雛人形の時期が来たらいつ出す?買うのはいつ?片付けるのは?

スポンサードリンク

 

女の子が誕生した家には、雛人形を飾りたいと

思う親御さんも多いものです。

 

かくいう私もそうでしたが、

やはり女の子の誕生の証としても、

雛人形を用意したい気持ちはよくわかります。

 

ただこの雛人形ですが、時期としては

いつ頃から出すものなんでしょうか。

 

ではそれに対して、いつ買うのが良いんでしょう。

 

ついでに、いつ片付けるのが良いのでしょうか(^^;

 

そんな雛人形にまつわる三つの「時期」について

まとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。

 

スポンサードリンク
  

雛人形は時期としていつ出すの?

思い起こせば数十年前。娘が生まれ、

いわゆる初節句を迎えた時のことです。

 

初孫ということもあって、両家のご両親から

それはそれはもういろんなことを言われましたよ。

 

こういうもんだとかああするべきだとか。

どこそこにお参りに行くべきだとか

あれを着るべきだとかこれを食べるべきだとか。

 

挙句の果てには雛人形を買うとか買わないとか

貰うとか預かるとか、それはもう色んなことがあります(^^;

 

初めての娘さんが産まれたようなご家族の方、

どうぞご心配なく。どこでもそうです^^

 

いろんな「常識」と「伝統」が飛び交うかと思いますが、

そこは上手に立ち回って下さいね。

 

最後は、どっちの両親がどうのこうのではなく

「うちはこうしたい」

をはっきり出すのが最も説得力もあって

強い言葉かと思いますよ(^^;

 

話がそれました。

 

雛人形を出す時期というのは

いつが正解なんでしょうか。

 

これに関しては、実は正解はありません。

厳密に言えば、地方によるというのが正しいでしょうか。

 

何となくその土地土地に伝わる風習のような

ものがあって、それに準ずるのが良いと思います。

 

一番漠然とした基準として、こんなのを見つけました。

 

早くても立春から。

 

立春というのは節分の次の日、例えば2018年だと

2月4日の日曜日です。

 

そもそも春の節供の代名詞とも言えるひな祭りですから、

確かにそれはその方がらしいのかもしれませんけどね。

 

と言っても、うちの親戚はお正月明けには

飾っているのを見たことがあります(^^;

 

つまり、特にきっちりとした日取りが

決まっているわけではなさそうですね。

 

ただあまりそういう人もいないかと思いますが、

ひな祭りの前日に飾るいわゆる「一夜飾り」

縁起が悪いとされています。

 

それくらいは避けた方が良いかもしれませんね^^

 

雛人形を飾る時期に備えていつ買うと良い?

となると、雛人形を飾る時期がそうなら

いつ買うのが良いのでしょうか。

 

これもね、問題にならない家庭では

全く問題にならないことかと思います。

 

が、うちの場合は違ったんですよね。

 

誰が買うとかどこで買うとか、いくらのにするとか

それはそれはもうご両家のご両親と来たら火花バチバチですよ(^^;

 

色々と各家庭の登場人物によっても

いろいろと問題があるでしょう。

 

疲れます。めんどくさいです。わかります(笑)。

 

ただそれも後になれば良い思い出です。

楽しめないと思いますが、一度騙されたと思って

笑ってみて下さい。少し気が楽になりますから^^

 

また話がそれました。

 

雛人形を買う時期、購入する時期についてです。

 

これ、年が明けてから買おうと思うと

在庫や種類がやはり減りますので、

なるべく早めに買う事をおすすめします、

なんて言われます。

 

そもそも雛人形を作るのに半年くらいかかるんだとかで、

11月頃からその年の雛人形を販売スタートする場合が

多いそうですが、そこから考えてもなるべく早く、

とにかく早くに豊富な種類の中から選ぶのが良いと

いうことです。

 

そうなんでしょうね。

 

ま、、、ここから先は私の場合ですが、

そこまでこだわりもないんです(^^;

 

豊富な種類の中からと言われても、

違いもわかりにくいし、

どれも似たようなもんな気がするし、

ぶっちゃけ選択肢が狭まるならそれもアリかと(^^;

 

加えて、この場合いわゆる初節句なわけですよね。

 

例えばうちの場合は娘が産まれたのが2月でした。

もちろんそこで産まれることがわかっていたので

それなりに用意も考えましたが、

そんな家だってあるでしょう。

 

つまり、産まれた日からひな祭りまでの期間が

そんなにない場合だってあるということです。

 

うちはバタバタの中で購入しましたが、

その選択肢の中でのチョイスが運命だったり縁だったり

と思うことが出来ました。

 

今でも娘は雛人形を大切に思ってくれていますし、

特にこれ以外が良かったなんてことはありません。

 

色んな縁起をかつぐ人、色んなしきたりを考える人、

色んな損得を考える人がいますが、

最後はもう

「この出会いこそが縁」

くらいに思って買うことが出来たら

他の何よりも大切な雛人形に出来るのかも

しれませんね。

 

雛人形を片付ける時期はいつ?

では最後、雛人形を片付ける時期はいつかについてです。

これまた地方によっても色々とあります。

いろんな言い伝えなどもあるようですが、

私の場合は何よりも「人形の状態」が大切です。

 

なのでそこを基準とするのならば、大切な事は

いつでも良いけど、天気の良い日

ということになります。

 

3月3日のひな祭りが終わって片付けられた雛人形

というのはこのあと一年しまいっぱなしなわけですよね。

 

大切に、丁寧に片付けるというのももちろんですが、

汚れやほこりをちゃんと落としてから、

湿気などがこもらないように片付けることが

大切かと思います。

 

まずは何よりもそれかと。

 

ちなみによく言われている、

「ひな祭りが終わったら早々に片付けないと嫁に行き遅れる」

ということについて。

 

これに関しては、うちの実家では姉の雛人形を

3月3日の夜にはそそくさと片付けておりました。

 

が、未だに姉は嫁いでおりませぬ(^^;

 

以上、それぞれ色々あるということです。

 

雛人形にまつわる時期のまとめ

雛人形というのは、縁起やしきたりなど

たくさんの要素がこめられたものです。

 

それだけでなく「子供の禍を引き受ける」という

役割があるとか、それこそ地方によっては

雛人形の飾り方などにしつけや教育の意味合いを

こめるところもあるそうです。

 

ただうちの娘に関して言えば、

産まれたころから同じようにある雛人形は

何となくもっと親近感のあるもののように感じます。

 

雛人形を大切にする気持ちを一番に育んであげたいと

思いますし、雛人形そのものをそんな風に捉えてもらえたら、

嬉しく思います。

 

いずれにしても世のお父さんお母さん。

雛人形を買う頃は色々大変かもしれません。

 

でも、何年も経てば必ず良い思い出になります。

 

せっかくなので、「初節句」という二度とないイベントを

楽しんでくださいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ