父の日に義父に贈るプレゼントのおすすめは?メッセージの文例などもご紹介!

スポンサードリンク

 

結婚すると単純に家族や親戚が増えますよね。

今までは自分の親兄弟だけで済んでいたものも、

結婚することによって

結婚相手の親兄弟や親戚との関係も出てきます。

 

迫り来る父の日。

今までは自分のお父さんだけに届けていた

感謝の気持ちも、義父が出来ると

二人分の感謝を

届けることになるのかもしれませんね。

 

自分の父親ではない

義父という少し微妙な距離の父親に、

父の日をどう過ごしてもらえば

良いのでしょうか。

 

スポンサードリンク
  

父の日に義父に贈るプレゼントは何が良い?

父の日に贈るプレゼント。

何となく、実父と義父とでは

少し気持ちが違いませんか?

 

これは特に女性側に多いのかもしれません。

言葉は悪いかもしれませんが、

自分のお父さんなら何となく何でも許されるけど、

義父となるとやっぱり気を遣う

というのが本音でしょうか。

 

まだ結婚されて

初めての父の日を迎えるという方はもちろんですが、

私のように十年以上、結婚してからの父の日を

迎えている人間ですらやはりそうです。

 

そしてどちらか言うと

私よりも嫁の方が義父へのプレゼントには

気を遣っているようですね。

 

今まで私や嫁がプレゼントとして贈って喜ばれたものや、

自分の周囲で評判の良かったプレゼントがこちらです。

 

お酒

これは鉄板。わかりやすく、必ず喜んで貰える

と言っても過言ではありません。

 

結婚したての方、義父との関わりが始まったばかりの方に、

入門編としてオススメできる、ハズレのないプレゼントです。

 

私の場合は義父がゴルフ好きだったため、

ゴルフウェアを贈って喜ばれたこともあります。

コツとしては、少しだけ若い人向けのもの

 

極端に若向けのものはさすがに抵抗がありますが、

「少しだけ」なら潜在的には

誰でも願望として持っているものです。

 

こちら側はこう見ていますよ、という

アピールも含め、

少し若向けのものを選ぶとさらに

喜んでもらえるようです。

 

好きな食べ物

例えば肉が好きなら肉を、

魚介好きなら新鮮な魚介を、

取り寄せて送ります。

 

ここでのコツはやはり送るのではなく、直接手渡すこと

「用意してくれた感」は、なかなか郵送では

味わいにくいものです。

あくまでもこだわりのギフトをチョイスして贈る、

と言う体なので、

それなりにアピールポイントのあるものを選ぶと

話が盛り上がります。

 

食事会

何か物を贈るのも良いですが、

たまには

日ごろ行かないようなところで皆揃って食事

などというのも良いかもしれません。

 

写真を撮ったり、どうかすると泊まったりすれば

素晴らしい思い出になります。

 

いかんせん、お金かかりますが。。。

父の日のプレゼントで意外なものは?健康グッズや健康器具はベタ?

 

父の日に、特に義父という少し微妙な間柄での

プレゼントとなると、やはり気合が入るのは

私だけでしょうか。

 

実の父よりは、やはり「よく見られたい」という気持ちが

働くため、それなりにアイディアを絞りたいところですよね。

 

父の日に義父に届けたいメッセージカードの文例は?

父の日に贈るギフトとしては

先ほどお話したようなものが過去に喜ばれたものです。

 

どちらか言うとやはりお金もかけて、

色々と考え抜いてチョイスしたというものですが、

やはり大切なのはその気持ち

 

基本に立ち返って、

そもそも父の日とは

という話です。

 

日ごろお世話になっているお父さんに、

感謝の気持ちを伝えるという大切な日。

 

そしてこれは実父であっても

義父であっても同じこと。

 

きっちりと感謝の気持ちを伝えることで、

相手も大人として認めてくれるばかりか、

それが安心につながって

さらなる親孝行になるものですよね。

 

となると気持ちを伝えることは大切で、

私は結婚してから、毎年父の日には

プレゼントとは別にメッセージカードを用意しています。

 

私の父には嫁から、嫁のお父さんには私から

メッセージカードを贈ります。

 

そういうことを長年やってきて、

大切と感じることをまとめてみました。

 

らしさを忘れない

まずメッセージカードを贈るあなたが男性なら、

頼もしさを感じるような文章で。

もしあなたが女性なら、優しい言葉を使うのが

良いでしょう。

 

そしてあくまでも、自分のことばで伝えること。

何かの引用のような言葉では、

その言葉がいかに素晴らしくても

想いはつたわりにくくなってしまいます。

 

あなたから出てきた心の声を贈っている、

ということが伝わる文章にしましょう。

 

長く書かない

今回のお話はあくまでもメッセージカード。

便箋3枚、みたいな話になるとそれは手紙です。

 

手紙のようなものを毎年贈られて嬉しいというお義父さんなら

それも良いでしょう。

ただ私なら何となく重いので、手紙をもらうなら

もっと節目のときで良いような気がします。

 

1年に1度の父の日に贈るメッセージとしては、

簡潔ではあるものの日ごろなかなか伝えられない気持ちを伝える、

ということに徹するのが心に残るのではないでしょうか。

 

そしてそれらをふまえた文例をご紹介しますね。

 

======================

お父さん、いつも私たち家族を

見守ってくれてありがとうございます。

 

たくさんの温かい気持ちをいつも受け取るばかりで、

本当に感謝しかありません。

 

これからも体に気を付けて、いつまでも若々しく

優しいお父さんでいてくださいね。

 

======================

お父さん、いつもご心配ばかりかけて

本当にすみません。

 

日ごろの感謝の気持ちをこめて、

ささやかですが心ばかりのプレゼントを贈ります。

 

これからもまたお世話になりますが、

どうぞ宜しくお願い致します。

 

======================

お父さん、いつも本当にありがとうございます。

 

仕事もプライベートも忙しい毎日かと思いますが、

いつも若々しく本当に素敵です!

 

これからもかっこよくて優しい、

明るいお父さんでいてくださいね。

 

======================

 

などなど。

 

父の日に義父に贈るプレゼントのまとめ

実父では照れてしまって

なかなか表現できないような感謝の気持ちも、

義父相手なら表現しやすい、というのは

誰にでもあるかと思います。

 

私もそう思っていましたが、不思議なもので、

義父に向けて感謝の気持ちを一生懸命伝えようと

しているうちに、実の父親に対しても

伝えたくなってくるものです。

 

せっかくの1年に1度の父の日なので、

義父でも実父でも日ごろの感謝の気持ちを

伝えることが出来るなら本当に素晴らしいことです。

 

ちょっと照れてしまって

なかなかストレートに伝えづらいものですが、

あなたも新しい家族を持ったならもう立派な大人。

 

きちんと想いを表現できるようになると、

きっと喜んでくれると思います。

 

最初は気恥ずかしいものですが、頑張ってくださいね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ