雛人形は本当に必要か不必要か!?初節句だけでも?二人目でも?

スポンサードリンク

 

まあ何とも大げさなタイトルにしてしまいました。

 

ただ、今でこそこれについてのんびりと語れますが、

最初に娘が産まれた当時は我が家でも紛糾しておりました。

 

雛人形が必要か、不必要か。

厳密にはうちの場合は必要というところから

話が始まっていたんですが、両家の両親が

「うちが買う」

とやり出したため、ややこしくなって

「だったらもう要らん」

と私がキレたというのが実情です(^^;

 

どちらの実家にとっても初孫というのがあったため、

これに限らずいちいちが結構大変な時期がありました。

 

と言うのも割とどこの家庭にでもあることかと思います。

 

そこで雛人形というのは本当に必要なのか

不必要なのかを考えてみました。

 

色々と迷っている方は参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク
  

雛人形って必要?不必要?

雛人形って必要なんでしょうか。不必要なんでしょうか。

 

言わずと知れたことですが、ぶっちゃけ、どっちでも良いです。

 

あればあったでよし、なくても子供は育ちます。

 

結構な値段のする雛人形を、

わざわざ買わなくてはいけない物なんでしょうか。

 

なかったら罰が当たるのかとか、

ある程度大人になったら飾ることもないでしょとか、

必要な理由も、不必要な理由も、それぞれに筋が通っています。

 

なので、結局はどっちでも良いかと思います。

お金で考えた時、あの費用に見合うだけの

価値があるのかどうかは、それぞれですからね。

 

ここからは、あくまでも私の場合。そうです。持論です。

 

私は出来ればあった方が良いと思うです。

 

そもそも雛人形のルーツとは、平安貴族の子供たちの

おままごと道具だったお人形を親が見栄を張るために

だんだんと豪華にして行ったものが

雛人形のはじまりと言われています。

 

ただ日本という国の文化の中では、

人形が災い除けになってくれるとかいう考え方があったり、

どこか人形に対する思い入れの強い文化が

あったのかもしれませんね。

 

我が家では最初にお話ししたように、

どちらの実家が買うだとかどうとか

面倒くさい問題が色々と起こりました。

ま、ひな祭りに限りませんけど。

 

そういうややこしいのが嫌になって、

何となくもう要らない的な気分にもなりました。

 

が、色々とあってあれから十数年経ちましたが、

今ではあの時買っておいて良かったと思っています。

 

本当に必要か不必要かと言われれば、

必要とまでは言えないかもしれません。

 

ただ、自分の雛人形を愛でる気持ちが

娘に芽生えたのは間違いなかったこと、

春を迎える我が家での風物詩的な存在になってくれたこと。

 

これだけでも雛人形がいてくれたことを感謝出来うるくらい、

ありがたいことと思っています^^

 

人形が気持ち悪くて苦手という方もいるでしょうし、

扱いにも気を遣います。

 

必要だとか、娘がいる以上当り前とまで思いませんが、

買って十数年経って、不必要だったと思ったことは

一度もありません。

 

雛人形が必要なのは初節句だけ?

ひな祭りが大切とか思わずに、初節句は大切という人がいます。

これまた否定しません。価値観の問題ですからね(^^;

ただこれも言えることは、大切なのはイベントそのものというよりも、

それに対する人の向き合い方、

むしろ心の問題の方が大きいかと思います。

例えばうちでも、娘が雛人形を大切にしてくれなかったりしたら

もしかしたら不必要だったのかなとおもったかもしれません。

 

ただ幸い、うちはそうではなかったので私も含めて

雛人形があってよかったと思っているんだと思いますけどね。

 

初節句ということを殊更にこだわる方がいるのは

事実かもしれません。

ま、言ってみれば初めては一回だけですからね。何でも(^^;

 

初節句をどう過ごすかより、その後の何十年を

どんな気持ちで迎えるのかということの方が

大切な気がするんですが。。。

 

雛人形は二人目でも必要?

ここからは私は未体験です^^娘が一人しかいませんので。

息子がおりますが、息子にも五月人形を買いました。

一般的には、雛人形というのは一人に一つというのが

望ましいとされているんだとか。

 

でもね、ほんと、安くないです(^^;

 

だから先程と同じように、必要とまでは言えません。

必ず、ではないと思うのです。

 

でも、お姉ちゃんのお人形があるなら、

妹だって欲しいと思いますよね。

 

お姉ちゃんで無理して買ったのなら、

妹でも無理して買うでしょう。私なら。

 

ただこれ、飾るスペースというのも結構大変なんですよね。

 

例えば我が家の場合ですが、嫁も自分の人形を飾りたがるのです。

つまり、うちには娘は一人ですが、人形は2セット飾ります(^^;

全然広い家でもないのに、ですよ。ハッキリ言って足の踏み場もありません。

 

それでも、何となく大事な人形を一年に一度、

愛おしそうに飾る姿を見ているのは良いものです。

相手が何であれ、何かを大切に扱う姿は良いものですよね。

 

しかも飾ると雅な感じもしますし、何より日本の春を感じます。

二人も三人も娘さんが出来てしまったら大変かと思いますが、

それでも是非買ってあげて下さいね^^

 

雛人形が必要かのまとめ

雛人形にはいろんな意味があるようです。

災いを引き受けてくれるというお守りの意味合いがあるとか

言われると、親ならやはり絶対必要なんだと不安に駆られますよね。

 

でも、ないと不安だから、というのも違うと思います。

 

必要でも不必要でもありません。ないと不安というのも違います。

 

あると気持ちよく、楽しいものです。家庭にも娘さんの人生にも、

彩を与えてくれます^^

部屋に花が飾ってあると気持ち良いですよね。あれと同じ。

 

なくても構いません。でも、あると気分が華やいだり、

気持ちが優しくなったり、季節を感じたり出来ます。

 

まずは必要とか不必要とか物質的な観念を忘れて、

あったらどんな気持ちになれるか、を考えてみるのも

良いのではないでしょうか^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ