ホワイトデーがいらないと言われたら?本命の彼女の言葉の意味とは?

スポンサードリンク

 

2月14日はバレンタインデー。

そして、3月14日はホワイトデーです。

 

言うまでもなく、2月14日にチョコレートをもらったら

3月14日にお返しをするというのが一連の流れですよね。

 

ただ私も経験があります。

つきあっている彼女の「お返しはいらない」発言。

これはっきり言って困ります。どう受け止めるべきなのか。

いらないと言われたからナシとして良いものか、

額面通り受け取るべきではないものなのか。

 

ホワイトデーを前にして、お返しがらないと言われたら、

どうすればよいのでしょうか。

スポンサードリンク
  

ホワイトデーにお返しがいらないと言われたら?

男と女というのはやっぱり頭の構造が違うんでしょうかね。

欲しくてもいらないと言ったりするのは

女性特有のもののような気がします(男目線)。

 

2月14日のバレンタインデーにもらったチョコの意味合いが

どうだったのかはさておき、男としては

3月14日にお返しをするというのはある種の礼儀です。

 

いくら日本人が奥ゆかしいと言ったって、

本意と真逆のことを言われたら困ります(笑)。

 

しかもこれ、何が難しいと言って

「意味が人によって違う」

ということです。

 

そんなもんわからんわ!ってなりがちなのが男の人ですが、

それすらワナです(笑)。気を付けてください。

 

女性がホワイトデーのお返しをいらないと言うのは

いくつかのそれなりの理由があるようです。

 

遠慮

世の中はチョコをあげたらお返し、というのが

当たり前という風潮です。

 

となると、あげる側はお返しのことまで頭にあるのかと

思われても仕方ありませんね。

 

先のことを考えるとかえって負担をかけるのが申し訳なく、

日ごろの感謝の気持ちを伝えたいという程度であった場合、

遠慮する気持ちからお返しがいらないと

伝える方がいるようです。

 

そんなにお金を掛けていない場合なども、

気恥ずかしさからホワイトデーはいらないという

場合もあるようですね。

 

社交辞令

かつて私の身近に、なぜお返しがいらないと言うのか

という問いに

「バレンタインにチョコレートを渡すときに

かける言葉が見付からないので」

と言っていた女性がいました。

 

なるほど。それはわからなくもないですね。

 

相手が本命でもなく義理だったりする場合など特に、

何と言ってチョコを渡して良いのかわからない。

確かにそれはあるかもしれません。

 

かける言葉が見付からないから「お返しはいらない」

って、やっぱり女性は難しい。。。

 

キャラ作り

キャラ作り、と言うとキツイかもしれませんが、

「こう見られたい」という願望は

誰でもあるもの。その延長です。

 

何となくそれなりの方から(←重要)こう言われると

「可愛らしい」と思ってしまうのも事実。

 

男性はいつでも掌で転がされてると思った方が

良いかもですね。

 

ホワイトデーはいらないというのが自分の本命の彼女だったら

ホワイトデーのお返しがいらないと言われたら、

女性はもしかするとこんな気持ちなのかも、

ということをお話ししました。

 

ただこれに加え、もっと厄介なのが

自分の本命の彼女からこれを言われた場合です。

 

義理チョコをもらうときにお返しをいらないとか

言われたというなら先ほどお話したような理由

なのかもしれません。

 

ただ相手が自分の本命の彼女となると話は別です。

実際に私も言われたことがあったんですが、

結局のところ、答えは一つ。

 

意味は同じ

 

ということです。

 

遠慮か社交辞令かキャラ作りかはわかりません。

ただそのいずれかでしょう。

 

私が言われた時もそうでしたが、

本命の彼女とは言ってもまだまだ距離が縮まっていない場合

だったということもあってか、なかなか本音の話ができるという

ほどの間柄でもなかったからのような気がします。

 

ということは義理チョコをもらうような関係の相手と

たいしてかわらなかったので、同じように

「お返しがいらない」と言われてしまったのです。

 

で、結局そういう場合はどうしたらいいのか。

 

考える余地はありません。きちんとお返ししてください。

 

これは義理であっても本命であっても同じ。

 

私の場合も、この時の彼女は翌年からは

恐ろしいくらいのプレゼントをねだられました(笑)。

 

つまり言い換えればこれは女性との距離感の裏返し

なのかもしれません。

 

こんなことを言われてしまうということは、

もしかしたらそれなりの距離感を女性の方に

感じさせてしまっているのかもしれませんね。

 

どっちにしても、お返しは、必ずしてくださいね(笑)。

 

ホワイトデーのお返しの意味は?

ホワイトデーのお返しに何を贈るのか。

これは男性ならいつでも頭の痛いところです。

 

私が今まで贈ったことのあるお返しだけでなく、

一般的にお返しとしてよく使われるものについて、

実はそれなりに意味があるって知っていましたか?

 

クッキーは「あなたとはお友達で」
キャンディは「あなたのことが好きです」
マシュマロは「あなたのことが好きではありません」

などなど。他にもマカロンだと「特別な存在」

という意味があるんだとか。

 

ただこれを聞いて思ったんですが、

世の多くの男性はこんなことは知らないと思われます(笑)。

 

確かに私などは脳みそ筋肉のバリバリの男性脳ですが、

周りを見渡しても過去こういうことを

気にしている人をみたことがありません。

 

どうかすると女性だってわかってませんよね?

 

なので深く考える必要はないかと。

だいたい「あなたのことが好きではない」って気持ちを

わざわざ伝えるために贈り物しますか?

 

ホワイトデーのお返しになにをあげたらどんな意味があるか、

などは特に気にする必要はないかと思いますよ。

 

ホワイトデーをいらないと言われたときのまとめ

結局のところ、私の中では

ホワイトデーのお返しはどうあってもするべき

だと思っています。

 

当然でしょ。もらったんだから。

 

頂いたらお返しするのは大人のたしなみです。

 

本当に、本当に気にしないで、って言う人がいた時でも、

本当に気にならないくらいのお返しはするべきだと思います。

 

男性諸氏、頑張りましょうね。女心は難しいんです。

 

そういうものを上回るくらいの包容力が求められていると考え、

あとは深く気にしないようにするのが良いかもしれませんね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ