お歳暮のお礼を電話でするのは失礼?メールやハガキの場合の注意点は?

スポンサードリンク

お歳暮を頂くことというのはなかなか嬉しいものですね。

日頃のお礼という意味合いで贈られるお歳暮は、そもそもお礼を必要としないものだと言う人もいます。

が、基本的に、何か貰ったらお礼くらいするのはマナーかと。

とは言え、最近ではコンタクトの取り方一つでも方法論がたくさんあります。

お歳暮を貰ったお礼をするとき、相手にどんな手段で伝えるべきなんでしょうか。

スポンサードリンク
  

お歳暮のお礼を電話でするのは失礼?

近年ではコミュニケーションの取り方が難しいですよね。

これは直接話すべきかメールにするべきか、はたまた電話か。どうかするとSNSなんてのも。

最近うちの会社で新入社員が病欠する時の連絡をLINEでして来てブチ切れたのは私です(笑)。

相手との関係性がどうとか、内容がこれだからとか、その都度、場合によって色々ですが、結果的に伝わることが目的だと言ったところで、その伝え方を間違うと相手に良い印象を与えない場合も多いです。

これがお歳暮をもらった場合に当てはめたとき、どのようにお礼をするべきなんでしょうか。

基本的にはどんな関係性であれ、丁寧すぎるお礼に越したことはないというのがベースです。

そして気持ちを伝えるのに大切なのが、スピードです。

頂いたらなるべく早くお礼を伝える、というのが相手に対する誠意です。

お歳暮に限らず頂き物に対するお礼としては、

まずはお電話にて取り急ぎお礼して、その後お礼状。

というのがマナーとしては基本線です。

つまりお歳暮のお礼を電話で伝えるということは特に失礼でもありません。

むしろ電話だけで終わってしまったらどちらかと言うと失礼です。

あくまでも後でお礼状を送る、ということであれば取り急ぎ電話でお礼を伝えることはむしろ誠意が伝わるでしょうね。

お歳暮を贈ることくらいでしか日頃なかなか関わることのない関係もありますよね。

なかなかお礼状だけでは近況の報告なども出来ないと思いますので、少しだけでも直接話が出来ると、より良い関係が築けるかもしれません。

そしてその場合、なるべく本人が直接話すこと

お歳暮のお礼状などの場合は、うちでもそうですが家内に書いてもらうことも多いです。

ただ直接話すような場合は、出来れば肉声(笑)をお届けしてあげられる方が良いでしょうね^^

お歳暮のお礼をメールでする場合の注意点とは?

意外に最近増えて来て、違和感も少なくなっている方法としてメールというのがあります。

お歳暮のお礼に限らず、近年ではコミュニケーションのツールとして電話と同じくらい、もしくはそれよりも重宝されている場合もありますよね。

何と言ってもメリットは時間の制約がないこと。

相手の都合に関わらず送ることが出来て、なおかつ相手も時間のある時に開くことが出来ます。

例えば電話だと相手の時間を奪ってしまうことになりかねませんよね。

直接声が聞けるのは価値がありますが、忙しい方同志だとなかなかそういう時間を相手に取らせることに二の足を踏んでしまうものです。

お歳暮をメールで出来る間柄かどうかと言うのは、

①日頃のやり取りをメールでしている
②相手がメールやPC、スマホなどを使いこなし、相手にとってメールが身近なツールである

などであれば、どうかすると電話や手紙よりも相手にとっては助かるのかもしれません。

こういう気持ちを伝えるような場合、大切なことはまず「相手を思いやること」です。

いくら「こちらの気持ちを伝える」ことが目的であったとしても、その方法論くらいは相手の生活に沿ったものにしてあげられれば相手は気持ちよく受け取ることが出来ます。

コミュニケーションのツールが増えてきたいま、どんな手段で相手に何かを伝えるのかというのは、すごく大切な事ですよね^^

メールを電話の代わりにして、あとでお礼状を送る、というのも良いですし、すべてをメールで済ませる、というのも最近では増えて来ています。

相手との関係性などをよく検討して、対応を心掛けたいですね。

お歳暮のお礼メールの注意点

まずはこちらも大切なこととして、やはりスピードが挙げられます。

頂いたらなるべく早くお礼を伝えること。

この場合、メールの役割としては「素早く相手に反応出来る」というメリットを生かしてのもの。

なるべく早いお礼メールを送るよう心がけましょう。

お礼のメールの文例テンプレート(ビジネスの場合)

件名:【御礼】お歳暮の品につきまして

株式会社○○
○○ 様

師走の候、貴社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は、ご丁寧なお歳暮の品をお送り頂きまして、本当にありがとうございました。

社員一同大変喜び、温かいお心遣いに心より感謝致しております。

また来年も、相変わらぬお付き合いのほど、どうぞ宜しくお願い致します。

寒さ厳しい折、皆様くれぐれもご自愛ください。

皆様が良い年をお迎え頂けますよう心よりお祈り申し上げます。

どうもありがとうございました。

===================

株式会社◆◆◆
〇〇 ○○

住所:△△△△△△△△△△△△△△△
TEL :◇◇◇-◇◇◇-◇◇◇◇
MAIL :●●●●@●●●.co.jp

===================

この後あらためてお礼状を送る場合などは、メールの文末に「まずは取り急ぎメールにて御礼申し上げます」などと付けておくと良いですね。

お礼のメールの文例テンプレート(ビジネスでない場合)

件名:お歳暮の品を頂きありがとうございました。

○○○○様

師走の候、皆様にはますますご健勝のことと存じます。

この度は、大変心のこもったお品を頂戴し、本当にありがとうございました。

家族そろって好物の品を頂きましたこと、皆喜んでおります。

いつもながらの細やかなお心遣い、心より感謝申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが、どうぞお体ご自愛下さい。

恐縮ですが、まずはメールにて取り急ぎ御礼申し上げます。

●●●●

こちらは、後で改めてお礼状をお届けすることを前提にした場合です。

 

お歳暮のお礼はやっぱりはがきが一番?

色々とお伝えしましたが、やはりお礼の気持ちを伝えるには、手書きのお礼状というのが一番です。

電話やメールでひとまず取り急ぎお礼はお伝えしたものの、やはりきちんと気持ちを伝えるにはお礼状が最も効果的で、相手も喜んでくれることでしょう。

取り急ぎのお礼が済んでいればそこまで急ぐこともありませんが、やはり早めのお礼状をおすすめします。

よっぽど親しい友人や日頃しょっちゅう顔を合わせて直接お礼を伝える機会がある場合などを除き、どんな形のお礼状を送るのかはやはり大切。

基本的に抑えるべき内容と順番は

①時候のあいさつ
②お礼
③贈り物の内容に触れることば
④相手を気遣う言葉
⑤結び

これは先ほどのメールなどでも大筋は変わりません。

ということでやはりあくまでも「どのようにお礼をするのか」が大切だということです。

メールで気持ちの伝わる相手もいれば、はがきを喜んでくれる方もいます。

いやいや堅苦しいよ、電話で十分。という方だっています。

それら相手の気持ちを考えるのが大切であくまでも相手がどう受け止めるのかを想像することが大切です。

例えば上記をふまえた、こんな文例はいかがでしょうか。

 

○○ ○○様

寒さも一段と厳しくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

このたびは心のこもったお歳暮を頂戴し、大変感謝しております。

なかなか手に入らない老舗の銘品をいただき、その美味しさに家族一同大変喜んでおります。

まだまだ寒い日が続きますが、どうぞご家族皆様がご健康でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

取り急ぎ御礼申し上げます。

◇月◇日

●● ●●

まとめ

たとえ1年に一度のやり取りであったとしても、日頃の感謝の気持ちを伝えたり伝えられたりする関係というのは素敵ですよね。

せっかくのやり取りをより素敵なものにするためには、やはり相手の気持ちを汲み取ることです。

相手の生活環境や性格などもふまえ、どんなお礼の仕方が気持ちが伝わりやすいのかをちゃんと考えて、せっかく頂いたお歳暮に対するお礼が出来ると良いですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ