お年賀のしはいつからいつまで?内のし?外のし?書き方もご紹介。

スポンサードリンク

お中元やお歳暮と並んで、

お世話になった方に贈るものとして、

お年賀というのがあります。

 

まあ平たく言うと新年のご挨拶ですが、

わざわざお年賀だけを送るというよりも、

お年賀の挨拶に行ったときに持参するもの

というイメージです。

 

お中元やお歳暮と比較すると

慣習化されていない部分もある

お年賀ということもあって、

マナーなどあまり知られていないこともあるようです。

 

例えば結婚して新しい家族や親戚が出来た場合など、

自分や結婚相手が恥ずかしくないよう、

最低限のマナーは抑えておく必要があるかと思います。

 

そんな方に向けて

お年賀ののしについてまとめましたので、

参考にしてみてくださいね^^

 

スポンサードリンク
  

お年賀ののしはいつからいつまで?

そもそもお年賀ってなんでしょう。

もともとは年神様というその年の神様を祀る際の

お供えが起源と言われています。

 

なので昔は神様へのお供え物をお年賀としていましたが、

いつからかその家の人に渡すおみやげとして定着したようです。

 

ま、いずれにせよ意味合いとしては

今年も宜しくお願い致します。

という意味のものです。

 

例えばお正月に

親戚一同集まる席にお年賀をお持ちしますよね。

そしてそれは、まだ子供のうちは

いろんな人が持ち寄ったお年賀を消化すれば良かっただけ(^^;

 

ただ大人になって家族を持ったら当然そうは行きません。

 

基本的にはお年賀を持参する側になります。

 

もちろんそれは関係性にもよりますが、

一般的には自立した一つの家族として認めてもらうという

意味合いも込めて、きちんとした挨拶が出来る事は

お伝えしなくてはなりません。

 

特にお年賀として持って行く物は何でも構いません。

 

多いのはお菓子など。

大勢が集まったところでわいわいとやるのに

適したものが喜ばれます。

 

そしてそのお菓子に「お年賀」ののしを付けることになるのですが、

こののしの付け方に少し注意が必要です。

 

お年賀のしはいつから?

ま、基本的にお年賀というので年が明けたら

というのが一般的です。

例えば実家に帰省するなどして

到着が年末になる場合などでも、

帰省の意味合いがそもそも「お年賀」が理由で

帰ってくるはずなので、特にそこは年末であっても

お年賀のしを付けたものを持参するのは

問題ないでしょう。

あくまでもお正月のご挨拶、

新年のご挨拶でお持ちするものにお年賀ののしを付けます。

 

お年賀のしはいつまで?

お年賀のしなので、いつからかと言えばやはり年明けから。

そしていつまでなのかと言えば、

一般的には「松の内」までと言われています。

そもそもお年賀というのは

お正月の三箇日にするご挨拶のことを指しますが、

実際には松の内と呼ばれる期間(1月7日まで)であれば

良いとされています。

地方によっては小正月(1月15日)までであれば良い

という地方もあります。

 

時期が遅くなった場合は、中見舞いというのし紙にするのが良いでしょう。

 

お年賀のしは内のしか?外のしか?

お年賀ののしに限らず、

贈り物にのしを付ける時、

よくお店の人などに訊かれるのが

内のしですか?外のしですかということです。

 

いわゆる内のしというのは、

贈答品の箱にのし紙を付けて、

その後包装をするもの。

外のしというのは、贈答品に包装をし、

その上からのし紙を付けるというもの。

 

これ、実は別にどちらでも構いません。

 

のし紙がかけてあるということが大切なのであって、

特にどちらでも良いのです。

これは実は地方によっても傾向があって、

一般的に外のしで贈答品を渡す地方と

内のしで渡す地方とに別れます。

関西地方では内のしが多く、

関東圏では外のしが多くなります。

 

なのでその地方の風習に従っても

良いかもしれません。

 

ただ私の場合は、

持って行く先に皆がたくさんのお年賀を持ち寄るため、

「私からのお年賀です」というアピールがしたかったため

外のしにしています^^

 

私の住む地方でも贈答品ののし紙は

内のしでも外のしでも良いとされていますが、

基本的に開けずに誰から何の目的でもらったか、

というのが一目瞭然という意味で、

外のしにすることが多いです。

 

ただ外のしの欠点として、

「書いてある字が汚いと悲惨」

ということがあります^^

 

贈答の品を買ったお店で

のし紙を書いてくれることも多いかと思いますが、

そんな時は特に注意が必要です(^^;

 

お年賀のしの書き方や貼る位置とは?

お年賀のし、例えばお菓子の箱に貼る場合。

無難なのは、のし紙にされることをおすすめします。

お年賀と書かれたのし紙を内のし、

もしくは外のしで貼るというものです。

 

使うのし紙は蝶結び、

書き方は上に「御年賀」などと入れ、

下にフルネームで自分の名前を入れます。

 

 

その他、短冊という方法もあります。

この場合の貼る位置ははお菓子の箱の右上になります。

あとは箱の材質などにもよりますが、

セロテープで付けるのか、

のりで貼るのかということですが、

どちらでも構いません。

美しく見える方で良いかと思います^^

 

基本的にはお店の人がしっかりやってくれるはずです。

稀にそういう知識のないスタッフが

接客しているようなところなどに行くと

注意が必要ですが(^^;

 

まとめ

お年賀に限らずのし紙というのは結構大事ですよね。

こういう場面で「大人かどうか」を問われます。

自立した大人であるということを見せるには、

礼節を重んじるのと同じくらい、

贈答マナーは抑えておく必要があります。

 

しっかりとした新年の挨拶を新しい家族とともに出来るよう、

ポイントをおさえて置いて下さいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ