チョコの溶かし方で簡単なのは?湯煎や牛乳の上手な使い方のご紹介!

スポンサードリンク

チョコレートを家庭で作ったことありますか?

チョコって、昔と違い随分美味しいのが

市販されていますよね。

 

ただ、バレンタインなどのイベントなら

チョコを食べることはあるかもしれませんが、

日頃は見向きもしませんという方がいるのも事実です。

 

でも、最近は自宅でチョコを作って、

プレゼントするだけでなく自分で楽しむ方も多いようです。

 

これね、何より楽しいんですよ^^

 

チョコには溶かし方というのがあるので、

今日はそちらをご紹介します。

 

スポンサードリンク
  

チョコの溶かし方で簡単な方法のご紹介!

チョコを溶かして固める。

簡単ですが、少しだけ奥が深いです^^

 

これは理屈がわかっていれば

そう難しいことではありません。

誰だって出来ます。

 

ただ基本を抑えていないと、

出来上がりに差がついてしまいます。

 

チョコというのは扱いにコツがあります。

ただそれさえわかっていれば簡単簡単。

 

溶かし方にも当然ながらコツがあるのですが、

いずれにせよ把握していただきたいのはチョコの性質です。

 

温めると溶ける、というのはだれもが知っていますよね。

でもチョコの溶かし方と言っても方法はいくつかあります。

 

どんな方法であれ、覚えておくべきチョコの特徴をご紹介します。

 

水分を入れない

これ、本当に大敵と言っても良いでしょう。

これが原因でチョコの扱いがうまく行かないという方は

結構います。

 

手荒に扱わない

これは例えば混ぜる時でもそうですし、

温めるという作業でもそうです。

急に熱したり、強くかき混ぜたりしないということは

チョコの扱い方で最も大切と言えます。

 

大きいまま使わない

チョコの溶かし方の中で忘れがちなこちら。

大きいまま溶かすことのないようにしましょう。

なるべくザクザクと包丁で刻んで温めることで、

均一に溶かすことが出来ます。

 

チョコの溶かし方なら湯せんがおすすめ!

では実際にチョコの溶かし方についてお話します。

先程も少しお話しましたが、

チョコの溶かし方で大切なのはまず「細かくすること」。

 

なるべく細かく、均等に刻んでください。

この時、先ほどお話した水分に注意です。

 

タイミングとしてこの場面で

水分が入ってしまうことが多いです。

まずはここに注意しましょう^^

 

そして次は、刻んだチョコの全てを

一気に溶かさないこと。

最低でも2つに分けましょう。

 

1つずつ溶かして行きます。

 

そしてその時使用するのが湯せんです。

2種類の大きさの違うボウルを用意して、

片方のボウルにお湯を入れます。

 

よく言われるやり方として、

大きいボウルの底に水を入れ、

その上に小さなボウルを入れて水を熱する、という

やり方がありますが、実はそれだと

チョコの中に水分が入りやすいです。

 

これだけは絶対に避けたいので、

私がおすすめするのは反対です。

 

小さなボウルに水を入れ、

大きなボウルの下の部分が

少し小さいボウルに入るようにします。

 

小さなボウルを熱することで

小さなボウルの中の水の温度が上がり、

湯せんとなります。

 

こうすることで湯気や水分を

閉じ込めることが出来るので、

水分を気にする必要がありませんね。

 

その後は、大きいボウルに

刻んだチョコの半分を入れます。

 

ゴムベラなどを使用して

ゆっくり混ぜて溶けてきたら、

次のチョコを溶かして行きます。

 

とにかく優しく。愛情をかけましょう^^

 

このときの水の温度は、50℃くらいが目安です。

 

チョコの溶かし方で牛乳を使用するときは

チョコの溶かし方の話をしてますが、

では溶かしてどうするんだ、って話です(^^;

 

溶かして型に入れて固めれば

それなりのチョコも出来ますし、

牛乳や生クリームを入れることでさらに

美味しく出来ます。

 

溶かしたチョコに牛乳を入れるということ

なんですが、ここでの注意事項すること。

 

それは、牛乳を温めるということです。

もちろん、生クリームでも同じです。

 

必ず温めてからチョコと混ぜましょう。

感覚的には、温めた牛乳に

溶かしたチョコを入れるイメージです。

 

やはりおすすめは牛乳よりも生クリーム。

牛乳はチョコが苦手とする水分が多いからです。

 

牛乳を入れすぎたり

十分に温めずに混ぜたりすると

パサパサに固まってしまいます。

 

そんな時は、温めた牛乳をさらに足すことで

トロトロに戻ります。

 

生クリームを少し多めに入れて冷やし、

固めればいわゆる生チョコの完成です^^

 

チョコの溶かし方のまとめ

チョコの溶かし方を極めると

実は結構いろんな料理やお菓子に使えますよね。

 

私はチョコフォンデュが大好きです^^

 

いずれにせよ、色々とチョコを使っていれば

溶かし方や、カカオなどの成分によって

品質が違ってくることもわかって来ます。

 

まずはいろいろと試してみると良いでしょうね^^

 

意外に美味しいチョコを食べることが出来ますよ。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ