子供の車酔いの対処法とは?なぜか突然発症したり治ったりするのはどうして?

スポンサードリンク

子供が車酔いすると、旅行も遠足も、途端に

楽しいものではなくなってしまいますよね。

 

私も小さいころ、同じクラスに

車酔いしてしまう子がいましたが、

本人がしきりに遠足が憂鬱だと

言っていたのを覚えています。

 

車酔いをするメンバーはいつも同じ。

条件を問いません。

 

同じ子供で、車酔いをする子と

しない子は、何が違うのでしょうか。

 

スポンサードリンク
  

子供が車酔いしないようにする対処法とは?

子供の車酔い。

子供にとっても、その親にとっても、せっかくの

遠足や旅行が楽しめないということに

なりかねませんよね。

 

しかも行楽シーズンにもなれば、

よりその心配は増えてきますよね。

 

すぐに出来る対処法は、

どんなものがあるのでしょうか。

 

①窓を開ける

車の中のにおいなどが原因になることは多いもの。

例えばお菓子などを食べたりすればお菓子の、

子供たちが遊びまわった後は汗のにおいが充満します。

 

いずれにせよ、車の中の空気が澱んでいると

車酔いの原因となります。

 

まずは窓を開け、空気の入れ替えをしてみましょう。

 

②服装を楽にする

例えばズボンのベルトをゆるめたり、

首回りなどのボタンを外したり。

 

少し体をゆるませることでリラックスに

つながって、症状が良くなることがあります。

 

③車を停める

少し車を停めて、車を降りてみても良いでしょう。

 

車酔いになった体と頭をリセットするのが

何よりの対処法かもしれません。

 

④寝る

眠ってしまうことが出来るならそれも良いでしょう。

無理であっても、シートを倒して体を横に

できるだけで違います。

 

出来れば頭を冷やすようにすると、なお良いでしょう。

 

いずれにせよ、早めの対処が必要です。

少し気持ち悪い、くらいで対処すれば治りも早く、

効果的です。

 

あくびが頻発したり、

生唾が溜まるようなことがあるなら、それは

車酔いの初期症状です。

 

子供はなかなか言い出しにくいこともあるかも

しれませんので、早めに意思表示するよう

しっかり話しておくのが良いかもしれませんね。

 

子供が車酔いしやすいのはなぜなのか。

もちろん大人になっても車酔いする方は

いるかと思いますが、そもそもどうして

車酔いをするのでしょうか。

 

耳の奥にある三半規管や、

目で見たもの、感じ取った臭い、

体の締め付けや空腹・満腹などの情報は

脳に集まりますが、車に乗ることで

その情報量が増えるため、

脳が混乱することによって

吐き気などの症状に繋がる

というのが

車酔いの原因となります。

子供が車酔いになりやすいというのは、

脳が発達する途上にいるからということ

なんだそうです。

 

少なくともなるべく体調を整えて、

身体が感じるさまざまな刺激的な状態

少しでも減らすことです。

 

睡眠がしっかり取れていれば

「睡眠不足」という情報は無いし、

過剰な「空腹」や「満腹」を避ければ

それらのせいで起こる自律神経の異常が

負担にはなりません。

 

「車の中の臭い」は無い方が、

「車の揺れ」なども無いに越したことは

ありませんね。

 

そしてもう一つ。私はこれが大きいと

思っているのが

「私はまた車酔いになってしまうかも」

という不安です。

 

これ特に子供の場合はてきめんです。

何となく「車に弱い私」になってしまっています。

今回は臭いのない車だからいつもと違って大丈夫、

とか、

バスの中のここに乗って、窓を少し開けて

ベルトを緩めておけば絶対に大丈夫、

とかいう暗示をかけてあげることも

良い対処法になるかもしれません。

 

子供の車酔いが突然発症したり治ったりするのはどうして?

先ほどもお話したように、脳の発達段階、

つまり脳がまだ未熟なために

車酔いをしやすくなります。

 

これは反対に言うと、脳が成熟してくれば

大丈夫になるということですね。

 

大人になれば車酔いをする人が少なくなるのは

このためで、車に慣れることでも鍛えることが出来ます。

 

いずれにせよ、ずっと続くものではなく、治るもの。

なので、今車酔いに悩まされている子供がいるのなら、

 

いつか治る

もう治ったかも

もうならないくらい大きくなったかも

 

など話をしてあげることで、まずは気持ちの面から

変わって行くかもしれませんね。

まとめ

子供が車酔いになってしまうのは、基本的には

小学生くらいがピークのようです。

 

でも、実際には2~3歳から

車酔いになることがあるんだとか。

 

小さな子供になればなるほど

前兆を本人が把握出来なかったり、

言い出せなかったりしがちです。

 

口数が少なくなったり

顔色が悪くなったりするようなときは、

とにかく早めに気付いてあげて、

対処するようにしてあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

2 Responses to “子供の車酔いの対処法とは?なぜか突然発症したり治ったりするのはどうして?”

  1. 桜*ぽきなー より:

    ためになりましたヘ( .∀・)ノ.∀・).∀・)ノ゙
    ありがとうございます❤

コメントを残す

このページの先頭へ