お歳暮をお断りする場合の文例は?個人の場合とビジネスの場合。

スポンサードリンク

お歳暮を頂くのは嬉しいものです。

これはお世話になっているお礼ということですが、どうあれ、嬉しいものですね。

ただこのお歳暮、いつまで贈り贈られるものなんでしょう。

ある程度疎遠になったりするような関係もあります。そうなった場合、どうするべきなんでしょうか。

お歳暮を贈る側が今回から贈らない、というのは少々角が立ちますがわかりやすいですね。

私はいきなりそうなったらショックなので(笑)、できれば自分からお断りしたいところです。

お歳暮を頂く関係、そういうお付き合いをお断りするには、どんな伝え方が良いのでしょうか。

スポンサードリンク
  

お歳暮をお断りする場合の文例とは?

お歳暮をお断りする場合にそれを相手に伝えるのは、どんなタイミングが良いのでしょう。

基本的にお歳暮の場合、あまり「贈られたり贈られなかったり」ということは少ないのではないでしょうか。

そう考えれば、まず「昨年贈られた方からは今年も来る」というのが自然です。

何か関係性が大きく変わらない限りは、贈られるものと思って間違いないでしょう。

ただだからと言って、贈られる前から「要りません」などと伝えるのも図々しい話ですよね。

というわけで、いずれにしても、今回は貰う事になります(笑)。

次回から辞退する旨を伝えるために、今回は受け取るというのが正しいのです。

なので今回お歳暮を受け取った後、お礼状に次回からお断りするという内容を含めた手紙を書くと言うのが自然です。

その際注意するべきなのは、どうあれ贈っていただいたことへの感謝は必ず伝えることです。

どことなく迷惑そうな表現をしないのは当然ですが、次回からはお断り、今までありがとうございましたという気持ちをうまく伝えられなければ関係そのものがギクシャクしかねません。

あともう一つ大切な事。

それは「ハッキリと断る」ということです。

言いにくくてオブラートに包んで文章にする方がいますが、明確に伝わらなければ意味がありません。

それでなくとも、日本の文化はそういうところに忖度するように出来ています。

失礼でなく、それでいてはっきりと明確に断ることが大切です。

お歳暮をお断りする場合の文例をご紹介します。

 

お歳暮をお断りしたいとき 個人の場合の文例とは。

お歳暮をお断りする手紙を送る場合、やはりどちらか言うと個人の場合の方が送りやすいかもしれませんね。

実は私は過去何回か個人のお歳暮について断ったことがありますが、そのときいちいち手紙を書いてすらいませんでした(笑)。

実際にはやはりそれは失礼に当たるようです。ただ私の場合はごく近い関係の部下で、何となく「社会勉強」という意味合いもあったので贈られるようになってから3年くらいはもらっていましたが、経済的負担を考えて断ることにしました。

毎日顔を合わせる間柄だったので、贈ってもらっていた時も直接お礼を伝えていましたが、ある年貰ったのを最後に、

「もう十分気持ちは伝わりました。ありがとう。来年からはもう贈らなくていいよ。家族で何か美味しいものでも食べる方に回してくれ。」

と言いました。失礼とか言い方がどうとかはわかりませんが、随分感謝されたものです。

これは関係が近いということで出来たこと。ただ相手も結婚していたり家族がある場合などは、送り主だけでないところへの配慮も必要かと思います。

なのでそういう場合はやはり手紙を送るのが良いでしょう。

拝啓 寒さも厳しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

先日は心のこもったお歳暮の品をお送りいただき、本当にありがとうございました。

いつも気にかけていただき、心より感謝申し上げます。

お気持ちは大変嬉しく、このようなご厚意に対して心苦しいところではございますが、今後はこのようなお気遣いをされませんようお願い申し上げます。

不躾なお願いで誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

寒さ厳しい折、どうかご自愛ください。

敬具

お歳暮などのお礼状を普段から送っている場合など特にそうですが、相手がしっかり手紙の内容について読んでいないということが結構あります。

私もお歳暮を頂くと、家内が毎回お礼状を送っていました。

でもお断りしたくて礼状にその旨を書き記しても、実際にはあまりよく本文を読んでもらえていないということがあったのです。

それから私の場合は、普段のお礼状は家内から送り、お歳暮をお断りするようないわゆる特別な場合は私が直接書いて送るようにしました。

すると相手にも例年とは違う特別感が伝わりやすく、しっかりと読んでもらえるため思いを届けることが出来たような気がします。

あくまでも伝えなくてはいけないのは、「次回からはお断り」ということなので、それを角の立たない文章で、それでいてしっかり伝わる表現を心掛けましょうね^^

 

お歳暮をお断りしたいとき ビジネスの場合の文例とは。

お歳暮をお断りしたいと言っても、ビジネスの場合となるとまた雰囲気が違ってきます。

ただビジネスの場合は、「会社の方針」ということを伝えてしまえば相手も理解しやすいので、そういう意味では特に難しい理由も必要なくスムーズかも知れません。

この場合の文例はこちらです。

拝啓、歳末の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。

この度は、ご丁寧にお歳暮品をお送りいただき、心より御礼申し上げます。

しかしながら、弊社ではお取引先様からのご贈答はご辞退させて頂いております。

甚だ勝手申し上げ大変心苦しく思いますが、今後はこのようなお心遣いをされませんよう、宜しくお願い致します。

貴社の一層のご繁栄と社員御一同様のご健康をお祈りし、お礼とお願いをお伝えさせて頂きます。

                                   敬具

拝啓 初冬の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。

大変温かいお心遣いを頂きまして、大変恐縮しております。

しかしながら弊社では、御取引先様からの御贈答品は辞退させていただくという規定がございます。

今回に関しましてはありがたく頂戴させて頂きますが、今後はお気遣いなさいませんよう、お願い申し上げます。

甚だ勝手申し上げ大変恐縮ではございますが、今後も変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社の皆様のご健康と益々のご発展をお祈り申し上げます。

                                   敬具

まとめ

実は今回、贈られてきたものをどうするか ということには言及していません。

例えば物を返送するとか受け取らないとか、色々と方法があることも事実なようです。

ただ、受け取り拒否したり返送したり、どうかすると倍返し、なんてことをして贈られないようにすることもあるようですが、個人的にはおすすめしません。

あくまでも、気持ちは受け取るべき。

だとすると、相手の厚意に対しての返事として、品物を送り返すということは違う気がします。

もちろん会社の方針であり、従わざるをえない場合などは言うに及びませんが、あくまでもお歳暮を贈る側は気持ちでやっていることです。

少なくとも贈ったことを後悔してしまうような対応はするべきではありません。

個人の場合もビジネスの場合も、手紙だけでなくきちんと感謝の気持ちは態度で表すことをおすすめします^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ