静電気の起こりやすい体質とその原因とは?改善しないと病気になる?

スポンサードリンク

静電気の起こりやすい人というのがいます。

うちの嫁は本当に静電気体質と言えると思います。

ぶっちゃけあれだけいちいちバチバチする人を他に見たことがありません。

どうやらこれは体質的なものもあるんだとか。聞けばうちの嫁も昔はそうでもなかったそうです。

だとすると、持って生まれた体質的な部分と、もしかしたら後天的な要素もあるのかもしれません。

静電気でお悩みの方に、その原因を調べてみました^^

スポンサードリンク
  

静電気が起こりがちな体質やその原因とは?

静電気は、結構厄介です。

何かとバチバチやっている方って、本当に大変ですよね。

うちも嫁がなかなかの静電気体質で、冬場は見ててなかなか気の毒だし、迷惑も被ります(^^;

そしてそんな嫁がよく言われていることとして、

静電気体質なんだね^^

実はこの静電気体質という言葉ですが、とりあえず科学的な根拠のあるものでもないようですね。

とはいえ、実際にうちの嫁は言葉があろうとなかろうとバチバチやっております。

なので実際にその体質というのがあてはまるかどうかはさておき、「起こりやすい人」がいるのは確かですね。

色々と調べてみると、そもそも静電気を上手に逃がせる人と、身体の中に貯めてしまう人がいるということがわかりました。

その静電気を上手に逃がせない人のことを帯電体質というそうで、うちの嫁もここに当てはまるということなんです。

ではその原因というのはどんなものなんでしょうか。

水分不足

これは平たく言えば、乾燥肌ということになります。

体質かどうかはさておき、体の表面部分(肌)に水分が潤っていればその水分から電気が放電されます。

身体が酸性になっている

つまりは食生活が大きいとのこと。

お肉やジャンクフードなどの過剰摂取で血液が濃厚になって体質が酸性に偏ると静電気体質になりやすいと言われています。

 

静電気体質を改善するには?

静電気体質というのはそもそも電気を上手に放電出来ていないということです。

つまり改善するには上手く放電できるようになれば良いということですが、これはいわゆるマイナスイオンを体内に摂り入れることで体質の改善に繋がります。

静電気を放電する体質にしやすくなるには身体を弱アルカリ性の方向にしていくことです。

これにはカルシウムやマグネシウム、ナトリウムなどのミネラルを摂取すること。

これをきっちり摂り入れることで体質改善出来れば静電気ともおさらば出来ます。

うちの嫁は結局どうしたかと言うとサプリに頼ってましたが(笑)。

それでもきちんと摂取することで改善されましたので、ここは重要かと。

あともう一つはやはり水分です。

うちの嫁の場合、乾燥肌に悩まされていたのも事実でしたが、意図的に水分を摂るようにしていました。

実際、体内の水分量が不足することで血液がドロドロしてくると静電気体質になりやすいと言われています。

ミネラルを身体の保湿をしっかりすることが、静電気体質の改善に繋がるようです。

静電気の起こりやすい体質は病気なの?

お話したように、静電気体質というのは改善出来ます。

そして原因もお伝えした、ミネラルと水分の不足です。

静電気の起こりやすい体質だから病気ということではありませんが、例えば血液がドロドロしていれば病気のリスクが高まるのは事実ですよね。

生活習慣病として最近増えている脳梗塞や心筋梗塞などは特にドロドロ血管から始まって血管が詰まりやすくなることで発症しやすい病気です。

そう考えれば、静電気の起こりやすい体質だから病気、というわけではなく、静電気の起こりやすい体質のままにしておくと大きな病気に繋がりかねない、と考えるのが良いかもしれませんね。

静電気が起こると言うのを一つのサインと捉え、健康に留意することで生活習慣病から遠ざかることだって可能です。

静電気が起きる原因と大きな病気の原因が近いと思えば、そこから改善できるはず。

健康に留意するとき、一つのバロメーターにしてみてはいかがでしょうか^^

まとめ

静電気の起こりやすい体質についてお話しましたが、着る服でも静電気が起こりやすいということがあります。

これも何となくわかるかと思いますが、化学繊維や合成繊維のものよりも天然素材のものの方が良いです。

化学繊維の衣類を避けることで最も簡単な静電気対策になることも覚えておいて下さいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ