チョコに含まれるポリフェノールの効果とは?1日どれだけで血圧が変わる?

スポンサードリンク

どうやら血圧が高いと言われてしまいました。

何が厄介かと言って、こう聞かされると

結構気になってしまう事です。

そしてそのせいでさらに血圧が上がる。

悪循環です(^^;

 

ただ私の場合は遺伝的なものもあるかと思いますが、

生活習慣を改めるという意味では教えてもらえて

よかったと思っています。

 

そして血圧が高いという事で調べると、

出てくるわ出てくるわ、その対策の数々。

 

その中で、ちらほら聞いたことのあるポリフェノールについて、

まとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

 

スポンサードリンク
  

チョコに含まれるポリフェノールの効果が凄い。

ポリフェノールという成分があります。

名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

あくまでもその程度。そこまで有名なものでは

ないかもしれませんが、実はこのポリフェノール、

効果が凄いんです。

 

ポリフェノールは緑茶や赤ワイン、りんごなど

いろんなものに含まれていますが、ダントツにたくさん

含まれているのが何を隠そうチョコレートなのです。

 

ポリフェノールという成分自体、

実は結構摂取することが難しいとされています。

 

そしてその中でも特にそのポリフェノールの含有量が多いのが

チョコレート。つまりポリフェノールを摂取する場合、

最も手軽かつたくさん含んだ食材というのが

チョコレートなのです。

 

そしてこれ、結構な含有量です。

先ほどお話したようになかなか摂取することが

難しいと言われるポリフェノールですが、

りんごや赤ワイン、コーヒーなどに含まれる量の

4倍から8倍もの量がチョコレートから摂取出来ます。

 

早い話が、ポリフェノールを摂るならチョコレートに限る、

つまりそういうことなんです。

 

ではそのポリフェノール、どう健康に良いのでしょうか。

 

血圧を下げる

そうです。そもそも私はこれを探して

ここにたどり着いたわけですが、もともと「血圧が上がる」

ということの原因として、血管が詰まって細くなる、

ということがあげられます。

 

そうなると血圧が上がるわけですが、

カカオポリフェノールを含むチョコレートを食べることで

血管を広げてくれるんです。

 

つまりそれで血圧を下げるということです。

 

抗酸化作用

体の中には活性酸素というのがあって、

これによりコレステロールが酸化されます。

これが動脈硬化を引き起こし、さまざまな病気の

元となるんですが、ポリフェノールには強い

抗酸化作用があります

 

ポリフェノールがコレステロールの酸化を

防いでくれることで血管をしなやかに保ってくれるのです。

 

アレルギーを軽減

花粉症などのアレルギー症状に効果的なのが

ポリフェノールと言われています。

 

そもそも身体に侵入してくる物質に対しての

過剰な免疫システムがアレルギー症状ですが、

これらの過剰な作用を抑えてくれる役割を

果たしてくれます。

 

チョコのポリフェノールは1日どれだけ摂れば良い?

ということで高血圧だけでなく

色々と身体に良い効果をもたらしてくれる

ポリフェノールですが、例えばチョコレートで摂ろうと

した場合には実際どれくらい食べれば良いのでしょうか。

 

チョコレートのカカオ含有率って聞いたことありませんか?

 

そのチョコレートにカカオ分がどれくらい含まれているのかと

いう事なんですが、例えばポリフェノールをチョコレートから

摂ろうとする場合にもここは重要になってきます。

 

そのチョコのカカオ含有率がどれくらいかによって、

実はポリフェノールの量も変わるからです。

 

単純にチョコ好きとか甘いもの好きの方はとりあえずさておき、

ポリフェノール摂取目的でのチョコを食べるという事においては

やはりそのポリフェノールの量が大切になってきますよね。

 

そしてそのポリフェノールを

1日にどれくらい摂取すれば

上記のような効果が得られるのか。

 

それは、おおよそ1500mgほどと

言われています。

 

例えばこれをカカオ72%ほどのチョコで

補おうと思った場合、チョコの目安は25gです。

 

この25g、私のようなチョコ好きなら

全然どうってことありません。

むしろ足りないくらいです(^^;

 

カカオ含有率の高いチョコは

比較的チョコそのもののカロリーなどを

あまり気にする必要はないとのことですが、

脂質に関しては気にする必要がありそうです。

 

なので、やはりあくまでも1日のチョコの摂取は

25g程度に抑えておくのが効果的かもしれませんね。

 

ポリフェノールの効果で血圧が変わる!

ポリフェノールが高血圧に対して

効果的であるということはお話しました。

 

このポリフェノールを多く含むとされている

カカオ70%以上のチョコレートを

毎日25gずつ食べることで、血圧低下が期待できます。

 

そしてその食べ方にコツがあるのですが、

1日の量は先ほどお伝えした25gほど。

 

それを一度に食べずに、少しずつ食べる

ということです。

 

これによって血中濃度が一定になるので、

より効果的なんだとか。

 

これを毎日摂取することで、1か月で最高血圧、

最低血圧ともに低下がみられたという事です。

 

そしてもともとの血圧が高ければ高いほど

その効果は顕著で、低下した幅も大きかったんだそうですよ^^

 

しかも何より嬉しいのが、容量を守って摂取することで

体重が増えたりするということはなかったそうです。

 

つまり、カカオ分の高いチョコレートを

1日25g摂っても、体重増加には繋がらないようですね。

 

まとめ

私、チョコレート大好きなんです。

それも、カカオ分の高いのが。

ただ、何となくハイカロリーのイメージがありますよね。

食べたら太るんだろうと漠然と思っていたんですよね。

ということで、今日からはこちらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ケース販売】明治 チョコレート効果 カカオ72% 26枚入り×6個
価格:2268円(税込、送料別) (2017/11/25時点)

 

 

何となく、チョコレートってホッとしませんか?

私の場合禁煙してからというもの、嗜好品と言われるものから

随分遠ざかっていたので、これは効果的なら嬉しいです^^

 

ひとまず続けてみます。血圧の効果については、またお話しますね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ