目の充血をとる方法とおすすめ目薬のご紹介。消えないときはどうする?

スポンサードリンク

 

数日前から目が充血しています。

最近は某ゲームにハマっているせいもあり、

日頃仕事でPCに向かう時間が多いにも関わらず

目に優しくない生活をしていたせいか、

突然目がゴロゴロして充血、

涙目になってしまいました。

 

色々調べていると結構目の充血で

悩んでいる方は多いようです。

 

疲れ目がそもそも原因で、

目の充血になってしまっている方に

向けてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

目の充血をとる方法とは?

一口に目の充血と言っても

種類がいくつかあります。

 

基本的には目に負担がかかった結果、

充血することは多いです。

 

それは眼精疲労であったりドライアイであったり、

結膜炎などでも充血します。

 

あとはコンタクトが合わなくて

目の充血になることも多いですよね。

 

基本的に目の充血をとる方法で最も効果的なのは、

ズバリ眼科に行くことです^^

 

私に限って言うと、

目が疲れてくると充血しがちです(笑)。

 

おまけにそんな時は決まって睡眠不足。

これも文句なしに目の充血に繋がる原因です。

 

目の充血をとる方法は、

単純に原因に対する対策と考えるなら、

まずはやはり目を休める事

 

目を温める

やはり目を温めるというのは効果的です。

今は結構グッズも出ていますが、

目の充血をとる方法として

一番効果的と私は思います。

 

疲れ目というのが原因だった場合は特に、

徐々に楽になりますよ。

ただこれは、

目に痛みがある場合はやめた方が良いんだそうです。

 

そんな時は、冷やすのが効果的なんだとか。

 

保湿する

特にドライアイの方には特効です。

無意識にまばたきが減ってしまったことによって

起こりがちなドライアイは、

目の充血を引き起こしがちです。

 

目が乾いたことによって起こる目の充血には、

部屋を加湿したり蒸しタオルをあててみるのも良いでしょう。

 

目の充血におすすめ目薬は?

何だかんだ言っても、

やはり目の充血に効果が高いのはやはりこちら。

目薬をさすことです。

 

ただこれには、

やはり原因をしっかりと突き止める必要があります。

 

目薬が効果的なのは、

きちんと症状を自覚している場合です。

 

目の充血と言っても疲れ目が原因の場合と、

結膜炎などの炎症による場合とで

使用する目薬が変わって来ます。

 

おすすめ目薬をご紹介しようと思いますが、

結膜炎などの場合にはいくつかの種類があり、

その分類まではなかなか素人には判断のしにくいジャンルです。

 

なので目の充血が

ウイルスやアレルギーなどを原因とする結膜炎という疑いがある場合は、

やはりなるべく早く眼科を受診することをおすすめします。

 

目の充血におすすめ目薬

こちらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(第2類医薬品) ロートV11 (13mL)
価格:1020円(税込、送料別) (2017/10/26時点)

 

 

こちらがおすすめなのは、極めて初期症状の場合。

まずはこちらを試してみるのが良いでしょう。

疲れ目が酷く、眼精疲労になりかねない場合や、

目の充血に気付いた段階でまずは

こちらを試してみることをおすすめします。

 

私の場合は経験上、ほぼこちらで一発解消^^

これで無理な時は眼科に行きます。

 

あとは参天製薬のサンテメディカル10もおすすめですよ^^

 

目の充血が消えないときは?

疲れ目が原因の場合は、

なるべくその原因を取り除くことが出来て

ゆっくり疲労を癒すことが出来れば回復して行きます。

 

でも例えば原因がそうでない場合、

結膜炎である可能性が否定できません。

 

先程もお話しましたが、

結膜炎にはいくつも種類があります。

 

結膜炎は素人判断するのは危険です。

いつまでも目の充血が消えない時などは、

なるべく早めに眼科を受診するようにしましょう。

 

まとめ

目の充血って嫌ですよね。

会う人すべてに「大丈夫ですか?」

ってたいがい聞かれるし、

目がゴロゴロするのはなかなか不快です。

 

なるべく早くに原因を突き止めて、

それなりの対処することが必要ですね。

 

とにかく、早く。これが大事です。

目の疲れに注意して、疲労回復に努めて下さいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ