余った年賀状の交換期限は?印刷済みはどうする?懸賞には使えるの?

スポンサードリンク

年賀状って普通に考えれば余りますよね。

 

足らない分を買い足そうと毎回思うケチな私でも、

毎回余ります(笑)。

余った年賀状というのは皆さんどうしていますか?

 

書き損じや印刷済みの年賀状など、

処分に困る場合が結構ありますよね。

 

方法は色々とあるのですが、

余った年賀状をどうするのか、

まとめてみました。

スポンサードリンク
  

余った年賀状を交換してもらう期限とは?

年末年始の頃になると、

家の書斎や棚などに余った年賀状はありませんか?

 

私の場合家族合わせれば

結構な枚数が毎年余っています(^^;

 

一般的にこれは返品が出来ます。これはご存知ですよね。

 

1枚あたり5円の手数料を払うことで、

ハガキや切手と交換してもらうことが出来るのです。

 

これ簡単に言いますが、

結構な良いサービスだと思いませんか?

 

今はもう民営化されているとはいえ、

こんなことは普通で考えて

民間企業で出来るようなサービスではありません。

 

しかもこれ、実は年賀状に限ったことではありません。

 

普通のハガキはもちろん、

例えばレターパックなんてものまで

書き損じに対して交換が可能となっているんです。

 

そこで余った年賀状ですが、

これを交換してもらうのに期限はあるのでしょうか。

 

例えば書き損じたり、

余った年賀状を交換してもらうのに、

期限はありません。

 

いつまででも良いんです。

どうかすると去年の年賀状だって大丈夫です^^

 

ただこの余った年賀状を

どのように交換してもらうのか。

 

基本的に換金が出来るわけではありません。

あくまでも、相当のハガキや切手などに交換です。

 

そして、期限がないとはいえ、

去年の余った年賀状を今年の年賀状に交換してもらうことは出来ません

 

今年の年賀状に交換して欲しい、

してもらえるのは今年の年賀状を書き損じたりした場合のみ。

そしてその場合の期限は、

今年の年賀状が販売されている期間のみとなります。

 

年賀状の販売期間というのは

通常11月1日から1月6日頃までです。

 

今年の年賀状の書き損じを持って行って

新しい年賀状に交換してもらおうと思うのなら

この期間までに持って行ってくださいね^^

 

余った年賀状の印刷済みのものはどうする?

余った年賀状というものの中には

印刷済みのものもありますよね。

 

そういう場合はどうすると良いのでしょうか。

基本的には先ほどからお話しているように、

特に書き損じだろうが何だろうが関係なく

交換してくれますので、これまた

印刷済みだろうが何だろうが交換はしてくれるようです。

 

家族の写真が全面で少々気恥ずかしいような

年賀状であっても、

余った場合や書き損じた場合などには

交換してもらうべきでしょう(笑)。

 

ハガキでも切手でも交換してくれるし、

それこそレターパックにでも交換可能です。

 

余った年賀状がどんな状態であれ、

まずはどうするべきかと言えば

やはり交換してもらうのがベストでしょうね^^

 

余った年賀状を懸賞に使える?

そしてここから先は裏技です^^

 

余った年賀状ですが、

例えば書き損じてしまったものの

また今年出す年賀状として交換してもらいたい、

という場合は別ですが、

そうでない場合ならおススメの方法があります。

 

余った年賀状を切手やはがきに交換してくれるのは、

先ほどもお話したように期限がないのです。

 

年賀状は、お年玉付き年賀はがきと言って

いわゆる懸賞がついています^^

 

期限もなくいつ交換しても良いということであれば、

その懸賞の結果を見てからでも遅くはないですよね。

 

これ、1等は現金10万円です。

しかも抽選は毎年1月14日頃です。

 

どうせなら、この結果を見てから

交換してもらいに行ったって良いでしょう。

 

余った年賀状の交換をお考えの方は、

時期を検討することをおすすめします^^

 

そしてもう一つ。

 

余った年賀状を交換してくれる、

書き損じや印刷済みでも交換してくれるのは

非常にありがたいのですが、

いかんせん私の場合、

普段ハガキや切手など使わないんです(^^;

 

しかも余った枚数と言えばなかなかのもの、

書き損じも含めれば結構な数です。

これだけ交換してもらったとしても、

ハガキや切手などそう必要ないんですよね。

 

そんな方には。

 

交換してもらったハガキを金券ショップに持ち込みます。

 

当然ですが金券ショップで買い取ってくれるのは新品のみ。

逆に言えば、新品であれば

はがきや切手を買い取ってくれるのです。

(切手なら、探せばもっと高く買い取ってくれる

ところもあるかもしれません。)

 

もちろん値は下がりますよ。

経験上、はがき1枚30円~35円くらいかと思います。

 

ただうちで眠ることを思えば、

換金したいところなんですよね。

 

こちらも私と同じような考えをお持ちの方は、

ご検討ください^^

 

まとめ

余った年賀状を交換してくれる。

これはなかなか素晴らしいサービスかと思います。

 

うまくやれば、最小限の出費で済む方法となりますので、

一度参考にしてみて下さいね。

 

そして最後に、

実はゆうパックの料金は切手で払うことが出来ます。

 

例えばゆうパックを含め小包などを送る機会の多い方は、

しばらくヤマトや佐川でなくゆうパックを使用して、

その配送料金を切手で払う、というのもアリですね。

 

そういう方は、余った年賀状を

切手に交換してもらっておくのが良いのではないでしょうか^^

 

せっかくの良いサービス、うまく活用してくださいね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ