お歳暮の送る時期はいつまで?マナーやもらって嬉しいものとは?

スポンサードリンク

お歳暮シーズンとなると毎度頭を悩ませる人も多いかと思います。

何を贈ろうとか誰に贈ろうとか、いつまでに贈るのかとか、どんなものが良いのかとか。

基本的には日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、結局のところ気持ちが伝わればそれで良いでしょう。

わかっていても、色々体裁を気にしてしまうもの。

自分らしい気持ちの伝え方で良いとは思いますが、あくまでも一般的なルールは知っていたいですよね。

お歳暮についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね^^

スポンサードリンク
  

お歳暮を贈る時期はいつまで?

お歳暮を贈る時期というのは、地方によって少し異なります。

関東の方が少し早めで、12月初旬から。関西となると12月13日くらいからです。

この12月13日というのはいわゆるお正月の準備を始めると言われている「事始めの日」に当たります。

そしてどちらもいつまでに、と言えば12月31日まで。つまり年内には届くように贈りたいところですね。

ただ年末押し迫って来ると何かと忙しくなりますので、相手のことを配慮すれば12月も20日くらいまでには贈るようにするのがベストです。

加えてこの時期宅急便にも遅延が出がちなので、あまりギリギリにすると年内に届かないなどということにもなりかねず、贈るものによっては全く意味を成さないということになってしまいます。

なので出来れば12月の中旬くらいまでには届くように贈るよう心がけるのが相手にとっても良いでしょうね。

遅れてしまった場合

どうしても年内に届けるのが難しいというところまで来てしまったときは、のし紙の表書きを「お年賀」にするしかありません。

これは出来れば松の内と呼ばれる1月7日までにはお届けしたいですね。

もっともっと遅れてしまった場合

こうなるともう意味が違ってきてしまいますが、それでも気持ちがあるなら贈っておいた方が良いでしょう。

その場合はのし紙の表書きに「寒中お見舞い」とします。

ま、そもそも遅れないのが良いのでしょうが、あえて遅らせるということも実際にはあります。

それは、「来年以降どうなるかわからない」という場合。

どうしてもお中元やお歳暮としてしまうと、年間の恒例行事になりがちです。

今年贈ると来年も・・・みたいな形になりかねませんので、どうかしたら今年だけかも、などという関係などの場合はあえてお歳暮時期を避けて年明け後に贈るのもよいかもしれません。

お歳暮を贈る時期とマナ―とは?

お歳暮を贈るにあたって、時期についてはご紹介しましたね。

そしてこのお歳暮を贈る時期、というのがやはり最大のマナーです。

先程もお話したように、遅れてしまったり、極端に早く贈ってしまうのはやはりNG。

きちんとピンポイントで贈るべき時期に贈る、ということに手を煩わせるという気持ちが相手に伝わるものです。

ついうっかり忘れて・・・などというのは気持ちが足らないと言われても致し方ありませんよね。

あくまでも相手のことを思い贈るものがお歳暮です。

きちんとしかるべき時期に贈るというマナーは忘れないようにしましょう。

その他にも抑えるべきマナーのポイントをご紹介します。

贈っても良い相手か

特に仕事の関係上だったりすると、例えば相手が公務員や政治家になってしまうと贈り物そのものが問題になる場合があります。

企業でも一切受け取ってもらえない相手である場合などもありますので、そこは事前に調べておく必要があります。

継続する関係であるか

こちらも先程お話しましたが、基本的にはお歳暮を贈る場合、毎年贈ることとなります。

今年一回お世話になってその気持ちを届けたい、などといった場合にはのし紙の表書きに「お歳暮」とするのはNGです。

来年以降も継続的なお付き合いを予想出来る場合のみ、お歳暮を贈ることになります。

よって一回だけの場合、お歳暮と書いて送るのはかえって失礼にあたるので、注意が必要です。

相手の好きなものか

例えばうちの父はお酒が全く飲めませんが、毎年必ずお歳暮となるとビールを贈って来る人がいました。

もちろん頂くものに難癖付けるつもりもありませんが、もう少し配慮があれば贈り物は喜ばれますよね。

出来れば相手の好みに合わせて贈れると、そのリサーチしてくれたというプロセスも含めて喜んでもらえます。

お歳暮でもらって嬉しいものとは?

お歳暮でもらって嬉しいものはなに?という調査をしたものはデータとなって出ていますが、その結果というのは

1位が商品券、ギフト券
2位がカタログギフト

です。

わかります。失礼ですが、「あなたの選んだもの」よりも「私が選びたい」ということなんでしょうか。

ただ何となくそれも寂しい気がします。

うちの父に贈ってくれたお歳暮のように、飲めない人にビール贈っちゃったりする人もいるくらいなのは事実でしょう。

やっつけ仕事とまで言わないまでも、たくさんの人に贈らなくてはいけない企業などのお歳暮などは、なかなか個人個人の好みなどに合わせて贈るものを選ぶ余裕などないのも事実ですもんね。

ただ贈り物というのは、贈った側の気持ちが伝わらなければ意味がないと私は思うんです。

となればやはり、そこは贈るものにこだわってみたいですよね。

先程の「お歳暮でもらって嬉しいもの」の順位の続きは、

3位 ハムなど
4位 お菓子
5位 酒類
6位 果物
   ・
   ・
   ・

などと続きます。確かに王道ですね(笑)。

もちろんいろんな意味で「予算」は大切です。

あまり高価なものを贈り過ぎてもダメ、あまりお金をかけないのもダメですね。

仕事の取引先に贈るものと、親戚に贈るもの、日頃我が子のように可愛がってくれる方へ贈るものが違って当然ですので、なかなか一辺倒にも行きません。

それでも私が過去、贈り贈られたものの中で満足度が高かったのは次のようなものです。

やはり好みのもの

お酒が好きな人はお酒をもらうと嬉しいです。

もっと言えばビール好きなら日本酒よりもビールを、キリンよりアサヒが好きならスーパードライを喜ぶのです。

せっかくなら可能な限りリサーチすると、「気に掛けてくれたこと」に対する嬉しさは残るものです。

旬のものや話題のもの

「自分では買わないけど貰ったら嬉しい」というのもプレゼントの王道です。

ニュースを賑わせているあのお店のお持たせ、とか、この時期にしか手に入らない数量限定のアレ、など。自分はあまりそういうことに興味がないので自分でチョイスすることはなくても「これを頂いたよ」って誰かに言おうものなら誰でも知っていて手に入れたことを羨んでもらえる、というものがベストです(笑)。

中でもおすすめはやはり食べ物。美味しいという記憶が繋ぐものって結構バカになりません。

ずっと記憶に残ってくれるし、入手困難なものだったりするとなおさら嬉しいものです。

まとめ

やはりこう考えると、お歳暮のマナーも時期も本当に大切ですよね。

そうは言っても、最も大切なのは贈るまでの気持ち、ということもわかると思います。

心をこめて、相手を思いやって贈る贈り物であればマナーを超えて喜ばれるものです。

まずは気持ちを込める、ということを忘れずにお届けするお歳暮にしたいですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ