喪中に年賀状が来たらどうする?返事の書き方やテンプレートは?

スポンサードリンク

 

親しい人が亡くなった時は

喪中ハガキを出しますよね?

 

ただこれ、いつもうまく

喪中であることが伝えられるとも限りません。

と言うのは、いろんなケースがあるからです。

 

例えば年末に亡くなって、そこから

喪中はがきを準備出来なかったという場合。

また、そもそも出す予定のなかった相手から

年賀状が届くような場合で、事前に

喪中であることが知らせてあげられてない場合。

 

いずれにせよ、喪中であるにも関わらず

年賀状が届いてしまったとします。

 

さて、そんなときは

どう対処すれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク
  

喪中のとき年賀状が来たらどうする?

喪中のときに年賀状が届く。

もちろんこちらは出していないんでしょうけど、

相手が出してしまう場合というのはあるものです。

 

喪中のときに年賀状が来る場合というのは、

パターン①年末に不幸があって、そもそも喪中はがきを出せるタイミングではなかった。

例えば12月になって不幸があった場合、

すでに相手側も年賀状を準備している段階だろうし、

そのタイミングで喪中はがきが来たら相手も困るだろうと

いうことで喪中はがきも送らない場合。

もしくは、こちらは喪中はがきを出したけど

相手側はすでに年賀状を準備してしまった後になって

喪中はがきが届き、対処が間に合わなかった場合。

 

パターン②日頃のやり取りからして、年賀状が来るとも思っておらず、よって喪中はがきも出していない相手から来た。

喪中はがきを用意して、

日頃年賀状をやり取りしている相手には送ったものの、

予定していなかった人から年賀状が届き、

思えばその人には喪中はがきを送っていなかった、

という場合。

 

パターン③喪中はがきを送っていたにも関わらず相手の勘違いなどで届いてしまった。

喪中はがきを用意して送ってにも関わらず、

相手側がその喪中はがきを見落としていたり

勘違いをしていて、年賀状を送ってしまった場合。

 

こんなところでしょうか。

いずれにせよ、年賀状が来たら嬉しいものですよね。

だからと言って喪中ということで

皆さんに年賀状を送っていないわけですから、

普段もらう年賀状よろしく返信するのもおかしな話です

 

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

 

喪中に届いた年賀状に返事はするべき?

喪中と言えど、

届いた年賀状に対する返事はやはりするべきです。

ただ、年賀状を出すべきではありません。

ではどうすれば良いのでしょうか。

 

これは、寒中見舞いという形で返事するのが正しいです。

先程お話した①と②のパターンに関しては、

相手側に何も送らなければ

「こちらは年賀状を送ったのにどうしたんだろう」

と心配されかねませんよね。

年賀状と言うのは一つの冬の便りですから、

特にこれくらいしかやり取りのない相手だっていますよね。

そういう相手からしてみれば、

送った年賀状に対する返事もないとなると

やはり心配してしまいます。

 

先程のパターンで言う③の場合は、

そもそも喪中はがきを送っているわけですから、

特に届いてしまった年賀状に対して

何かする必要はありません。

 

ただ①や②の場合、年賀状が来たら

やはり寒中見舞いを送る必要があります。


 

寒中見舞いとは

特に喪中のときなどは年

賀状を送ることが出来ないため、

冬の挨拶として寒中見舞いを送る風習があります。

この場合、送る期間は松の内が明けてから立春までの間。

つまり1月7日から2月4日までの間ということです。

(1部では1月15日から、または10日からというところもあります。)

年賀状ではなく寒中見舞いを送ることで、

相手は事情を察知してくれますし、

近況を伝えることも出来ますね。

 

喪中で年賀状が送れないときは、

寒中見舞いで返事を送るのが良いでしょう^^

 

喪中に来た年賀状の返事のテンプレートは?

喪中に年賀状が来たら、

寒中見舞いで返事をすることがマナーです。

これもどういう事情で年賀状が届いたのかということによって

寒中見舞いと言ってもやはり内容が変わります。

 

例えば先程のパターン①に対する寒中見舞いのテンプレートです。

================================

寒中お見舞い申し上げます

新年のご祝詞を頂き誠にありがとうございました

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました

年の瀬のことでご連絡が遅れましたこと心よりお詫び申し上げます

寒さ厳しい折、皆様どうぞご自愛ください

================================

寒中お見舞い申し上げます

念頭にはお心のこもった年賀状をいただきまして

本当にありがとうございました

服喪中につき新年のご挨拶を控えさせていただきました

生前に賜りましたご厚情を深く感謝いたしますとともに

今後とも変わらぬお付き合いの程お願い申し上げます

================================

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧な年始のご挨拶をいただきありがとうございました

喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました

ご連絡が行き届かず誠に申し訳ございません

寒さもこれからが本番ですが

どうぞお風邪など召されませぬようご自愛ください

================================

不幸が年末であったため

年賀状を送れなかった旨をお知らせ出来れば十分です。

あとは相手の健康など気遣う一文を入れると

良いかもしれませんね。

 

またこちらであれば先程のパターン②に対する

年賀状の返事を寒中見舞いとして送る場合にも使用出来ます。

例えば相手との距離がもう少し近い場合などは、

これよりも砕けた一文を入れても良いかもしれません。

 

とはいえ、言うまでもありませんが

あまり明るい文章では相手も困惑します。

年賀状も寒中見舞いもあくまでもご挨拶なので、

なるべく簡潔にまとめるのが良いでしょうね。

 

まとめ

どんな時でも、年賀状を送ってくれる相手というのは

これからも引き続きお付き合いをしたいという気持ちで

送ってくれる場合がほとんどです。

 

頂いた年賀状に対して気持ちを返すのは

やはり大人のたしなみとして必要なことですよね。

 

例えば年末に不幸があったりした場合など、

まだまだ気持ちの部分で不安定なこともあるかと思いますが、

まずはいつも支えてくれる人たちに

今の現状や気持ちが伝えられると良いですよね。

 

場合によってはなかなか難しいこともあるかと思いますが、

気持ちで送ってくれた年賀状に対して

気持ちで返事出来ると良いですね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ