お中元を贈りたい相手が喪中のときどうする?聞くのはNG?忌中のときは?

スポンサードリンク

 

お中元って、当然ですが相手のあることです。

しかもお中元の意味ってご存知ですか?

日ごろの感謝を伝えるためのものですよね。

なんでもそうですが、こういうことこそ独りよがりにならないように注意が必要ですよね。
お中元を贈るにあたり、相手のことをどこまで考えるべきなんでしょうか。

例えばお中元を贈ることを考えている相手先が喪中の場合などは、どうするべきなのでしょう。

スポンサードリンク
  

お中元は相手が喪中の時は贈るべきではない!?

贈り物をするうえで、相手のことを考えることは大切なこと。

例えば、お中元を贈りたいと思っている相手先が喪中だったりする場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

これは結論から言えば、あまり気にする必要はありません。

基本的に喪中であってもお中元を贈ることは何も問題なく、マナー違反ということでもありません。
これはそもそもお中元やお歳暮というのが御祝事というものに含まれないからということです。

お中元やお歳暮というのは、先ほどもお話しましたが

日ごろの感謝を伝える

ということが目的です。

なので喪中であっても特に贈ることに対しては問題ありません。

 

喪中で、しかもまだ日が浅い場合

実際、こういうことはありますよね。
まだ不幸があってから日が浅いという場合です。

この場合も、基本的にはお中元を贈ることに問題はありません。
ただ気を遣ってあげられるとすれば、少しでも落ち着いた四十九日が過ぎた後に出来るならそれも良いでしょう。

当然ですがこの場合、お中元の時期からずれてしまう場合もあるかと思います。
そんなときは熨斗紙に注意して、暑中お見舞いや残暑お見舞いの熨斗紙にすると良いでしょう。

 

お中元の時期やマナーは?贈る時期が過ぎたらどうすれば良い?

また、お中元の熨斗紙は基本的に紅白の蝶結びの水引きを用います。
喪中のときは、紅白の水引きがないものを選ぶと良いですね。

 

線香など贈るのは望ましくない!?

相手が喪中ということでお線香を贈る、ということを考える方もいるかと思いますが、これもやはりお中元としてはふさわしくありません。

辛い、悲しい思いを思い出させることになりかねないという理由で、これは敬遠されています。
お線香を贈る場合は、お中元とは別のタイミングが良いでしょう。

 

お中元を贈る相手に贈るタイミングなど直接聞くのは失礼?

お中元を贈る相手に対して、例えば先ほどのように喪中だったりする場合、お中元を贈るタイミングなど直接聞くのは失礼に当たるのかということです。

これは当然ですが、失礼です。やめておいた方が良いでしょう。

相手がたとえいくら親しくても、お中元を贈る意味合いというのは日ごろの感謝を伝えるものです。
それなりに相手との距離感を保つべきで、まして相手側がデリケートな問題を抱えているときにわざわざそれを持ち出すものではありません。

お中元やお歳暮に際しては、出来れば突然届くというのがベストです。事前予告や事前打合せなどは、やはりするべきではないでしょう。

もちろんこれは喪中のときなどの難しい場面でも同じこと。
あくまでも贈り手側が相手の状況や気持ちなどを推し量って贈り物をするということに意味があります。

特にデリカシーを大切にして、気持ちがきちんと伝わるように出来ると良いですね。

 

お中元を贈る相手が忌中のときはどうすれば良い?

まず喪中と忌中の違いはご存知ですか?

一般的には、四十九日が終わっているか否か。つまり四十九日前を忌中と呼び、四十九日が終わると喪中と呼ばれることが多いです。

先ほどもお話したように、喪中であればお中元を贈ることは問題ないでしょう。出来ることなら、忌中は避けたいところです。

何とかタイミングを見計らって、忌中明けに感謝の気持ちを伝える贈り物が出来るよう、考えてみてくださいね。

 

まとめ

お中元やお歳暮などは特にそうですが、相手に日ごろの感謝を伝えるためのものです。

つまり相手側のことを一生懸命考えて、何とか喜んでもらえるよう、知恵を尽くすことが何よりの贈り物です。
それは贈るものを考えたり、時期やタイミングを見計らうということです。

せっかくお世話になった方に贈るお中元です。どうすれば喜んでもらえるか、いつ贈れば感謝の気持ちが伝わるかをよく考えて、たくさんの思いを込めて贈れたら良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ