生チョコの簡単な作り方はガーナに訊け!牛乳もレンジも使える!

スポンサードリンク

 

最近はバレンタイン商戦も活発で、

そういう背景もあってか冬になるとやたらと

チョコレートという文字が目につくのは

私だけでしょうか。

 

バレンタインに限らず、冬にはチョコレートの

お菓子が増える気がします。

 

色々食べると実際どれも美味しいんですが、

バレンタインのことも考えるとそこはやっぱり

個性も大事ですよね^^

 

生チョコなんかを簡単に作れたら、

ちょっとそこらの人とは違うアピールが出来ると

思いませんか?

 

お菓子屋さんの生チョコブームは去りつつあるそうで、

近年はあまり生チョコを力入れて販売している

ところも少なくなって来ています。

 

そこで自分好みの生チョコを作れたら、

自分で食べるにも嬉しいですよね。

 

そんなわけで、生チョコを簡単に、

ほんとに簡単に作れる方法をご紹介します^^

 

スポンサードリンク
  

生チョコの簡単な作り方はガーナを使う!

生チョコって美味しいですよね。

 

私は大好きですが、どうやらお菓子業界では

ピークを過ぎているんだそうです。

 

冷蔵しなくてはならないというのが

その理由だそうですが、

確かに要冷蔵商品は扱いが難しいかも。

 

ということで、世の中見渡すと

あまり生チョコのラインナップが

ないような気がします。

 

少なくとも数年前と比べると、

生チョコそのものは確かに減ったかもしれません。

 

ま、だからこそ作り方さえ把握できれば、

自分で作ってみるのが良いですよね。

 

生チョコを作ることは実は結構簡単です。

作り方にはコツがあって、その一つがガーナを使う、ということです^^

 

ガーナってご存知ですよね?そう。こちらです^^

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガーナ エクセレント(134g)【ガーナチョコレート】
価格:354円(税込、送料別) (2017/11/13時点)

 

 

 

これがあれば、ハッキリ言って簡単です。

超簡単な作り方をご紹介します。

 

【必要なもの】

・ガーナチョコ 100g
・生クリーム 50cc(出来れば乳脂肪分40%以上)
・ココアパウダー 25g

 

①まずガーナチョコをなるべく細かく刻みます。
②①を湯煎にかけて、溶かします。
③生クリームを加熱して温め、②と混ぜ合わせます。
④型に流して、冷やして固めます。
⑤固まったら包丁で切り、ココアパウダーをまぶします。

ま、言ってみればこれだけのことです。注意することは、

・必ず生クリームを温めること。
・チョコは優しく混ぜること。
・切る時は包丁を温め、1回切るごとにフキンでよく包丁を拭くこと。

 

まずはこれが簡単な生チョコの作り方になります。

ガーナでなくても良いですよ。板チョコなら。

 

ただ、やっていただくとわかると思いますが、

ガーナは美味いんです^^

 

生チョコを簡単に作るとき牛乳でも良いの!?

生チョコを簡単に作る方法をご紹介しました。

これやってみて下さい。恐ろしいほど簡単だから(^^;

例えばバレンタインのプレゼントにするなら、

パッケージだけこだわれば

立派なギフトになりますよね。

 

他人と差が付けたいならこれはおすすめです^^

 

うちは嫁が急な来客などによく使っています。

板チョコだけおいておけばすぐに

つくることが出来ますよね。

 

ただ一つ問題があります。

それは生クリームです。

 

何だかんだ言って、生クリームを常備している

家庭は少ないかもしれません。

 

もちろん日頃から生クリームを使用していて、

いつも家にある場合はそれで問題ありません。

 

ただ、たとえばうちは生クリームを

他で使用することはないんですよね。

 

そういう場合は、実は牛乳で代用出来ます^^

 

分量的に、少し先程のレシピから減らして下さい。

 

チョコ100gに対してなら、

牛乳25gくらいで大丈夫です。

 

作り方は全く同じ。

必ず牛乳も温めてから、

合わせたら何しろよく混ぜて下さいね。

 

これなら簡単に、家にあるもので

生チョコを作ることが出来ますよね。

 

簡単な作り方と言うなら、

やはりここまで極めたいですよね^^

 

生チョコを簡単に作るならレンジが必須!?

生チョコを簡単にをさらに簡単に

作るにはどうすれば良いでしょうか^^

 

もう随分簡単な作り方をご紹介しましたよね。

ただうちの嫁に言わせるとまだ甘いと(^^;

 

湯せんが面倒だと言うのです。

 

ま、それくらいはやって欲しいところですが、

実は湯せんも特に必要ありません

 

レンジで良いんです。

 

先程からのパターンで言えば、

生クリーム50ccをちょっと深めのお皿などに入れて

600wの電子レンジで30秒ほど温めます。

 

そこへなるべく細かく刻んだチョコレートを入れて

ゆっくりと混ぜます。

 

その後は先ほどと同じ。型に流して冷やして固めます。

うまくチョコが溶けないような場合は20秒ほど

もう一度レンジで温めると良いでしょう。

 

湯せんを使って水分がチョコに入るようなことがあると

チョコが固まらなくなります(^^;

 

そういう不安がある方はレンジを是非使ってみて下さいね^^

 

生チョコの簡単な作り方のまとめ

結局、ご紹介したように

生チョコ作るのって簡単なんですよね。

 

ただ簡単に作るだけあって、味も簡単です(^^;

 

ではちょっと本格的に作りたいとき、

少し大人の味わいが欲しい時は。

 

少しだけお酒を入れると良いです。

ラムやコワントローなど。

 

分量としては、本当に少しだけ。

香るだけでも、十分に深みのある生チョコに変わります。

 

少し紅茶を入れるのもおすすめだったりします^^

 

そして、意外に存在感があるのが最後のココアパウダー

これは実はお金をかけると

それなりの風味を醸し出してくれます。

 

生チョコを簡単に作りつつ、

アレンジを楽しめるとレシピの幅は広がりますよね。

 

色々とお好みでやってみて下さいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ