こむら返りの長引く痛みの原因とは?いつまでも続く痛みを治す方法。

スポンサードリンク

昨夜、夜中にパッと目が覚めたんです。

そしたらそれと同時くらいに

ふくらはぎに強烈な痛みを感じ、

そこから先は七転八倒。

 

本当に痛いんです。こむら返り

 

本当に本当にシャレになりません。

しかもなすすべなく、ただひたすらしばらく痛いんです><

 

何の仕打ちなのかと思うくらい、

あまりの痛みに悶えますよね。

 

もちろんこれ、誰でも経験があるんだろうと思いますが、

私の場合、最近多い気がするんです。

 

と言うわけでにっくきこの痛みの元について

ご紹介しますので、こむら返りのいつまでもしつこい痛みに

辟易としている方は、是非参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク
  

こむら返りの強烈で長引く痛みを引き起こす原因とは?

夜中突然襲う、あの強烈な痛み。

そんじょそこらの痛みじゃありません。

おまけに寝ぼけてるところを襲われるせいか、

どう対処すべきか頭が回らないんですよね。

 

という事でまさになすすべなく

のたうち回ることとなります。

おまけにやたら痛みが長引く!

 

私はなぜか夜中にしか、

こむら返りになりません。

それも比較的朝方。

 

それにしてもあの痛み、

何が原因で起こるのでしょうか。

こむら返りを引き起こす原因とは、

いくつか考えられています。

 

①運動不足

ま、筋肉が引き起こすものと思えば、

ここを疑って間違いないでしょう。

でも例えばサッカー選手などでも

「足がつる」

ということはありますよね。

そう考えれば、運動不足だから必ず

こむら返りになるわけでも、

運動してるから足がつらないわけでも

なさそうですね。

 

これについては後述します。

 

②水分やミネラルの不足

ミネラルと言っても色々とありますが、

足がつるということに直結しているのは

ミネラルの中でも

カルシウムやマグネシウムの不足

と言われています。

 

カルシウムと言うのは筋肉への

脳からの指令を助ける役割があり、

そのカルシウムの量を調節しているのが

マグネシウムです。

 

つまりこれらが不足することで

筋肉への神経伝達がうまく行かなくなるのです。

 

こむら返りの原因の多くは、ミネラル不足

と考えられています。

 

水分の不足も同様で、

こちらも同じように神経伝達物質が

うまく行き渡らなくなってしまいます。

 

 

③その他

私の場合は、

最近毎晩ジョギングをしているので、

運動不足というのは

あまり当てはまらないかもしれません。

 

加えて、ミネラルというのも、

サプリを摂っているので

こちらも可能性としては薄いのかも。

 

そうなると考えられるのはやはり

「筋肉疲労」や「血行不良」

 

先程少し触れましたが、

スポーツ選手のようにバリバリ鍛えて

ガンガン筋肉に負担をかけるような生活を

している人でも足がつる時はつりますね。

 

これはどうしてなんでしょう。

 

実は足がつりやすいスポーツ選手

というのがいるんですが、

それは筋肉が硬い人です。

 

筋肉量が多くなって筋肉が硬くなると、

それに伴ってストレッチなど

体の柔軟性が必要になって来ます。

 

筋肉が硬くなることで血管が圧迫されるため

血行不良になったりすることで

こむら返りを引き起こすことがあるため、

スポーツ選手であっても足がつったりするんですね。

 

こむら返りの痛みを治す方法とは?

そもそもこむら返りとは、

腓腹筋というふくらはぎの筋肉の

異常収縮によって起こります。

 

私の場合、何故かこむら返りの前に目が覚めて、

どんどんこむら返りが迫って来るような感覚に陥ります。

 

と言っても寝ぼけているので、

どこまでそうなのかは定かではありませんw

 

いずれにせよ、来てしまったらのたうち回ります。

そう、普通の人より痛みに弱いんですw

 

実際こむら返りの痛みが来た時には、

その対処の方法としては

ふくらはぎを伸ばすこと

 

つまり、アキレス腱を伸ばすようなストレッチです。

それに加え、

ふくらはぎの筋肉をマッサージすると良い

ようです。

 

張り詰めた筋肉の緊張を解いてあげることで、

とりあえずの痛みも引いて行きます。

 

理由はさておき

筋肉が異常に収縮してしまっている状態なので、

まずはそれを伸ばしてやるのが効果的なのです^^

 

足がつる、という類の中でも

最もつる力が大きい気がするのがこむら返りです。

その筋肉を伸ばすときには結構な力が必要ですが、

まずは頑張って筋肉を伸ばし、

緊張を解いてやるよう心がけましょう。

 

こむら返りになるとなぜ痛みがいつまでも引かずに続くの?

こむら返りというのは

ふくらはぎの筋肉が異常収縮した状態なので、

そこの筋肉が伸ばすのが効果的とお話ししましたね。

 

ただ私の場合だけでしょうか。

寝ぼけているせいかこのプロセスが

なかなか実行できません。

 

結局、ただ痛みが過ぎ去るのを

待っていることが多い気がします(^^;

 

ただ、こむら返りの痛みって

どういうわけが長続きするような気がしませんか?

 

なぜかいつまでも痛みが引かずに痛いんです。

この痛みが、七転八倒した夜中の思い出を

フラッシュバックしてくれます(^^;

 

実はこういう場合、

こむら返りになった時の対処法が間違っていると

痛みが長引きやすいんだそうです。

 

私が言うように結局なんの対処もしなかった

間違った対処をすることで

後の痛みがいつまでも引かずに

続くということがあるのです。

 

こむら返りというのは、

実はちゃんとした応急処置が必要とされるほどの

筋肉の異常とされています。

 

実際にこむら返りになった時には

先程説明したような対処を

速やかにすることをおすすめします。

それでも私のように対処を誤り、

痛みが続いてしまうような

事態に陥ってしまったときは。

 

まずはとにかくなるべく温める事

冷湿布などで冷やすのはNGです。

温める事と、

筋肉の硬くなっているところを重点的に

優しくマッサージしましょう。

 

数日もすれば痛みは引いてきます。

どうしても痛みが長引いて辛い、

という場合には、こちらがおすすめ。

 

 

 

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

という漢方薬になりますが、

就寝前に飲めばこむら返りの予防にもなり、

長引く痛みがある時には

その症状を緩和してくれるものです。

 

それでも痛みが続く・・・という場合には、

やはり病院を受診してくださいね。

 

まとめ

あまりにも強烈な痛み伴うこむら返り。

出来ればしっかり予防できると良いですよね。

最近の私のように

ちょくちょくこむら返りになるような人は、

やはり日頃の食生活やら生活習慣やらを

見直してみるのが良いでしょうね。

 

またあの痛みが・・・と思うとゾッとします。

お互いに気を付けましょうね!^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ