お腹にガスがたまるのが苦しい!ガス抜きに効果的な食べ物とは?

スポンサードリンク

 

お腹にガスがたまるという方はいませんか?

結構痛いし、何よりも不快。

お腹が張る状態が続くことで食欲不振になったり

ストレスを抱えたりしますよね。

どうかすると動くことすらおっくうになります。

 

しかもこれ、昔は女性特有のものという認識だった

んですが、聞いてみると意外に若い男性などでも

お腹のガスに悩まされている方がいるようです。

 

どうすれば良いのでしょうか。

お腹にガスがたまる場合の対処についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

お腹にガスがたまるときはどうすれば良い?

お腹にガスがたまる。

こういう経験がある方は実は結構いらっしゃるようですね。

基本的には便秘などと同様で女性に多いもののようですが。

 

ただこれ、経験した方はわかると思いますが

結構辛いんですよね。

まして慢性化している方もいるようで、

ずいぶん不快に思っている方は少なくないようです。

 

なぜお腹にガスがたまるんでしょうか。

 

何か食べる際に空気を飲み込む

まずは一番の原因がこれ。

お腹が張ってしまうようなガスには2種類あって、

口から飲み込むものと腸の中で作られるものがあります。

 

中でも大きいのはやはり何か食べるときに

一緒に空気を飲み込んでしまうことにあるようですね。

 

例えば私のように早食いの人。

こういう方は食べ物と一緒に飲み込んでしまう空気の

量が多くなるため、どうしてもガスがたまりがちです。

 

勢いよく食べますよね。だからです(笑)。

 

腸の動きが悪い

例えば女性は、女性ホルモンの影響で

体がむくみやすくなる時がありますよね。

 

このとき、同じように腸もむくむため、

動きが鈍くなってしまってガスがたまるようになります。

 

また、睡眠不足などは自律神経に影響し、

腸の活動を妨げて働きを低下させてしまいます。

 

これも同じように、食生活などが荒れることで、

腸に影響しガスがたまりやすくなります。

 

ストレスや冷え

ストレスは先ほどと同じように腸の働きに

影響を与えます。

 

あと、私も初めて知りましたがストレスが原因で

物を食べる時に空気を飲み込む癖がついて

しまいがちなんだとか。

 

そして体が冷えていても腸の動きが悪くなります。

好んで冷たい飲み物ばかりを飲むような人も

体が冷えやすいため、腸の動きを制限して

ガスがたまりやすくなります。

 

これらは日常的な生活習慣となりますが、

そのせいで腸内環境は悪化、腸内ガスが常に

たまっている状態になってしまうのです。

 

お腹のガス抜きにおすすめの方法とは?

結局のところ、先ほどお話したように

腸の活動が大きく影響をしているようです。

 

と言うよりも、腸に頑張って活躍してもらえれば

症状は抑えられそうですね。

 

というわけでおすすめは、

何しろ腸を動かすということ。

 

腸を動かす体操としてポピュラーなものをご紹介します。

 

①仰向けに寝て、両膝を抱えます。
②そのまま息をたくさん吸って、おなかを膨らませます。
③息を吐きながら抱えた両膝を胸に抱き寄せます。
④③の状態(おなかを圧迫した状態)のまま5回呼吸する。
⑤体を緩め、元の仰向け状態に戻る。

 

出来れば③の状態で頭を上げてお尻もなるべく

上げることで、より効果的なんだとか。

 

これらが難しいと感じる方は、

シンプルにツイスト運動でも良いようです。

 

立ったままでも、寝転がっても良いですが、

下半身を右に左にツイストです。

 

ゆっくり、2~3分ほど繰り返してくださいね。

 

お腹にガスをためない食べ物とは?

何と言ってもお腹にガスをためない生活習慣を

身に付けることが、何よりの予防になります。

 

それには先ほどのような腸の活動を促す体操の他に、

そもそもの原因を作らないことが大切ですよね。

 

空気を飲み込んでしまうことを減らすには、

早食いを改めること。

そしてその原因がストレスなら、その解消が

必要ですよね。

 

暴飲暴食や不摂生だけでなく、

お腹にガスをためやすい食べ物というのもあります。

 

それはよく言われるイモ類。

昔からイモとおならは直結していたイメージですが、

やはりガスを増やすこともあるようですね。

あとはご飯、お米です。

 

これらの食べ物でガスが増えるということの考えられる方は、

やはり気を付けると良いかもしれませんね。

 

まとめ

お腹にガスがたまるというのは困りますよね。

私のようなオッサンの場合はこっそりガス抜きしたりして

しまっていますが、さすがに女性は難しいかもしれません。

 

まずは自分の生活などを見直して、

ガスのたまらない習慣を身に付けるのが良いかもしれません。

 

腸を動かすことを意識させるだけでも随分違うようですよ。

 

ぜひ心がけて見てくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ