節分に飾るいわしとヒイラギはいつまで?鰯の頭も信心からの意味とは!

スポンサードリンク

 

節分ってありますよね。

ご存知、豆まきのことです(笑)。

 

節分と言えば豆まきですが、

こういった昔からの風習というのは、

地方によっていろんな風習があります。

 

中でも珍しいのが「柊鰯(ひいらぎイワシ)」

 

初めて見た時は私もギョッとしましたが(^^;

もちろんこれも、きちんとしたいわれがあって

今に伝わっているのです。

 

節分とイワシについてご紹介します^^

スポンサードリンク
  

節分にいわしとヒイラギを飾る意味とは?

節分にいわしとヒイラギを飾る習慣があります。

これを柊鰯(ひいらぎイワシ)と言うのですが、

ご覧になったことありますか?

 

いわゆるコチラです。

 

どうですか?

見たことのない方はギョッとしませんでしたか?

何となく「いわゆる昔の祭り」よろしく、

おどろおどろしいものを感じるのは私だけでしょうか。

 

ちなみに作り方は、

こんがりといわしの頭だけをしっかりと焼いて、

ヒイラギの枝に刺す。

ま、これだけです^^

 

このいわしとヒイラギ、いわゆる柊鰯

節分に飾るのには意味があります。

 

もともと昔から、先のとがったものや

臭いものは魔除けの効果があると信じられていました。

 

わかりやすく先のとがった葉をもつヒイラギと、

臭いいわし。ああ、確かに(^^;

 

臭いいわしの頭をヒイラギにさせば、魔除けに

なるものだと信じられていたんですね。

 

昔から季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるものだ

という考えのもと、それらを追い払うための行事として

節分が定着しています。

 

そんなこともあって、魔除けの意味合いで

飾られるようになったのが柊鰯です。

 

節分にいわしとヒイラギを飾る風習は、

実はかなり歴史が長いんです。

 

何と平安時代からなんだとか。ただ当時は

お正月のしめ飾りの一環で、同じように

ヒイラギの枝に頭を刺していたんだそうです。

 

この柊鰯を玄関に飾ることで、

魔除けとして古くから伝わってきたというのが

柊鰯の歴史と言われています。

 

節分に飾る鰯の頭はいつまで?

では節分の際に飾るこの柊鰯ですが、

いつまで飾るものなんでしょう。

 

だいたいがいわしですからね。

もちろんわかってやってることですが、

あまりに置いておくと結構臭いんです(^^;

 

これをいつまで飾るのかは実は地方によって違います。

 

私のところは1月中旬

(後で調べたところによると小正月と呼ばれる1月15日の翌日)

から節分までというイメージです。

 

ただこれが地方によって異なっていて

、2月いっぱい飾る所もあれば

節分の日だけ、といったところもあるようですね。

 

鰯の頭も信心からの意味とは?

鰯の頭も信心から。

 

こんなことわざ、聞いたことありませんか?

これ、どういう意味なんでしょうか。

 

本当の意味は、

 

鰯のようにつまらない、

取るに足らないものでも、

信心するととても尊いものになり、

大事にされるものである。

 

という意味なんだそうです。

 

当時は鰯もたくさん獲れていて、

食べ物という意味を超えて肥料程度に

扱われていました。

それくらい「大事にされていなかった」鰯ですが、

そんなものでも信心されると

大切なものに変わる、ということです。

 

そしてそんな鰯を柊鰯として節分に飾る、

そんな信心で日頃は取るに足らないいわしの頭が

大事にされる、ということですね。

 

鰯の頭も信心から、というのは、

節分に用いられる柊鰯がはじまり、

と言われているのです。

 

節分のいわしとヒイラギのまとめ

節分に用いられるいわしとヒイラギですが、

私の地方では当然のようにありましたが、

地方によっては見たこともない方もいるようです。

 

鰯の頭も信心から、と言えばことわざとして

聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

こんなことわざを聞いた時、

柊鰯として節分に飾る地方もあるんだということを

思い出して頂ければ、ことわざにも

納得頂けるんではないでしょうか^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ