半身浴でも汗かかないので寒い!上半身を温めれば寒い日でも快適!?

スポンサードリンク


半身浴、やったことありますか?

何となく誰でも一度くらいは

試してみたことがあるのではないでしょうか。

まあそれくらい、ポピュラーな言葉ですよね。

 

私もしばらくやっていたことがありました。

ダイエットに良いと思っていたんですね。

 

ただ色々聞いてみるとあまり

ダイエット効果はないようです。

確かに成果は得られませんでしたが。。。

 

私も経験がありますが、効果以前に

寒いのなんのって・・・。

 

半身浴で寒い思いをしている方に、

せっかくの半身浴を楽しむコツを

ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク
  

半身浴をしても汗をかかないので寒い!どうすれば良い?

そもそも半身浴というのは何故するのでしょうか。

私はダイエットに効果がある、と信じて始めました。

めちゃくちゃ汗をかくと。岩盤浴みたいなものだと。

 

汗をたくさんかく = 痩せる

 

単純にこう思っていたんですね。

 

実際には

「全くダイエット効果はない」

と言うわけでもないようですが、

ダイエットの効果を得るくらいに

半身浴をするというのは

随分時間がかかりそうです。

 

ではその半身浴、何に効果があって、

どうなるんでしょうか。

 

疲労回復

そもそも半身浴って少しぬるめのお湯で、

とよく書いてありますよね。

 

ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、

副交感神経を優位にします。

 

これはリラックス効果を呼び、

疲労回復に効果を発揮します。

 

デトックス効果

これはある程度の習慣化が必要かも

しれませんね。

 

何だかんだ言ってもなかなか毎日

汗をかかない生活をしている人が

多いのではないでしょうか。

 

汗をかく習慣を作ることで、

リンパや血流の流れがよくなり、

かく汗の質が良くなります。

 

それによって体内からの毒素や

脂肪分が排出できるようになります。

 

体質改善に繋がる

私のように汗をかきさえすれば

痩せると安易に思っている方も

多いと思います。

 

実際にはいろんな人に聞いてみると

「効果がない」などの意見は多数。。。

 

ではダイエットに効果がないのかと言えば、

あながちそうではありません。

 

一回の半身浴での消費カロリーを考えれば

それが直接ダイエットには繋がりませんが、

半身浴を習慣化することで血流はよくなり、

痩せやすい体を作るのに役立つのは間違いありません。

 

「痩せやすい体質」になることが

一番のダイエット。そうなってしまえば

当然太りにくくなります。

 

つまり半身浴とは、すぐに効果のでる

ダイエットではありませんが、

続けることによる体質改善効果で

ダイエットに繋がるのです。

 

そもそもお風呂に半身しか

つからないわけですから、どうかすると

ただ寒いだけです。

 

せっかくの半身浴を、寒いだけで

終わらせないようにしたいですよね。

 

半身浴のとき寒い上半身はどうすれば良いの?

半身浴の効果はおわかりになられましたか?

体の中の脂肪分や老廃物、有害物質、

余計な水分などなど、

体外に排出してほしいものは

たくさんありますよね。

 

半身浴はそれを排出することで

体質を改善して、

ダイエット効果やむくみ改善、

デトックス効果に大きな役割を果たします。

 

ただこれ、私には結構難しかったんですよね。

そう。寒いんです。上半身が。

これ聞いてみると、結構同じ経験談を

お持ちの方に出会えます。

 

私は普段、42℃くらいのお湯を

沸かしてお風呂に入ります。

 

最初、熱いくらいから入って、

徐々に慣れてくるという感じ。

 

でも半身浴となると、一般的に

38℃くらいから40℃くらいまで

と言われます。

 

それが寒いんです。体が温まる、

というところまで至りません。

 

下半身は38℃の言ってみれば「ぬるま湯」

で上半身はそのまま裸、となると、

一般的に言われている

「半身浴の時間」

である30分ほどが経っても、

上半身は寒いままです。

 

とてもじゃないんだけど

汗をかくまでもない、というのが

私の半身浴でした。

 

私はあんまり健康じゃないんだな、

くらいであきらめていましたが、

どうやらやり方が間違っていたようです。

 

浴室を暖める

結局は、こういうことです。

室温が低ければ、少しぬるめの

お湯に入ったところで

汗をかくまで至りません。

 

そりゃそうでしょ。確かに確かに。

 

なのでまずは浴室を暖めることです。

浴室暖房を使ってまずはじっくり

暖めてから、入るようにしましょう。

 

浴室暖房がない場合は、

湯船の蓋を開けておくだけでも大丈夫です。

 

それによってお風呂のお湯が

冷めてしまうので、入る前にはきちんと

湯温を調節してくださいね。

 

入る前に水分を摂る

まあこれも当然と言えば当然。

水分をきちんと摂取していなければ

汗は出ません。

 

加えて、水分ばかりが体内から出てしまうと

かえって血液ドロドロになるんだとか。

 

コップ1杯で良いので、

水または白湯などを飲んでから

入るようにしましょう。

 

実際、私でもこの2点を守ったら

見事に25分くらいでビッシリ汗を

かくようになりました。

 

しかもやっぱり、ポカポカが持続します。

 

寒いと感じないで済む方法が

ちゃんとあるので、これでぜひ

半身浴をしてみてください。

 

寒い日に半身浴をするコツとは?

そもそも私たちの体は、

やはり季節に応じて

変化してくれているようです。

 

当然と言えば当然ですが、

夏の方が汗をかきやすい。

 

これはやはり日ごろから

汗をかいているせいで

汗が出やすくなっていると

いうことがあります。

 

どちらか言えば寒い日の方が

半身浴と言っても

温まりにくいのは確かです。

 

そんなときはどうすれば良いのでしょうか。

 

浴室をしっかり暖める

これが大切です。ただ面白いもので、

夏場と同じ温度設定では

やはり効果は出にくいです。

 

夏場よりも冬の寒い日には

より暖める必要があり、

外気温とのギャップを埋める

必要があります。

 

お湯の温度を上げる

こちらも夏場と比較すると

冬の場合はお湯の温度を

高めに設定する必要があります。

 

夏場で36℃から38℃。

冬場は38℃から40℃。

 

それでも寒ければ

41℃くらいでも良いと思います。

 

タオルをかける

下半身はお湯に浸かっているので

良いとして、やはり寒いのは上半身。

 

まして寒い日となると

余計に寒くなりますよね。

 

そんなときは、肩にタオルなどを

かけるのが良いでしょう。

 

ただこれ、タオルを濡らさないことです。

濡れるとじきに冷たくなって逆効果なので、

そこは気を付けてくださいね。

 

入浴剤を使う

実はこれがすこぶる効果的です。

意外に入浴剤って効果あるんだなあと

実感します。

 

より体が温まる効果のある入浴剤を

探して入れてみてください。

 

おすすめはこちら。

特に寒い日に「温まる」ことを目的と

するなら最適です。

 

 

 

種類がたくさんあって、

飽きが来ないのもミソです。

 

まとめ

結局のところ、わたしのように

「半身浴って寒い」

と思っていたのはそのやり方が

間違っていたということでした。

 

きちんとしたやり方で半身浴をすれば、

やはり体は温まるし、それはしばらく続きます。

長い時間お風呂に浸かるというのは

なかなかのんびりとリラックス出来る

ということもあって、私には

ストレス解消にも効果的。

 

今更かもしれませんが、

寒いのでなかなか半身浴を敬遠していた方には

是非、オススメしたいところです。

 

試してみてはいかがでしょうか^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ