さばの缶詰は健康に良い?悪い?結局ダイエット効果は期待できるの?

スポンサードリンク

 

サバの缶詰の話です。

そもそも私は、ダイエット法として

サバの缶詰の話を聞きました。

 

つまり、サバの缶詰を食べることで

ダイエット効果が期待できると。

 

そもそもこれは「みんなの家庭の医学」なる番組で

やっていたとかで、しばらくはちょっとした

ブームになっていたくらい、ダイエットとして

認知されていた時があったことを覚えています。

 

さばの缶詰に脚光が当たったのは

私の中ではこれが原因だったんですが、

よくよく聞いてみるとダイエットだけでなく、

健康にさばの缶詰が良いとも聞きました。

 

本当なんでしょうか。いろいろと

調べてみましたのでご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

さばの缶詰は健康に良い?

私の場合、まあ痩せられるに越したことはないですが、

どちらか言うとオジサンなんで

ダイエットより健康に対する影響を

考えてしまいがちです。

 

なのでさばの缶詰が健康に良いと聞いて、

もし本当に健康に良いというなら

試してみたいというのがありました。

 

そもそもさばの栄養とは、どんなもので、

どんな効果があるんでしょうか。

 

DHAがたっぷり

まずは何と言ってもこちら。DHAです。

DHAとは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれる、

不飽和脂肪酸の一種です。

 

もともとこれはさばやイワシなどの

いわゆる青魚にたっぷり含まれていて、

我々日本人はそれらの魚をたくさん

食べていたためたくさん摂取出来ていた

んですが、近年肉食が増えて、

摂取する量が減っているんだそうです。

 

そのDHAの効果が何しろ凄い。

 

♦中性脂肪・コレステロールの低下

♦血液をサラサラにして、動脈硬化を防ぎ、血栓が作られることを抑制する

♦血圧を下げる

♦認知症予防

♦学習能力・記憶力向上

 

ざっと言ってもこれだけですが、

これらの効果があるだけで

どれだけの生活習慣病が回避できることか。

 

それを考えただけでも、DHAは

しっかり摂る必要があると言えます。

 

EPAもたっぷり

EPAというのも、

エイコサペンタエン酸と呼ばれる

不飽和脂肪酸です。

 

これまたDHAと並んで凄まじい効果を発揮する、

いわゆるオメガ3脂肪酸です。

 

オメガ3脂肪酸とは、

細胞が正しく機能するために不可欠

と言われ、これらを意識して摂ることが

推奨されているんです。

 

こちらもDHAと同じく、

血圧や中性脂肪に直接効かせるはたらき

持っているのです。

 

ビタミンB群やビタミンD

さばに含まれる栄養素としては代表的なものが

先ほどお話したDHAやEPAとなりますが、

その他にもアンチエイジング効果の高い成分も

含まれています。

 

例えばビタミンB群。

これは疲労回復や細胞の再生に効果的と言われ、

代謝を助ける役割を担います。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるため、

骨粗鬆症はもちろんですが、

糖尿病やうつ病の予防などの効果が規定できます。

 

トドメにセレン

さばにはセレンもたっぷり含まれています。

セレンの持つ効果と言えば抗酸化作用

 

身体の中を酸化させる活性酸素から体を守る、

大切な成分です。

セレンは老化防止に力を発揮するミネラルとなります。

 

こんなに栄養たっぷりのさば。

これをきちんと摂れば体に良いだろう、

健康に良いだろうと思いませんか?

 

そうです。さばは健康に良いのです。

 

ただ、私が今回お話しているのは

あくまでも「さばの缶詰」

 

さばが健康に良いのはわかりましたが、

缶詰というのはどうなんでしょうか。

 

もしかして缶詰というのは本当は健康に悪い?

私のようなオジサン世代にとっては、何となく

「缶詰」=不健康

のイメージの方が強いのではないでしょうか。

 

今の時代と違い、

食べ物を日持ちさせるなんてことが

良いことなわけがないという感覚が

もっと強かったような気がします。

 

今は当たり前に何でも日持ちしますが、

昔はそうでもなかったときに出てきたのが缶詰です。

 

缶に詰めたからと言って、

本当に日持ちするようになるのか。

 

何か良くないことがあるんじゃないか。

 

はっきり言って、

最初は胡散臭いと思っていたのは事実だし、

健康に悪いのではないかという懸念を

持っていた人は少なくないのではないでしょうか。

 

と思って調べてみると、

あながちそうではないことがわかって来ました。

むしろその逆です。

 

さばの缶詰が健康に良い理由がいくつかあります。

 

さばの健康成分を守ることが出来る

先ほど、さばにたくさん含まれるという

DHAやEPAのお話をしました。

 

これらの成分の弱点として、

光や酸素で酸化しやすく、

悪くなりやすい

というのがありますが、

新鮮なさばを缶詰にすることで、

DHAやEPAなどの栄養素が酸化することなく、

栄養そのままで長期保存が出来るというのです。

 

さばがそもそも持っている栄養素を、

ほぼそのまま生かすことが出来る

というのは、缶詰の強みです。


 

どうかすると骨ごと食べられる

さばに限らず、例えば普通に焼き魚など

食べようと思えばまず骨は食べませんよね。

 

ところが、さばの水煮のような缶詰などの場合、

骨を取る必要以前に

骨ごと食べられるというメリットがあります。

 

これは骨が柔らかくなっているからで、

いずれにせよ骨を摂ることがしやすいのは

缶詰のメリットと言えますよね。

 

塩分が低い

これは、さばの水煮の缶詰に限っての話となりますが、

一般的に家庭などで作る魚の煮付けを思えば

含まれる塩分は少なくなっています。

 

これでも十分に満足できるくらいのおいしさを

保持できているのも魅力ですよね。

 

というわけで、

缶詰が健康に悪いのではないかという理由を

探してみましたが、どちらかいうとあまり

そういうことはないのかもしれません。

 

缶詰でダイエットするならさばに限る!?

ではダイエットの効果というところは

どうなんでしょうか。

 

結論から言えば、さばの缶詰が

ダイエットに繋がるということはありそうです。

 

とはいえ、さばの缶詰の中でも水煮の缶詰

これに限ります。

 

言うまでもありませんが、

味噌煮となれば味噌を摂ることに

なってしまいますし、

焼いてあったりすれば

それなりに油など

摂らざるを得なくなってしまいます。

 

さばの良い成分だけを摂取するなら、

やはり水煮なのです。

 

水煮であれば先ほどお話した

さばの健康成分は保たれたまま、

体内に入れることが出来ます。

 

そうなるとDHAやEPAは効果を発揮し、

コレステロールの排出だけでなく、

GLP-1と呼ばれる別名「痩せホルモン」

分泌してくれるのです。

 

このGLP-1は、なんと食欲も抑えてくれるんです。

 

加えてDHAやEPAなどの

オメガ3系脂肪酸を摂取して運動をすると、

脂肪燃焼を早めるという結果が出ているそうです。

 

ただ、結局ダイエットはいつもそうですが、

「これだけやってれば」

みたいなことは考えにくいのが確かです。

 

これらさばの効果を発揮させつつ、

運動もすること、食べ過ぎないこと、

などはとっても大切ですよね。

 

そもそもさばの缶詰自体、結構なカロリーです。

 

これだけで何とかなる、ではなく、

うまく摂ればダイエットの足しになる、

くらいの感覚なら

良い結果が期待できるかもしれません。

 

まとめ

色々とさばの缶詰の健康や

ダイエット効果などお話しましたが、

私の場合は何と言ってもさばの缶詰の魅力は

そのおいしさです。

 

さばの水煮の缶詰でも十分に美味しく、

何より缶詰の中はビタミンなどが

溶け出た汁を含んでこちらも栄養抜群です。

 

おまけにこれだけ美味ければ言うことありません。

 

ということで最近さばの水煮の缶詰に

ハマっていた私でしたが、最近さらに

ハマった缶詰をご紹介します。

 

それがこちら。

 

 

ハッキリ言って、絶品です。

 

健康だとかダイエットだとかの詳しいことは、

これに関してはしっかり調べていませんので

わかりません。

 

どちらか言えば、単純に味の問題です。

 

いろいろ考えず、ただ美味しい缶詰が食べたいと

いう方には超絶おすすめです。

 

是非一度試してみてくださいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ