入学祝のお返しって本当にいらない!?そんな時には手紙がおすすめ!

スポンサードリンク

 

春は新しい門出のシーズンですね。

うちも親戚の子が小学校に入学するので、

何をお祝いに贈ろうか考えているところです。

 

我が家では何度も子供たちは入学と卒業を

繰り返しているので過去に入学祝を頂いたことも

たくさんありますし、こちらから贈ったこともあります。

 

ただ今回のように初めて我が子が入学する、

というような場合は、やっぱり親としても

感慨はひとしお。嬉しいものです。

 

そして基本的には、

何か頂けばそれなりのお返しをするというのが

人間社会のマナーと言うものです。

 

となるとそんなときに付き物なのが、

 

どんなものを?

いくらぐらい?

いつ頃?

 

なんて悩みです。

 

うちでは過去何度も贈り贈られた入学祝ですが、

実際にはみなさんお返しなどどうされているのでしょうか。

 

スポンサードリンク
  

入学祝のお返しって本当にいらない!?

入学祝のお返しはいらないと言われています。

これがどうしてそう言われているのかご存知でしょうか。

 

そもそも入学祝というのは、

家族だったり兄弟だったり、親戚のごくごく近しい仲で

贈られていたものだったんですね。

 

つまり、例えば友人だとか会社の関係だとか、

それくらいの関係性で贈られることはなかったということです。

 

そんなこともあって、

入学祝のお返しはいらない

と言われているんです。

 

親兄弟の中での贈り物というのなら、

お返しをするというのも違うのかもしれませんね。

 

それともう一つ。

 

そもそも入学祝って、誰に贈るものなんでしょうか。

入学する本人に対して贈るものであって、

その親に贈るものでもありません。

 

もともとはあくまでも入学する子に対して贈るもの

なんだとすると、確かに子供の力では

お返しが出来るはずもありませんね。

 

そんなこともあって、一般的には

入学祝のお返しはいらない

と言われているのです。

 

これはあくまでも一般論。

 

ただ、ただですよ。

実際にはどうでしょう。

 

例えばうちの場合ですが、

入学祝として頂いたもので多かったものが

いわゆるお金。

入学祝金という形です。

 

それを小学校入学の我が子が管理できるはずもなく、

実際には管理するのも親ですし、

お祝いそのものは親の方に頂いています。

 

「まあ確かに頂きましたが入学祝にお返しはいらないと

言われていますので、お返ししませんよ」

 

というのも親として、大人としていかがなものかと。

そう考えたらやっぱり

何かお返しをするべきじゃないかと思うんですが。。。

 

入学祝のお返しには手紙を書こう!

先ほどもお話したように、入学祝にお返しは必要ありません。

それが一般的なマナー。

 

だとするなら、たとえ入学祝をいただいたとしても

お返しをする必要もなく、

マナー違反と言われることもないでしょう。

 

なのでやっぱり入学祝のお返しは必要ないんです。

私もうちの子が入学祝を頂いたときにいろいろと調べたら

そう言われていたので、お返しをしないものかと思っていました。

 

でも、入学祝を贈る側になったときにあることに気が付いたんです。

 

先ほどもお話したように、

入学祝を贈るというのは、あくまでも親兄弟、

近しいごく一部の間柄においてのみ行われることなんだとしたら。

 

入学祝を贈る側も、贈る必要がないのに贈っているのです。

 

そう気が付いたんですよね。

マナーからでも義務からでもなく、

あくまでも気持ちから贈ってくれるものだったわけです。

 

そんな相手に対して、

マナーで返すというのは違う気がしませんか?

 

そんなことに気が付いてから、

私は入学祝に対しては必ずお返しをすると決めました。

 

入学祝のお返しは何が良い?

そんなこんなで入学祝のお返しは

するべきであると私は決めました。

 

が、ではお返しとして贈るものは

どんなものが良いのでしょうか。

 

あくまでも入学祝は入学する子どもが主役、

という原点に立ち返ってみましょう。

 

入学祝を贈る側は、

実際どんなものを贈るのが良いかというのは結構悩みます。

 

そこでどんなものに使ってもらってもいいように、

入学祝金という形で贈るというのは

私も経験上、よくわかります。

 

通常贈り物に対してのお返しは半返し、

みたいな考え方もありますが、あくまでも

入学祝を子供に頂いている、と考えると

せっかくのお祝いの気持ちに対して応えるのも、

子供主体で行きたいと考えたんです。

 

入学祝のお返しには手紙を!

そこで子供らしく、

お金を使わずに気持ちで応えられることを、

と考え、手紙を書くことにしました。

 

これははっきり言っておすすめです。

本当に、凄く凄く喜んでいただいています。

 

手紙には字の書き方から文章の内容まで、

いろんな要素が詰まっていますよね。

 

小学校の入学祝に対してのお返しの手紙と

高校の入学祝に対してのお返しの手紙を比べると

成長の度合いを感じてもらえることが出来ますし、

書く子供の側の感謝の気持ちも

育むことが出来ているような気がしています。

 

何か品物を贈ったり、商品券でお返ししたりするよりも、

よっぽど心と気持ちの交流に繋がるような気がします。

 

入学祝のお返しにその他のおすすめは?

入学祝のお返しとして贈るものが、

手紙だけでは・・・と考える方もいます。

 

それもわかります。

ただ私の経験上、手紙をお返しする形で

満足いただけたことは本当に多いのでおすすめですが、

気持ちの伝わる贈り物であれば

何か品物を贈るのも良いでしょう。

 

写真

これも手紙と似たようなものになってしまう

のかもしれませんが、例えば入学式の写真などは

喜んでもらえました。

 

あくまでも入学祝という特別なお祝いに対する

お返しと考えれば、これも良いでしょう。

 

双方を繋ぐゆかりのもの

例えば入学祝を贈ってくれた方と

入学する子供との接点やエピソードがあれば

それにちなんだものを贈るのも良いですね。

 

お祝いしてくれた方と入学した子供が

一緒に食べた大好きな食べ物や、

子供に考えさせたプレゼントなどは喜んでもらえます。

 

旬の食べ物や人気のスイーツなど

話題になっていたり旬のものだったり、

地域の特産物などの限定の食べ物を

実際に子供と一緒に持って行って、

一緒に食べたりするのも良いですね。

 

なかなかゆっくり会えない人にも

この機会にご挨拶がてら顔が出せれば、

最高のお返しとなります。

 

入学祝のお返しのまとめ

入学祝のお返しに限りませんが、

やはり贈り物には気持ちが付き物ですよね。

 

お話したように、よっぽど近しい関係でなければ

贈る必要のない入学祝を、わざわざ贈ってくれる。

これは、気持ちがなければ出来ないことです。

どうかすると、気持ちだけでやっていることです。

 

これに対しては、やっぱり気持ちで返したいですよね。

 

お金を掛けなくても構いません。

子供の成長に対する感謝の気持ちや

見守ってくれることに対する感謝の気持ちだけを

伝えられれば、それで良いでしょう。

 

心温まるやり取りが出来ると良いですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ