虫歯予防は赤ちゃんにはどうする?感染を防いだりフッ素が効果的?

スポンサードリンク

 

虫歯になりやすい人とあまりならない人っていますよね。

あれはもちろん体質的なものもあります。生まれつき、免疫力が強かったり歯そのものが強かったり。

そして虫歯の原因となる菌をあまり持っていない、ということもあります。

ある程度先天的なものは仕方がないとしても、虫歯になりやすい人になると色々と大変です。

まだまだ赤ちゃんのうちなら予防することで後々虫歯になりにくくなれるかもしれないし、何かと子供を歯医者に連れて行くのも大変ですよね。

赤ちゃんのうちから出来る、虫歯の予防についてまとめてみました^^

スポンサードリンク
  

虫歯予防で赤ちゃんに効果的な方法は?

赤ちゃんの虫歯予防と言っても、当然ですが生えてきてからです^^

そもそも虫歯の原因は、ミュータンスと呼ばれる菌の存在と、その菌の活動を促す「糖分」になります。

ただ、生まれたばかりの赤ちゃん、しかも歯が生えていない頃にはそんなものはありませんね。

ではそのミュータンス菌はどこから来るのでしょうか。

実はそのほとんどが、大人から唾液を通じて感染していると言われています。

そしてそのミュータンス菌と糖分が手を組むと、歯を溶かし始めます。

いわゆるこれが虫歯。その度合いによって、スピードによって、症状が違ってくるのはご存知のとおりですね。

でもそれならミュータンス菌を赤ちゃんの口に入れなければ大丈夫と思いませんか?

実際にはその通りなんです。もしミュータンス菌がなければ基本的には虫歯の発生はありません。

ただ実際は現実的ではないんだとか。3才にもなればほとんどの子にミュータンスがいるそうです。

それならもう対策するしかありませんね。

基本的な対策は2つ。昔から言われていることです。

・歯をよく磨くこと。
・糖分を控えること。

もっともダイレクトでストレートな、虫歯予防法です。

 

虫歯対策で大切なのは感染予防!

赤ちゃんが虫歯になる原因は、大人からの感染だとお話しましたね。

いつかミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌を保有するようになるのは誰でも仕方がないことです。

つまり大人になればほとんどの人が保有しているように、菌そのものの感染を防ぐことは難しいのです。

大人から赤ちゃんに、どうやってミュータンス菌が感染するのでしょうか。

 

①コップやスプーン、フォークなどの食器を大人と共有すること。
自分が飲んだコップで赤ちゃんに飲み物を与えたり、自分の食器で赤ちゃんに食べ物を与えたりはしますよね。
もちろん愛情表現の一つとしてする場合があることもよくわかりますが、最も感染しやすいルートの一つです。

②キスする
赤ちゃんに対してキスしてしまうこともありますよね。当然ですが、これも感染します。

 

そしていずれにせよ、大人の側の口からミュータンス菌を減らしておくことも大切です。

赤ちゃんにミュータンス菌を伝染させたくなければ、大人の方自身の虫歯はしっかりケアしておくことが良いでしょう。

虫歯対策に効果的な感染の予防のしかた

ミュータンス菌というのは、歯という成分に対して効果を発揮するものです。

当たり前ですが、歯がなければ機能できません。

だいたい歯が生えてくるのが普通2才前後。

実はこの時期が感染しやすくなるのは当然ですが、反対にこの時期を超えるとその後に虫歯になりにくいと言われています。

ということはつまり、大人の方が我が子を虫歯だらけにさせないようにするためには、歯の生え始めの頃である2歳前後の時には特に注意して、なるべくミュータンス菌の感染を遅らせることが出来れば、その後の子供の体質的に虫歯になりにくい子供にしてあげることが出来るのです。

親御さんとしては、この時期をうまく乗り切って感染に注意してあげられれば、その後の子供の体質には大きな影響が与えられるかもしれませんね^^

 

赤ちゃんの虫歯の予防にフッ素が効果的?

赤ちゃんの虫歯予防についてお話してきましたが、大切なのはやはり大人の接し方なんですよね。

ただうちもそうでしたが、私と嫁がさんざん菌の感染をさせないよう気を付けているにも関わらず、おじいちゃんおばあちゃんが何にも考えずにキスしたり自分の食器で食べさせてたりしておりました(怒)。

ま、可愛いのもわかるんであまり目を吊り上げるべきかは悩みましたが、ちょっと目を離したスキにうちの子の笛をおばあちゃんが吹いてあげたりしてたんです(^^;

嫁は激怒でしたが、まあしょうがない(笑)。

そこでうちでは、赤ちゃんの虫歯対策として効果が高いと言われているフッ素を使用してみるのはどうかと考えました。

ただこのフッ素、実際には使用するにあたり賛否両論あります。

単純にフッ素そのものが毒だと考える人も多いのですが、うちの場合は友人の歯科医に聞いてみた所問題ないとのことだったので使用することに。

特に赤ちゃんなど子供の場合、乳歯というのは虫歯の進行そのものも早いんです。

しかも大人の虫歯はたいてい黒くなりますが、乳歯の初期の虫歯は白くなるため気付きにくく、気付いたころには結構進行しているということもあるんだとか。

そんなことも考え、うちでは割と早い段階からフッ素を使用していました。

うちの娘は1歳半くらいの頃からフッ素を使用し、結果的にそれが原因かはわかりませんがほとんど虫歯になっていません。

上の歯と下の歯がそれぞれ生えてくる頃には始めた方が良いと言われたので、そのころから始めました。

フッ素の効果

フッ素はミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌の活動そのものを抑え、なおかつ歯のミネラルの活動を促進して丈夫な歯を作ってくれます。

過剰に摂取することで「フッ化物急性中毒」を引き起こすと言われているからかと思いますが、実際に虫歯予防のためにフッ素を使用したところでそれが体内に蓄積されてしまうというほどの量にはなりません。

うちでは全くそこは意識せず、普通にフッ素入の歯磨き粉で娘の歯を磨いていましたよ。

ちなみにうちが使ったのはこちら。

 

 

何が良かったかと言うと、うちの場合は歯磨きはさせてくれたんですがその後のうがいが無理だったんですよね(^^;

これはうがい要らず。おまけにイチゴ味が大のお気に入りでした^^

おすすめとしてはこれに限らず、ジュレ状のものが良いと思います。

長く口の中に残るので、虫歯予防効果が高い(気がする)のが良いですね^^

 

赤ちゃんの虫歯予防についてのまとめ

もともと乳歯と永久歯では歯の成分が違い、乳歯の方が虫歯になりやすいんだそうです。

ただ自分では虫歯の対策やケアが出来ないのも乳歯を持った子供ですよね。

親としてはやはり少しでも気に掛けてあげたいものです。

ひとまずフッ素はおすすめです。うちは半年に1回くらい、歯科医でフッ素の処置もしてもらっていましたが、やはり大切なのは日頃の歯磨きだとしつこく言われました。

我が子を虫歯体質にしないためにも、可能な限りの予防を心掛けたいですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ