忘年会の案内はいつする?くだけた文章のテンプレートもご紹介。

スポンサードリンク

一年の締めくくりと言えば、やはり忘年会^^

一言で忘年会と言っても会社でやるものもあれば仲良しが集まってするものもあれば、それはそれは色々ですね。

最近会社で開催する忘年会では若い人がなかなか参加してくれないんだとか。

ま、わかる気がします。私も彼らくらいの年のころ、ぶっちゃけ会社行事なんて億劫以外の何物でもなかったですからね。

ただ行かざるを得なかっただけです。反対に今は、「行きたくない」と言えてしまう。

ま、それだけのことです。

でも仲間内の忘年会ともなれば話は別。俄然楽しみなイベントになりますよね。

とは言え、大勢でまとまって何かする時は例外なく準備が大切です。

たとえ仲間内とは言え、親しい間柄とは言え、忘年会の幹事さんを任された方はそれなりに段取りしなくては行けませんよね。

仲間内で開催する忘年会のとき、注意することをまとめてみましたので参考にしてみて下さいね^^

スポンサードリンク
  

忘年会の案内はいつするの?

そもそも忘年会って、何回もやる人いますよね^^

実は私もそのクチですが、そうなると開催すること自体を早めに設定する必要があります。

私の場合、例年11月くらいになればいくつか忘年会が入ります。どうかすると第○回忘年会などと銘打って同じメンバーで何回かやったりします。

ま、それもこれも親しい間柄だからこそ。会社や仕事の繋がりとは一味違います。ま、これは当然ですね。

ともかく、忘年会が決定した時点から既に浮足立っています(笑)

それは仲間内の雰囲気にもよるので一概に言えませんが、基本的には1か月弱くらい前から話をしておけば都合を合わせることは可能かと思います。

なので「案内」という意味ではそれくらいがベストかと。

ただ私の場合は、近年「忘年会グループLINE」みたいなものを作成してしまいます

グループに誘われた人がその忘年会に参加するべき人であり、日程をいつ、とかもその内容などもそこで皆で話し合って決める、というものです。

これであればいつ案内状を送るとか返事がどうとかも気軽に出来るのでおすすめです。

実際そこでのやり取りで皆の意見を聞きながら日程もお店も決められるというのは素晴らしいんですよね^^

本当に便利な時代になったもんですな。

忘年会の案内文でくだけた文章にするには?

そうは言ってもなかなかそこまで親しい間柄、というのもそうそうあるもんでもありません。

また、何となく断りにくい雰囲気を作ってしまうのも「忘年会グループLINE」の良くないところでもあります。

そして、「堅苦しい関係でもないけど大人としてそこそこの礼儀は当然」という関係性というのがほとんどですよね。

そんな時、やはり連絡手段としてはメールになるんだと思いますが、普段社内で回すメールであるとか取引先向けのメールの流用だったりすると雰囲気的には堅苦しくなって、何となく「楽しさ」が薄れてしまいます。

そもそも仲間内に近いメンバーで集まって開催する忘年会であれば、その案内文もそこそこくだけた内容に出来た方がイベントに対する期待は高まりますよね。

大切な事は、

 

  • 開催日時や場所など、基本情報は明確に伝える。
  • 文章や言葉から、少し気持ちが盛り上がり楽しみになるように心掛ける。

 

これらを押さえて案内を送ることが出来ると、楽しみな忘年会になりますよね^^

忘年会の案内文のテンプレートは?

では、忘年会の案内として送るメールとしてはどんな内容で送ると良いのでしょう。

伝えるべき内容はしっかり伝えつつ、くだけた雰囲気で楽しさの演出も出来るようにするのがおすすめです。

昨年のエピソードや、皆が知っている「お決まり事項」など盛り込むと盛り上がります。

それらを抑えるためのテンプレートをご紹介します。

●●毎年恒例、食い倒れ忘年会のお知らせ●●

 

一年の締め括りとして毎年あらゆるネタを生み出してくれる恒例の食い倒れ忘年会、今年も開催します^^

是非皆様万障繰り合わせの上、食い倒れにいらして下さい。

日時 : 〇月〇日 ○○時乾杯

会費 : 〇〇〇〇円

場所 : 割烹○○ 

お忙しい中恐れ入りますが、〇月〇日までに出欠席のご連絡をお願いします。

それでは各自胃袋鍛えておいて下さいね!

 

◆◆忘年会のおしらせ◆◆

 

皆さま、毎日お疲れ様です。

年の瀬と言えば、忘れて欲しくないイベントがあります。

そう、○○課△△課長のオンステージ。ではなくて忘年会です。

今年も開催することとなりましたので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

日時 : 〇月〇日 ○○時乾杯

会費 : 〇〇〇〇円

場所 : 居酒屋〇〇

※断りにくい二次会あります(笑)。

基本的に参加していただけるものと思っておりますが、どうしても難しいという方は〇月〇日までにこっそりと教えて下さいね。

それにより仕事が辛くなるなどのペナルティはありません。

 

まとめ

一言で忘年会の案内と言っても、相手や参加メンバーによってさまざまです。

ただ、せっかくやるなら、楽しまなきゃいけませんよね^^

なるべく表現を柔らかく、忘年会の位置づけが皆の一年の慰労になるようなものに出来たら、幹事さんとしては最高ですよね。

ちょっとした文章の作り方から雰囲気は伝わります。

伝えるべき内容はきちんと、その他は少しの遊び心があると、誘われた方はウズウズするものです。

幹事さんが楽しめる忘年会が開催出来ると良いですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ