父の日2018年はいつ?メッセージカードの文例と本当に喜ばれるものとは?

スポンサードリンク

 

父の日が近づくと、

私のような父の側も、贈る側も

いろいろと考えますよね。

 

父の日と言えば毎年あるもので、

言ってみれば恒例行事。

 

となると、やはり今年はどうしようか、

と頭を悩ませている方もいるかもしれません。

 

そんな方に参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク
  

父の日2018年はいつ?

そもそも、父の日はいつなんでしょうか。

2018年の父の日は

6月17日(日曜日)

になります。

 

父の日というのは

6月の第三日曜日

と決まっていますので、

実際には6月15日~21日までの

どこかになります。

 

ちなみに、アメリカやオーストラリア、

イタリアや中国なども同じように

6月の第三日曜日を父の日としていて、

いずれもお父さんに

感謝の気持ちを伝える日となっているようですね。

 

父の日に贈るメッセージカードの文例は?

その父の日。みんな何を贈っているのでしょうか。

私は贈ったこともあれば贈られたこともありますが、

確かにいろんなものを贈ったり贈られたりしましたね。

 

誕生日にも同じように贈ってもらったりしていますが、

もちろんプレゼントだって嬉しいですよ。

基本的には気持ちのこもったものですから。

 

ただ過去一番うれしかったのはやはり

メッセージカードのようなものでしょうか。

 

などと言われても、実際私でも

メッセージカードを書く側になったら

何を書いていいのかわかりません。

 

照れもあってなかなかまとまらない

メッセージカードですが、

どんなポイントを押さえれば良いのでしょうか。

 

何と言っても感謝

いつもありがとう。もちろん鉄板ですが、

色々と文章を考えすぎるあまり

抜け落ちてしまうことがあります。

 

とにかくシンプルにストレートに、

感謝の気持ちを中心にしたメッセージを

心がけましょう。

 

健康の気遣い

感謝の気持ちと同じように添えたい一言が、

体をいたわる一言

健康に気遣ってあげることは

息子・娘としては一番にしてあげたいこと

ですよね。

 

何か健康上の問題を抱えているならなおのこと、

具体的に表現してあげると良いかもですね。

 

名前を呼ぶ

お父さんと呼んでいるならお父さん、

パパならパパ、というように、

呼びかける一言は嬉しいものです。

 

親しみを込めて、呼んであげられると良いですね。

 

これらをふまえ、文例を用意してみました。

 

===================

お父さん、いつもありがとう。

心から感謝してます。

 

大好きなお酒ももう少し控えて、

まだまだ元気でいてください。

 

また一緒にゴルフ行きましょう!

===================

お父さん、いつもありがとうございます。

仕事も忙しそうで良いことですが、

お母さんから腰の調子が

あまり良くないと聞いています。

 

とにかく無理せず、誰かに任せることも

考えてくださいね。

 

いつまでもお元気で、

楽しいお父さんでいてください。

===================

お父さん、心からの感謝を込めて贈ります。

お母さんといつまでも仲良く、

これからは健康にも留意してください。

 

本当に、いつもありがとう。

===================

 

などなど。

 

やはりメッセージカードなので、

文章は簡潔にした方が良いでしょう。

 

短くシンプルに、

精いっぱいの気持ちを込めて。

 

きっと気持ちは伝わるでしょう。

 

父の日に本当に喜ばれるものとは?

私の経験上、父の日に一番喜んでもらえたのは、

一言でいえば「気持ちのこもったもの」です。

 

特に高価でなくても良いですが、

せっかくなら知恵は絞りたいところ。

 

手作りが喜んでもらえるのか、

物ではなくイベントに喜んでくれるのか、

それはやっぱりそれぞれです。

 

何をしたら喜んでくれて、

日ごろの感謝も伝えられるのか、

ということを一生懸命考えることが大切で、

そのプロセスは必ず伝わると思います。

 

父の日に本当に喜ばれるものは、

じっくりと時間をかけて

考えられたものなのかもしれませんね。

 

まとめ

父の日といえば誕生日などと違って、

日ごろの感謝を前面に押し出すものです。

 

ありったけの感謝の気持ちを精いっぱい

伝えるためには何を贈り、

どんな言葉を添えれば伝わるのか。

 

それを一生懸命考える時間が作れたら

何よりのプレゼントになりそうですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ