蕁麻疹の原因は食べ物にある?大人に突然出る理由はストレスや疲れ?

スポンサードリンク

私は昔から何となく蕁麻疹体質なのかもしれません。

ついこの間もなかなか強烈な蕁麻疹に見舞われました。

過去にも蕁麻疹になったことがありましたが、

原因は不明でした。

ただ今回のように重症だったことはありません。

どうして蕁麻疹になるのか、

その原因を探ってみましたので、ご紹介します^^

スポンサードリンク
  

蕁麻疹の原因は食べ物?

私の場合、基本的にアレルギー体質というのは

あるようです。

主な症状としては花粉症。

それに伴って、副鼻腔炎などにも悩まされています。

ま、と言ってもそれくらい。

特別食べ物のアレルギーがあるわけでもなく

アトピーなどの皮膚の病気にもあまり縁がありません。

 

だったんですが、ある時蕁麻疹になりました

。もう10年近く前のことになりますが。

 

その時は毎日夜になると少しづつ出始め、

だんだんとあちこち痒いという感じ。

我慢しきれずにかいてしまうとミミズ腫れ、

という感じでした。

 

これ、蕁麻疹になったことのない方は

想像出来ないでしょうけど、

なかなかガッツリ痒いんです(^^;

 

前回蕁麻疹になった時は、

それでもまだ耐えられるレベル。

 

少し痒くてかくとミミズ腫れにはなるものの、

身体の中でも限られた箇所だったので、

そこまで真剣に考えていませんでした。

当時は嫁が「免疫力の低下」と決めつけた診断を下し(笑)、

黒くなる寸前のバナナを毎日食べさせられましたが、

確かにそれで回復して行ったんですね。

 

ただ今回ばかりはちょっと様子が違います。

何と言っても症状が全身。

そして痒くて耐えられません。

何となく、前回とは症状の強さがそもそも違いそうな感じです。

 

大抵こういうことを人に話すと、

まず言われるのが当然ですが何が原因か、という話。

 

実は蕁麻疹には2種類あります。

アレルギー性のものと、非アレルギー性のものです。

つまり、アレルギーが原因になるものと、

そうでないものということですね。

 

アレルギー性として原因が考えられるのは

1番はやはり食べ物

体に合わない食べ物を食べて蕁麻疹が出た、

というのはありますよね。

 

自分の体に合わない食べ物が入ってくると

細胞からいろんな化学物質が出て来るのですが、

その中にヒスタミンという物質があります。

ヒスタミンはそもそもかゆみの元。

かゆみを感じる神経を刺激する成分です。

 

よく、サバやタケノコ、海老やカニなどで

こういう蕁麻疹が起こることがありますが、

このような食べ物が原因の蕁麻疹ということがあります。

 

ただこれ、知り合いにいましたが、

食べ物の特定が難しかったです(^^;

 

意外に誰でもいろんなものを食べますよね。

その中での共通点を見つけることは、

なかなか難しかったのを覚えています。

 

ただ今回の私の場合に関しては、

食べ物が原因とは考えられませんでした。

蕁麻疹の原因はストレス?

それでもまだ食べ物が原因という場合は

わかりやすいのではないかと思います。

私の場合はおそらくそれが原因ではなかったため、

結構困りました。

そうなるとその原因として考えられるのは

先ほどお話した2種類のうちのもう一つ、非アレルギー性のもの

この場合の蕁麻疹の原因として考えられるのは

①刺激によるもの
②入浴や汗などによるもの

があります。

例えば①は、下着など直接肌に触れる部分の

摩擦や圧迫など。

私の場合、下着のゴムの部分などに

蕁麻疹が現れるということが昔からたまにありました。

 

そして②は、汗をかいたり入浴したりした時です。

つまり、身体の温度が上がると発症しやすく、

これも私は何となく経験があるんですよね(^^;

 

こう考えると、私の場合は結構

蕁麻疹が出ていたかもしれません。

 

いわゆる蕁麻疹持ち、のような体質なんだと思いますが、

中でも今回の蕁麻疹は相当酷かったんですよね。

 

これについて医師に相談したところ、

考えられる大きな原因としてストレスを挙げていました。

蕁麻疹というのは、

最初の症状が出始めてから1か月以内のものを急性蕁麻疹

それ以上続いているものを慢性蕁麻疹

と呼んでいます。

 

私の場合はそこから見れば慢性蕁麻疹といった

ところなんでしょう。

 

慢性蕁麻疹のうち、およそ3分の1くらいに影響があると

言われているのがストレスなんだとか。

ストレスが原因と聞くと、ストレスなんてそこまでない、

って思ってしまいませんか?

 

そもそもストレスというのは一つの状態なので、

その状態そのものに慣れてしまうと

ストレスがかかっていることに

気付きにくくなるんだそうです(笑)。

 

そんなもんどうすりゃええねん!って話ですが、

これに関しては自分でストレス管理をする他ないようですね。


 

蕁麻疹の原因は疲れ?

蕁麻疹の原因として、

先ほどお話したストレスと同等に

疲れというのも大きな原因となるようです。

 

こちらも先程と同じように、

私のような慢性蕁麻疹の場合に多いようですが、

私に関して言えば最近仕事が忙しくて

生活は不規則なのにも関わらず、

ドラクエに今更はまってしまって

睡眠不足丸出しでした(^^;

 

やはりそれが疲れやらストレスやらに

影響していたと言えると思います。

もちろんこちらもたいして自覚はありませんが、

思っていた以上に自分がオッサンだったと

いうことかもしれません。

 

結局蕁麻疹の原因の多くは、

わからないことが多いようです。

 

こんな私でもいろいろなお医者さんに聞いてみましたが、

依然原因不明のまま。

ただ蕁麻疹の原因になり得るものとして、

ストレスや疲れがあるのは間違いないそうです。

 

私の場合も大きく当てはまります。

よくわかるんですよね。

 

基本的に急性蕁麻疹でない場合などは特に、

日頃の生活でのストレスや疲れを

見直してみるのも良いかもしれません。

 

それでも蕁麻疹が発症してしまったときは、

きちんと病院に行けば

抗ヒスタミン薬やかゆみ止めなども処方してくれます。

 

あまり我慢せず病院で薬をもらい、

ゆっくり安静に過ごすよう心がけると良いですね^^

 

まとめ

蕁麻疹って嫌なもんですよ(^^;

私もつい先日発症したばかりなので

まだまだ回復途中ですが、

やはりストレス軽減というのは効果的のようですね。

 

あとは食生活。水分を多く摂ることと、

栄養をバランスよく摂って、糖質を控えること

症状が出たとしてもさほど長く続かない蕁麻疹ですが、

人前で出てしまったりするとやはり気分が悪いですし、

まあ何より痒いです(笑)。

 

ストレスに慣れすぎている自分を省みて、

少しゆったりとした生活を心掛けるというのが

症状を悪化させない近道かもしれませんね。

 

それぞれの原因に合った対処を心掛け、

ともに蕁麻疹とおさらば出来ると良いですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ