連想させるためご法度です。
硬くなっているお餅を、木槌などでバラバラに
しましょう。

 

こちらは全国的に1月11日に鏡開きと言われています
ので、その日まで飾るのが良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

正月飾りといえば縁起物ということもあり、いろんな
マナーや地域によっての風習などもさまざまです。

 

関東と関西でこれだけ日にちが違ったり、宗派や
近所の神社の方針などによっても随分違うようです。

 

それぞれのやり方で良いと思いますが、やはり自分
の住む地方のならわしに合わせるべきでしょう。

 

地域の伝統を受け継ぐためにも、きちんと継承して
いきたいものですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ