結婚式を欠席したい時の返事の書き方は?その理由や祝儀はどうする?

スポンサードリンク

私、自慢でもないのですがやたら結婚式に呼ばれます。

ありがたいことで、おめでたいことなので、出来れば出席したいとは思うんですが。

ただ、凄く仲の良い友人だとか、大変お世話になっている関係だとかならわかりやすくて出席すれば良いのですが、あながちそういうことばかりでもありません。

もちろん、仕事がどうしても外せない、とか、結婚式のWブッキングとか(私は何故かこれが多いw)、一般的にどうにも都合が合わない、ということもあります。

でも関係の微妙な、どうかすると人数合わせで呼ばれてる?みたいな時もあれば、気持ちはありがたいけど呼んでもらう程の付き合いでも・・・みたいなこともありますよね。

それでも呼んで頂いたなら出席するのも一つですが、私なんぞは他の人とのバランスや祝儀のことなど諸々考え出すと出席することばかりが良いわけでもないと感じています。

私の場合はそもそも中途半端に浅いつきあいが多いんだと思いますが・・・。

ともあれ、出席以上に気を遣うのが、欠席の連絡

せっかくの晴れの席をお断りしなくてはならない時に、どうやって欠席するべきかをまとめてみました。

結婚式を欠席したいけど、どうやって欠席を伝えようか考えている方に、参考になればと思います^^

スポンサードリンク
  

結婚式を欠席する場合の返事の書き方とは?

最近では、ある程度結婚式の前に出席できるかの打診をすることが増えているんだとか。

もちろんメールもあればLINEやSNSもありますので、「結婚式の招待状」みたいな重苦しいものを送る前にある程度判別が出来るのかもしれません。

その時にスパッと断れるならそれも良いでしょう。

普通であればやはり招待状が届きます。

残念ながら欠席を伝えなければならない場合は、どう返事すれば良いのでしょう。

結婚式の招待状の欠席の場合の書き方

まずは欠席の理由がどうあれ、一般的なマナーとして結婚式の招待状で欠席の連絡をする場合の書き方があります。

 

①宛名の敬称を「様」に直す。
大抵の場合は返信用のハガキに送り先(結婚する人)の名前があると思いますが、その敬称がおそらく「行」になっているかと思います。
それを書き直しておきましょう。

②不要の箇所を二重線で消す。
「御出席」
「御欠席」の「御」
「御芳名」の「御芳」
「御住所」の「御」

③「欠席」の前後に「残念ながら」「させて頂きます」と添える。

④お祝いの言葉を一言入れる。
出来れば欠席の理由も簡潔に入れると良いでしょう。
「所用のため」とか、「どうしても都合がつきませんので」「やむをえない事情で」などが無難です。
反対に「多忙により」とか、結婚式というおめでたい雰囲気を壊す言葉「死」「悲」「哀」などはタブーです。
あくまでも長くなり過ぎないように、深く掘り下げ過ぎないようにしましょう。

「おめでとう」「お幸せに」などの言葉を入れることや、出席できないことが残念、という言葉を伝えられると良い印象に映るでしょうね^^

そして欠席を伝えるタイミングですが、なるべく早めに。

でも、招待状が届いてすぐに返信するとそれはまた即決したようでこちらも失礼なので、少しだけ間を置いたらなるべく相手の準備に差支えないよう、早めに返信しましょう。

結婚式を欠席する時にはどんな理由を伝える?

結婚式と言えば、晴れの席、門出のお祝いです。

そんな時に呼んで頂いた喜びはもちろんあります。祝福する気持ちだってあります。

それでも欠席したい。出来たらお断りさせて頂きたい。

そんなことだってあると思います。

中には、「そこまで親しくないし・・・」とか、「式場も遠いし、出席者に知り合いもいないし」とか、色々あるでしょう。

「この人の結婚式に出席してることが他のあの人に知られると・・・」みたいな大人の事情もあれば、

「おいおい祝儀集めか人数合わせか」みたいなことを感じる招待だってあるかもしれません。

いずれにせよ、実は調整すれば出席できるけど出来たら欠席したい、という場合。

だからと言って、すべて本音の理由を語る必要はありません。

こういう場合、この期に及んで放つあなたの本音の中にはおそらく晴れの日にふさわしくないそれが籠っていることもあるからですw

ここはあくまでも無難に、「やんごとなき理由」なんだなと相手に納得させる断り方がベストです。

波風立てず、どこまでも一般的に、無難に。

私の場合はいつも「仕事」です。そこは時と場合により、柔軟にどうにもならない「仕事」を入れます^^

と言っても、欠席を伝える場合こそ、大切にしなくてはならないことがあります。

それは、 お祝いする気持ち

もちろん、何かの縁あって貴方も結婚式に呼ばれています。

ということは何かしらの関わりがそれまでにあり、どうかするとこれからもあるのでしょう。

どうあれそんな人が自分のお祝いの席に貴方を招待してくれているのです。

いかなる事情でその席に出られない旨を伝えるのであったとしても、お祝いする気持ちや今後幸せを願う心は絶対に必要です。

込めた気持ちは、やり取りの中で伝わるものです。

相手は新しい門出を迎えようとしています。

結婚式に欠席するのであっても、心から祝福の気持ちを伝えてあげましょう。

 

結婚式を欠席するとき、祝儀はどうする?

結婚式を欠席する理由は色々ですが、その場合、祝儀はどうすれば良いのでしょう。

結婚式そのものを欠席する理由が、例えば経済的なことも含めて祝儀が原因ということもあるでしょう。

そんな場合は、もちろん祝儀やお祝い金などを用意する必要もありません。

でも、特にそこが理由ではない場合、祝儀を贈ることは喜ばれるものです。

結婚式を欠席する場合の祝儀の相場は?

そもそも結婚式というのは祝儀の中に当日の食事代や引き出物が含まれるという考え方が出来ます。

ということで、本来祝儀を贈るとした場合の金額を考えた所からその分を差し引いた額で失礼には当たらないでしょう。

出席した場合の祝儀を三万円とするなら、一万円くらいなら妥当です。

ただ、ギリギリになってしまってからの欠席連絡では、当日の料理などのキャンセルが出来ないこともあります。

そういう場合はそもそもの三万円を贈ると良いとされています。

ただ先ほどもお話しましたが、やはり晴れの席として大切なものはお祝いする気持ちです。

もしかするとあらためて祝儀やお祝い金を贈ると恐縮されることもあります。

私の場合、相手によっては祝儀も贈らないことがあります。当日の祝電だけ。

反対に、祝儀を贈る場合でも祝電だけは欠かさず送っています。

他の何よりも喜ばれている印象ですよ。何でも良いですが、お祝いを形にして贈るというのは何かすると気持ちが伝わりやすいのかもしれませんね^^

結婚式を欠席する場合のまとめ

何だかんだ言ってもやはり結婚式を欠席することは、大きなことです。

そして招待する側にしてみれば、残念なことなんですよね。

こういうことはマナーや一般常識と関わりが深く、堅苦しく考えてしまいがちです。

欠席しなくてはならないという判断は、あることです。しょうがないんです。

それでもだからこそ、お祝いの気持ちだけはしっかりと伝え、この後の関係を大切にして行けたら良いですね^^

頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ