ゆで卵の殻を綺麗に簡単にむく方法とは?くっつく理由ってなに!?

スポンサードリンク

 

皆さん卵は好きですか?

私は恥ずかしいくらい大好きなんですが、

何となく昔から1日1個と言われていたので

割と頑なにそれを守っていたんですが、

最近ではあまりそれも言われなくなっているようですね。

 

卵は完全栄養食品と言われるくらい、ビタミンミネラル

そしてアミノ酸などの栄養がバランスよく含まれています。

 

本当は卵かけごはんが一番の好物ですが、

ダイエット中ということもあって最近はお米を控えています。

 

それでも卵が食べたい。というわけで私はいつもゆで卵です。

 

ただこのゆで卵、殻を綺麗にむけるときとむけない時とありませんか?

 

殻を綺麗に、しかも簡単にむく方法をご紹介します^^

スポンサードリンク
  

ゆで卵の殻を綺麗にむきたい!

ゆで卵をむいていて、殻の内側に白身が持っていかれてしまい、

ほとんど黄身だけ食べた、なんて経験はありませんか?

 

もちろんこれは大げさですが、殻に白身がついてしまって

ツルンとしたゆで卵にならなかったりするのも

なかなかに切ないものです。

 

ちょっとしたコツを抑えることでゆで卵の殻を

綺麗にむくことが出来るんですよ。

 

ゆで卵の殻をむく方法論ってたくさんあるんですが、

綺麗にむくために一番精度が高いのは、まずは卵の問題ということ。

 

実は、卵があまり新しいと綺麗に殻がむけないようです。

 

これは私の知り合いの卵屋さんも言っていましたが、

どういうわけか新鮮な卵よりも少し古くなった卵の方が

ゆで卵にしたときには殻が綺麗にむけるようなんです。

 

私はこれでほとんど解決しました。

意外ですが、ほとんどの場合はそれでした。

 

ただ最近は、売ってる卵が新しいんですよね。。。

 

当然良いことなんでしょうけど、出来ればゆで卵にするなら

少し古くなった卵が使えたら文句なしに綺麗に

むきやすいゆで卵が出来ます。

 

では卵の鮮度以外にはどんな方法が考えられるんでしょうか。

 

ゆで卵の殻を綺麗にむくコツとは

ゆで卵の殻を綺麗にむくコツ。

そこで大切なのが酢と氷水です。

ゆでるときの水の中に酢を入れること。

そしてゆで上がったら、すぐに氷水の中に入れて一気に冷やすこと。

 

これでまず綺麗にゆで卵の殻をむくことが出来ますよ。

 

ゆで卵の殻を簡単にむくには?

いくら綺麗にゆで卵の殻をむくことが出来たと言っても、

時間がかかって大変ではあまり意味がありませんよね。

 

基本的には綺麗にむくことが出来る場合は

簡単にむくことが出来るものだと思いますが、

ごくまれにそうでもない時があります。

 

ということはつまり、

「綺麗にむく」ことと「簡単にむく」ことは

別のことなんでしょう。

 

それでも「簡単にむく」ことが出来る場合は、

基本的に綺麗にむくことが出来ます。

 

方法① いきなりお湯からゆでる

一般的には水につけた卵を沸騰させるというのが

ゆで卵の作り方とされているかと思いますが、

冷蔵庫から取り出した卵をいきなり

沸騰したお湯に入れることで一気に加熱します。

 

 

方法② 卵の殻に小さな穴を開ける

ゆでる前に、卵の殻に画びょうなどで小さな穴を開けます。

これにはこんな素晴らしいグッズが市販されています。

 

 

すごいですよねコレ。こんなものが売られていることに驚きです。

が、先ほどもお話したように画びょうなどでも構いませんよ。

私はおもしろ半分でからむき上手を手に入れてしまいましたが。

 

ゆであがったら、先ほどの方法①の動画のように殻をむいたら、

これまたびっくりするくらい綺麗に簡単にむけますよ^^

ゆで卵の殻がくっつく理由っていったい何!?

ゆで卵の殻を綺麗に、簡単にむく方法をご紹介しました。

ただ、結局のところゆで卵の殻がくっつく理由と言うのは

一体何なんでしょうか。

 

実は卵の殻というのは、固いように見えても

細かい穴がたくさん開いています。

 

その穴から、卵の白身の部分に含まれている二酸化炭素

殻の外に出ていくのですが、その二酸化炭素こそが

卵の殻をきれいにむくことを邪魔しています。

 

白身に含まれた二酸化炭素はゆでることで膨張して

白身を殻に押し付けます。

結局はそれが原因で白身と殻が密着してしまい、

殻がむきにくくなってしまうのです。

 

先ほどお話したように、少し古い卵をゆで卵にすると

殻がむきやすくなるというのは、その白身の中の

二酸化炭素が抜けているからです。

 

まずは二酸化炭素をしっかりと抜いてから

ゆで卵にすることで、白身と殻がくっつきにくい

ゆで卵を作ることが出来ます。

 

そしてその時間は、5日ほど。

冷蔵庫の中で5日ほど寝かせることが出来たなら、

白身の二酸化炭素はきちんと抜けていることでしょう。

 

まとめ

ゆで卵を美味しく食べる方法をご紹介しました。

殻をツルンとむいて、綺麗な白身の

ゆで卵が食べられたら食欲も増しますよね。

 

私は半熟よりも固ゆでが好みですが、

いずれにしても今日ご紹介した方法で

殻は綺麗にむくことが出来ます。

 

ぜひ一度試してみてくださいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ