年賀状はいつまでに出す?出し忘れたら寒中見舞いを出すの?

スポンサードリンク

毎年送る年賀状。

例えば私の仕事は年末ギリギリまで

目一杯入っています(^^;

世の中が年末ムードになって盛り上がっていても、

私は仕事です。

 

ま、そのせいか、いつも年末にすべきことが

ギリギリになってしまうのは否めません。

中でも一番後回しにしてしまって困るのが年賀状。

そもそも年賀状っていつまでに出すものなんだろうか。

いつまでに出せば元旦に届くんだろうか。

元旦に届かないにしても、

今出したら遅すぎるんじゃないだろうか。

 

毎年同じ悩みを抱えていました。

私と同じように年末になると悩んでいる方に、

年賀状をいつまでに出すべきかをまとめましたので、

ご紹介しますね^^

スポンサードリンク
  

年賀状はいつまでに出す?

そもそも年賀状は

いつまでに出すものなんでしょう。

年賀状というのは、

受付が始まるのは12月15日からです。

うちの実家は12月15日までにはすべて

書き終えて15日に受付が始まったと同時に

出していたものです。

今考えると凄いっす。本当に凄いっす(^^;

 

でもそんなDNAがあるはずの私は

なかなかルーズなのは何故なんでしょうか。

とにかく受付は12月15日から。

そして一般的には12月25日までに出せば

元旦に届くと言われています。

 

これ実際は、郵便局の人は頑張ってくれていて、

実は12月26日~28日に出したというものでも

なるべく元旦に届くよう尽力して頂いているんだとか。

 

確かにこれは感じたことがあります。

もっと言うと、29日頃に出しても元旦に着いたことが

あったような。

 

ただこれ、やっぱり25日までに出すのが確実。

どんどん郵便局の方は努力改善をしてくれて

たまたま年末に出しても届くようなことも

あったのかもしれませんが、

基本的にはやはりこの時期の

郵便局の忙しさと来たら相当なもんでしょう。

25日までに出して、

確実に元旦に届くようにしたいところですよね。

 

年賀状の出し忘れはいつまで?

と言ってもここからが私の場合なんですが、

毎年年末になってやっと年賀状を書かなきゃ、

という話になります。

 

その年に知り合って

これからもお世話になるであろう人などは、

その年から年賀状のやり取りが始まるわけですよね。

 

ところが相手も同じように思っていて、

しかもそれが食い違う時が大変です(笑)。

今年から新しくこの人に出してみよう、

となって、

返事がないならまあまだそれは良いとして。

意外な人から届く時ってありませんか?

 

そうなるとこちらはまったく準備もしておらず、

いわゆる寝耳に水

しかもそれが元旦に届けばまだ良いでしょうが、

そういう時に限って1月3日過ぎに届いたりするんです。

まあ私の場合は周りも

年末が忙しい方たちが多いのでしょうがないですが、

これはハッキリ言って困ります。

例えば1月4日になって届いても、

こちらが新たに年賀状を準備して

出したら一体いつ着くんだ、という話。

 

早い話が、こういうことがあるんです。

 

なので年賀状を出し忘れると

相手が困るということは覚えておきましょう(笑)。

 

そして、年が明けてもまだ年賀状を送らなくてはいけない場合。

 

つまり年末に出し忘れていたり、

頂いた年賀状に返信したり、という場合です。

 

その場合は、いつまでに出すのが

失礼がないのでしょうか。

 

そもそも年賀状は、松の内に出すのが基本とされています。

 

松の内というのは1月7日。これ、意外に早いもんですよ(^^;

なので、うかうかしてたらすぐに1月7日を迎えてしまいます。

 

この日以降に着かないようにする場合、

いつまでに出せば良いのかと言うとやはり

そこは難しい所ですよね。

普段の郵便事情と違うということを考えると、

もちろん距離にもよりますが

最低でも1月4日には出しておかないと難しいと思います。

 

そもそも遅く来た年賀状に対する話ですが、

出した方は意外に忘れやすいもの。

自分が遅くに出しておいて、

さらに遅い返事に顔をしかめるというのは

よくあるパターンです(^^;

 

いつまでと言うより出来れば早めに、

とにかく早めに返事を出しておくのが良いでしょうね。

 

年賀状はいつまででいつからが寒中見舞い?

年賀状をいつまでに出すべきかというのは、

先程もお話したように1月7日、松の内の間までです。

と言ったところで、

例えば先程の話のように遅くに来た年賀状に対して

返事をしなくてはならないことも考えると、

いつもその松の内に送ることが出来るかと言うと

確実ではありませんね。

 

そんな時どうするのかと言うと、寒中見舞いを出します^^

寒中見舞いの書き方はコチラ

年賀状を時期が遅れてしまった場合などは寒中見舞いで。

いずれにしても先に年賀状など頂いてしまった場合などは

なるべく早めが良いでしょうね。

 

まとめ

年賀状というのは、

当然ながら郵便局が最も忙しい時期になります。

通常の郵便物よろしく、これくらいで先方に

到着するだろう、と考えるのは危険です。

なるべく早めに、ゆとりを持って送ることを

心掛けると良いですね。

 

そして、お互い出し忘れにも注意しましょうね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ