梅雨の湿気対策で部屋を快適に!エアコンの使い方やおすすめグッズとは!?

スポンサードリンク

 

そもそも日本の気候というのは湿気が多く、
温度以上に暑いとも言われます。

 

私も夏になると気温と言うよりも
湿気での暑さでやられる地方に住んでいますが、
当然梅雨時期ともなると
さらなる湿気でジメジメが凄いです。

 

特に梅雨時期の湿気対策として、
我が家で効果的だった方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

梅雨の湿気対策で部屋のジメジメとおさらばする!

梅雨になると気になる湿気。
ジメジメと気分が悪い季節になりますよね。

当然のことながら、
梅雨は効果的な湿気対策をすることで、
部屋を快適にして暮らすことが出来ます。

どんな湿気対策が効果的なんでしょうか。

換気

何をさておきこちらです。
今どきの家はマンションでも一戸建てでも
気密性が高く、それが湿気を閉じ込める原因と
なっています。

何よりもそんなときは換気

梅雨の時期は外も湿気だらけだから
換気すると逆効果では?などと思っていましたが、
そんなことはないようですね。

とにかくまめに換気することで、
部屋の中の湿気対策となります。

風を流す

こちらも換気と同じようなことですが、
湿気を留まらせないようにする効果があります。

換気するために窓を開ければ
基本的には風が流れるはずですが、
扇風機などを使用して風の流れを作り、
窓を開ければより効果的な換気となります。

特に我が家はコンクリートのため密封性が高く、
空気が動かない感があります(笑)。

そういう家は特に要注意なんだそうです。
実際、我が家では
洋服ダンスの後ろ側の木が湿気でやられたり、
コンセントが錆びたりしています。

部屋の中の隅々まで風を送ることを心掛けると、
有効な湿気対策となります。

梅雨の湿気対策に効果的なエアコンの活用法とは?

梅雨に限らず、部屋の中の湿気対策として
エアコンを活用されている方も
多いのではないでしょうか。

このエアコンですが、言うまでもなく
湿気対策としては冷房機能よりもドライ機能が効果的です。

この二つ、何が違うのかというと

冷房機能 → 部屋の温度を下げる。
ドライ(除湿)機能 → 部屋の空気中の湿度を下げる。

ということです。

ドライというのは部屋の空気を吸い込んで、
それを冷やすことで含まれる水分を追い出し、
その空気を室内に戻すというものです。

そのドライ機能ですが、最近のエアコンでは
2種類のドライ機能があって、
弱冷房除湿というものと再熱除湿というものがあります。

弱冷房除湿とは?

部屋の温度を下げ、なおかつ
湿度も同時に下げるというもの。

先ほどお話した一般的なドライ機能というのが
こちらです。湿度を下げるために空気を冷やして
含まれる水分を取り出しますが、
その際に冷やした空気をそのまま室内に戻すことで、
湿度も下がりますが温度も下がるというものです。

再熱除湿とは?

こちらは先ほどと反対。
同じように部屋の湿度を下げるにはやはり
空気を冷やす必要があるのでまずは
空気を冷やして水分を取り出すのですが、
その後冷えた空気をもう一度温めなおしてから
部屋に送るというものです。

これにより、湿気だけ下がり部屋の温度は下がらない
ということになります。

エアコンを使うと電気代が・・・と感じてしまうのは
私だけでしょうか。

冷房と除湿の違いは?電気代を比較して高いのはどっち?

ちなみにドライ機能は、一般的に冷房するよりも
電気代が節約出来ます。

そしてドライ機能の中で再熱除湿は、
空気を再度温めるという工程があるため、
電気代はかかってしまうようですね。

うまく使い分けて行けるとよいですね。

湿気対策のグッズでおすすめは?

部屋の湿気対策としてはやはりおすすめは換気

そして先ほどお話したように、
エアコンや扇風機なども絡めた
部屋全体の湿気対策は効果的です。

特に梅雨時期は気候的な要因で湿気が増えるので、
換気に気を付けるのが最も効果的です。

それ以外の湿気対策グッズをまとめてご紹介します。

木炭

これ実はよく効きます。

木炭というのは防臭効果の方が知られているかも
しれませんが、カゴなどに入れて
特に湿気対策の必要なところに置くと
効果を発揮してくれますよ。

重曹

こちらも木炭と同じように、
除湿も防臭も出来ます。

お皿やコップなどに入れて置いておけば、
除湿効果を発揮してくれます。

すのこ

人間は寝ている間に相当な汗をかく、と
聞いたことありますよね。

当然のことながら、布団やベッドには
相当な湿気が含まれます。

敷布団の下などにすのこを敷くと、
風の通り道が出来て湿気対策となります。

もう一つおすすめがこちら。

 

 

ハッキリ言ってめちゃくちゃ効果的。
何度も使用出来て本当におすすめですよ。

まとめ

昔の日本家屋って、どっちか言うと
隙間だらけだった気がします。

うちの実家でも築40年とかになりますが、
隙間だらけで冬は寒いのなんのって・・・。

でも裏を返せば、そのおかげで日々換気は十分で、
室内に湿気対策ということはあまり
必要にならない気がします。

むしろ最近の家の方がよっぽど湿気対策が必要です。

つまり最近の家屋は密閉性が高く、
それも湿気の原因になるんだそうです。

少しづつ細かな対策をして、
ジメジメとした梅雨時期を乗り越えたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ