アウトドアの日よけに最適コンパクトでワンタッチなテントをご紹介!

スポンサードリンク

 

アウトドアを敬遠する理由の一つが、

やはり日射しです。

 

うちの嫁なんぞは生粋のアウトドア愛好者ですが、

それでもやはり日射しの強いのだけは嫌います。

 

やはり女性は日焼けすることを嫌う人が多いんですよね。

うちの嫁なんぞはサーフィンするくせに

日焼けだけには気を使うんです。

 

ま、それくらい、どんな方でも日焼けを気にするんでしょう。

 

そういうわけでアウトドアと言って真っ先に女性が気にすること、

それが

「ちゃんと日よけが出来るか」

ということです。

 

反対に言えば日よけ対策をしっかりしてあげれば

結構アウトドアにも付き合ってくれるものです。

 

そこで私がおすすめの日よけグッズをご紹介します。

スポンサードリンク
  

アウトドアの日よけでコンパクトなものは?

特別キャンプしたりバーベキューしたりする場合以外でも、

アウトドアに出なくてはならない状況ってありますよね。

 

公園に遊びに行っても、川に釣りに行っても、

潮干狩りなんてのもそうですね。

 

例えばうちの嫁は割と参加型ですが、ママは見てるだけで

パパと子供たちだけで、なんてことだって多いはず。

 

そんなとき、ママは大変です。何せ日よけしなくちゃ

ですからね。

 

ただキャンプやらバーベキューならまだしも、

ちょっとしたレジャーでの日よけとしては

あまり大げさなものも考えもの。

 

つまり重宝するのは「コンパクト」なものです。

 

そこでまずはおすすめがこちら。

 

 

 

何と言っても持ち運びが簡単で、何よりもコンパクト。

コンパクトであるということは大切です。

基本的に大掛かりなキャンプでもない限り、

必須条件としてはいかに持ち運びがしやすいか、ということ。

 

こちらをはじめ、持ち運びの良さというのが一つの

キーワードとなります。例えばお店で売っているものを選ぶ

時でも、必ず「持ち運ぶときの状態」「広げたときの状態」

というのを確認するようにしてくださいね。性能は同じでも

随分かさばるものは、実際にあるんです。

 

アウトドアで使う日よけでワンタッチで使えるものって?

コンパクトであることと同様に、こちらも大切なのが

ワンタッチで取り出せるか、ということです。

 

これまた大掛かりなキャンプにもなれば

準備することもイベントの一つ、楽しみだったりします。

 

が、今回は目的が違いますよね。あくまでも日よけです。

 

となると手軽さというのが大事。そんなときはこちら。

 

 

 

使うとわかります。ワンタッチというのがいかに快適か。

コンパクトということもそうですが、あくまでも

大切なのは手軽さなんですよね。

 

先ほどもお話しましたが、特にお店でどれにしようかを選ぶ際

には持ち運ぶときの状態を確認して欲しいところです。そして

もう一つ大切なのが、この「設営の仕方」。これがこのように

ワンタッチでないと実は結構めんどくさいんです。

 

お店で選ぶときにはそこも気にして見るようにして下さいね。

 

アウトドアの日よけにも効果を発揮するテントとは?

最近のアウトドア向けの日よけとなると、UV効果の高いものは結構多いです。

こちらは日よけのテントとしては効果抜群の紫外線99%カット。うちは海水浴で重宝しました。

子供が大きくなってくるとちと厳しいかもですが。

 

 

まとめ

アウトドアでうまく日よけを作れるかというのは、

実は疲労とも関係してきます。

 

強い日差しを浴び続けると疲れるというのは

ご存知の方も多いかもしれませんが、

結構大きく疲労が違うんですよね。

 

なので私のように特に日射しが嫌いでもなく、

日よけなんて全く必要ないように見えるオッサンでも、

最低限の日よけはしています。

 

どちらか言うと日焼けしたい方ですが、

一日日焼けするようなことをすると

ぐったり疲れてしまいます(笑)。

 

なので、特に日よけする必要のない方でも、

大人のたしなみとして(笑)アウトドアでは

日よけすることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ