花粉症で皮膚のかゆみが耐えられない!かゆいとき全身に効く漢方とは?

スポンサードリンク

花粉症の季節。嫌ですね(^^;

私もかつてはバリバリ花粉症の人だったんですが、

近年は色々と策を講じて随分マシになりました。

 

ただ最近、花粉症の季節になった時に

いわゆる一般的な花粉症の他にも

症状が出てくるという人がいるというのです。

 

今まであまりスポットの当たらなかった花粉症の症状ですが、

色々と聞いてみると結構こういう方はいるようなので、

何か得策はないものかと思い調べてみました。

 

スポンサードリンク
  

花粉症で皮膚のかゆみが酷い!こんなことある?

花粉症と言えば、代表的な症状として

目のかゆみや鼻水、くしゃみ、鼻づまりでしょうか。

 

私も花粉症デビュー間もない頃というのは、

まさしくこれらの症状にさんざん悩まされましたが、

年々新しい薬やら対処法やらが開発され続け、

私だけでなく多くの人が今となっては

随分いろんな対処が出来るようになっていますよね。

 

なので一般的ないわゆる花粉症的な症状

シーズンになっても随分抑えることが出来ているような気がします。

 

ただ、最近私の周りで何人かに話を聞いたのですが、

花粉症になると鼻水や目のかゆみの他に

どうしても皮膚がかゆいということがあると言うのです。

 

何となくそういわれるとそんな気がして来て、

私もかゆみが出て来ました(笑)。

 

花粉症で皮膚のかゆみが出てくるなんてことあるのかと思って

聞いてみたら、意外にそういう人がいるということがわかったんですよね。

 

どうやら

花粉症皮膚炎

と言うらしんです。つまり、れっきとした花粉症の症状なんですね。

 

花粉症で皮膚のかゆみを起こす花粉症皮膚炎は、

他の花粉症の症状と同じくアレルギー反応なのです。

 

花粉症で身体がかゆい!全身かゆい時の対処法は?

ま、この際何でも良いんだけど、

何にしても花粉症で身体がかゆいなんてのは耐えられませんよね。

 

そういう場合はいわゆる全身かゆいんです。

 

目や鼻と同じく、花粉によって

皮膚にアレルギー症状が出るわけなので、

対処法と言えるのはやはりアレルギー症状に対するものです。

 

花粉と肌が触れないようにする

何と言ってもこれが基本です。なるべく肌を覆って、

花粉が直接肌に触れる機会を減らすことが一番の対策でしょう。

 

ただ、結局一番かゆいと感じるのはやはり顔だったりするんですよね。

そうなるとなかなか全てを覆ったまま暮らすことはなかなか難しいんですよね。

 

マスクやメガネは必需品です。

対策として「触れない」ことが最も効果的なものとなるはずなので、

とにかく触れる機会を減らせるよう努力してくださいね。

 

生活習慣を見直す

これもよく言われることです。

睡眠不足やストレスを減らす事、あとはなるべく肉中心、

油中心の食生活を改めることなんだとか。

 

これを機会に体質改善出来れば、

健康にもなれると割り切ってしまえたらそれが良いですね^^

 

やはり薬を使用する

アレルギー症状を抑える薬からかゆい所にかゆい時に塗る薬まで、

本当にたくさんの種類の薬が世に出ています。

 

これらはどれも効果的なものばかりですが、

「合う、合わない」が大きいため、

自分に合ったものを探すためにはいくつか試す必要があるでしょう。

 

少し根気が必要かもしれませんが、あなたに合う薬は必ずありますよ^^

 

花粉症のかゆみに効く漢方ってあるの?

これ、実は結構な効果を感じています。あくまでも私は。

花粉症の通常の薬と併用できる漢方もあるんですよ。

漢方薬としては意外かもしれませんが、効果の早いものも実は結構あります。

 

どうしても漢方薬と言うと長く飲み続けて効果を発揮すると捉えがちですが、

そればかりでもないようですね。

 

私個人的には免疫バランスを整えるような漢方薬として

イスクラ衛益顆粒というのが良かった気がします^^

 

花粉症に限らず多くのアレルギー症状が、

ピタリとハマる薬を見つけられるかどうかがカギとも言われています。

 

漢方薬は、信頼の出来る薬剤師さんと出会えるかどうかというのも

大きなカギになるのは間違いないですよね。

 

まずは色々と試してみるほかないかもしれませんね。

 

花粉症のかゆみのまとめ

花粉症と言っても、先ほどもお話したように

アレルギー症状と密接な関係があります。

 

ということで、目のかゆみや鼻水やくしゃみだけでなく、

肌への影響が出ることもあるでしょう。

 

そんな時、どんな対処をするのかは

その人によって効果が異なって来ます。

 

自分の身体とよく相談し、

効果的な方法を見つけて行けると良いですね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ