母の日と誕生日が近い場合や一緒の場合はどうする?どっちでプレゼント?

スポンサードリンク

 

今年、私の会社の後輩が結婚して

初めての母の日を迎えます。

 

結婚したということで今年から

「母」が二人になったんですが、

その義母について、今日話をしていたんです。

 

その義母の誕生日が、今年は母の日なんだとか。

 

ということもあって、

母の日と誕生日が近い場合や

一緒の場合はどうすれば良いのか、

という話になったのですが・・・。

 

スポンサードリンク
  

母の日と誕生日が近い場合、一緒の場合はどうする?

後輩が結婚した嫁ぎ先のお母さんが、

お誕生日が母の日なんだそうです。

 

母の日というのは5月の第二日曜日と決まっている

ので、毎年日付が変わるのですが、今年は

バッチリ同じ日なんだそうです。

 

たまたま今年は同じ日ですが、これからもずっと

「一緒の日」もしくは「近い日」になるわけですよね。

 

なので、

「母の日と誕生日が近い場合や一緒の場合は、

どうすれば良いと思いますか?」

と言うのです。

 

私は簡単に「一緒で良いんじゃない?」と

言いました。なぜなら、うちの嫁は誕生日が

ホワイトデーなので、いつからか

一緒にしてしまっているからです(笑)。

 

ま、新婚さんだし最初のうちは別々でも・・・

でもいずれ一緒にするんだから

どうせなら最初からの方が・・・

 

などなどいろいろ考えて意見してみたのですが。

 

どうやらそういう話ではなかったんです。

 

母の日と誕生日、どっちを優先すべき?

普通こういう相談なら、母の日と誕生日が近いから

一緒にお祝いしても良いか、とか、

新婚からそれだと失礼に思われないか、とか、

そういう心配だと思いませんか?

 

ただうちの後輩の場合は全然違ったんですね。

何を言いたかったのかと言うと、

母の日と誕生日、どっちを優先するべきか?

ということです。

 

つまり、母の日も誕生日もどちらもやる、

ということは決まっていて、イベントとして

どっちをメインに、どっちをサブにするのか

と言うことで悩んでいたんですね。

 

「そんなもん近いんだから一緒に

しちゃえば良いじゃん。

先も長いんだし今からあんまり

気張ると後悔するぞ」

 

などと割とレベルの低い回答をした私に

対し、彼女はこう言ったんです。

 

「例えば誕生日がこの日じゃなかったら

母の日も誕生日もちゃんとやりますよね。

たまたま誕生日が母の日だったから

お祝いしないとか、違う日だったら

お祝いするとかおかしくないですか?」

 

はい確かに。なんと出来た嫁だこと。

つまり彼女としてはどちらもするつもりだと。

ただどちらを優先するべきかで悩んでいると。

 

彼女の言い分として、二つのイベントの違いは

誕生日とは、「お祝い」

母の日とは、「日ごろの感謝を伝えるもの」

なんだそうです。

あまりの彼女の素晴らしさに

だんだん恥ずかしくなってきましたが。。。

 

母の日と誕生日が近いとき、プレゼントはどちらか一つ?

とはいえ、やっぱりいろいろと調べると

世の中的には母の日と誕生日が近ければ、

プレゼントもどちらか一つにするべきかを

検討することは多いようですね。

 

私もそれが一般論かと思います。

うちの後輩は違うようですが。

 

そんな出来た後輩に、母の日と誕生日のどちらを

優先するべきかを聞かれた私は、こう答えました。

 

それなら優先するべきは誕生日。

なぜなら、誕生日はお祝いであり、

お義母さん独自のイベント。

それに対し母の日は、全国のお母さんに

感謝の気持ちを伝えるという、

すべてのお母さんのイベント。

だとするならやはり、唯一無二の

お義母さんの誕生日のお祝いをすること

の方をメインにすべきで、その後で

日ごろの感謝をするのが良いかと。

 

これにうちの後輩は随分納得してくれたようで、

何とか先輩としての面目が立ちました(汗)。

 

まとめ

イベントのすべてがそうですが、

やはり大切なのは気持ちだと思います。

 

イベントだからやらなくちゃいけなくて・・・

ではなく、純粋にお祝いの気持ちや感謝の気持ち

を持っている後輩は素晴らしいと思ったのは事実です。

 

そしてせっかくのこの気持ちを、しっかりと表現したい

と思ったその考えは本当に立派だと思うし、

本来そもそもそこから始まるべきです。

 

イベントは一つのきっかけとして、きちんと

伝えるべき気持ちはしっかり伝えられる

大人になれると良いですね。

 

私も頑張ろうと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ