窓の掃除を簡単な方法とは?こんな裏技で貴方の運気も上がる!?

スポンサードリンク

さて今年も年の瀬に近付いて来ましたね。ほんと、びっくりするくらい一年って早いですな(^^;

私は結構な掃除好きです。とは言っても、日頃から掃除をマメにするタイプではありません。

ならどこが掃除好きなんだ!って怒られそうですが、言い換えれば大掃除が好きなんです。

何となく年末のわくわく感がありませんか?もうすぐ正月と思って掃除することで気分が盛り上がるのは私だけでしょうか^^

とにかくこれから年末に向かって行くうちに、家のさまざまなところをガッツリ掃除する、そんな季節です。

まずは基本中の基本、窓ふきから、簡単で綺麗に出来る方法をご紹介します^^

よろしければ参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク
  

窓の掃除を簡単にするには?

家のいろんなところを掃除すると、やはり気持ちの良いもんですよね。

ただその中でも窓が綺麗だと部屋が明るくなります。

出来れば日頃から掃除しておきたいところですが、実はなかなかそうも行きませんね。

と言うわけでいざ掃除となるとあまりの汚れ方にビックリすることがあります。

私の中でその代表格とも言えるのが窓。実は驚くくらい汚れています(^^;

そして窓の掃除って、言う程難しくありません。結構簡単で成果が表れるので、やりがいのあるものですよ。

ただそれには少々コツがあります。

天気を選ぶ

まさか雨の日にわざわざ窓掃除する方も少ないと思いますが、実は意外に掃除に向くのが晴れよりも曇りの日

窓の汚れを落とすのに、カラカラに乾いた日よりは少し湿気のある日の方が汚れが落ちやすいということは実際にあると思います。

選べるのなら、特に冬の時期は少しでも湿気のある日に掃除した方が良いのかもしれませんよ。

道具を揃える

それが何であれ、やはり準備万端にすればモチベーションは上がります。

道具が揃っているかで掃除の効果は目に見えて違い、それがやる気と直結します^^

きちんと窓掃除に合った道具は揃えることをおすすめします。

掃除するのは外から

当然ですが、窓なので外側と内側がありますね。

この場合、掃除する順序としては外側からです。率直に言って外側の方が汚れていて、そこを綺麗に出来れば外側の光量が増えて内側の汚れは見やすいからです。

 

窓の掃除の方法に裏技があるってほんと?

窓の掃除の基本は次の通りです。

①バケツに食器用の洗剤と水を入れて混ぜ、雑巾を入れる。
②①を完全に絞らずに、濡れた状態で窓を拭く。
③②が乾く前に水で濡らして固めに絞った雑巾で洗剤を拭き取る。
④乾いたぞうきんで拭き取る。

都合、雑巾3枚。それぞれの役割でだけ使うというのが基本で、実際これは一番汚れが落ちます。

ただ窓の掃除に限らず、今ではいろんなやり方をテレビでもネットでも紹介してくれますよね。

どちらか言うと裏技らしきものの方が世に溢れています。いろんな方法論がある中で、むしろNGをご紹介した方が裏技になりますので、そちらをまとめてみました。

新聞紙を使用する

新聞紙で拭くというやり方がありますね。

これ、実際結構広まっていますが、経験した人ならわかりますがやめた方が無難です(^^;

何がと言ってまず手が汚れる。今の時代、わざわざ新聞紙で掃除しなくともそれより汚れを落とせるものはたくさんあります。そればかりか、黒ずみが残る気がするのは私だけではないはず。

 

浸け置き

一般的な洗濯や油汚れを落とすような時に、しばらく洗剤を漬込んで置いておく、というような方法を取る場合がありますよね。

あれのように洗剤をガラスにつけたまま置いておくことで汚れが落ちるかと言うとそうでもありません。

逆にかえって洗剤が残ってしまい、跡になることもありますので注意が必要です。

上下のサッシを掃除しない

窓ガラスは掃除するけどサッシは掃除しない、という方が実際にいらっしゃいます。

これほんと意味ありません。そして窓の下のレールは掃除するけど上はしない、という方もみえます。

当然ですが、これも意味がありません。

汚れが垂れて来てみっともないことになりかねませんので、窓の掃除とサッシの掃除は必ずペアでやることが大切です。

窓の掃除で運気が上がる!

ここからは風水的な話です。あくまで「的な」話になりますが(^^;

基本的に幸運は窓から入って来ます。その窓が汚れていると幸運も入って来づらいということがあるんだとか。

それに加えて、基本的には「光るものがくすんでいる」ことも風水的に良くありません。

磨くことで光らせられるものは何でも、ピカピカにしておくことで運気が上がります。

窓の掃除をマメにしておくことで、外から入ってくる悪い気を遮ることにもなります。

部屋の中の気を良くしておくためにも、窓の掃除はしておいた方が良いようですね。

まとめ

今どきは、窓の掃除グッズがたくさん市販されています。

色々と試しましたが、私は今回説明したような方法でバッチリ綺麗になると思っています。ってか、なります^^

きっちり拭いて、最後にコイツで仕上げです

 

 

洗剤など跡が残らないようにするのに最適。乾拭き後の仕上げにどうぞ^^

窓をピカピカに掃除して、運気を上げて下さいね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ