結婚式二次会に行きたくないときの断り方とは?欠席するのも理由が必要!?

スポンサードリンク

 

私くらいの年齢になると、結婚式というのは過去何度もお呼ばれして頂いておりますが、当然のことながらそれ以上にお呼ばれして頂いているのが結婚式の二次会です。

それもそのはず、何となく結婚式に呼ぶよりもハードルが低いイメージがありますよね。ま、だからでしょう。

何となく人数合わせ的な意味合いや、「多ければ多いほど良い」的な考え方をする主催者側ということもあって、へそ曲がりの私としては行きたくない時は行きません。

とは言えそもそもは結婚のお祝いの催しなので、そこは上手に切り抜けないと色々と角が立つのも事実ですね。そこでどうやったら結婚式の二次会をうまく欠席出来るのか、その断り方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

結婚式二次会に行きたくないときの鉄板の断り方とは!?

だいたいですよ。結婚式であれば何となく近しい人を呼ぶというイメージがありますよね。それならもうしょうがないと私は思います。

ただ結婚式二次会となると俄然どうでも良いような、何度か顔合わせたことありますくらいの人でも呼ぼうとする人がいるんですよ。ハッキリ言ってそれは迷惑です。

とは言ってもお祝い事ですし、知らない相手でもない。となると特に波風立たせたいとは思ってません。それでも行きたくない時ってありますよね。

結婚する二人をそんなに知らないとき、呼ばれている二次会に元カノが来るとき(←経験者w)、ぶっちゃけたいして祝いたい気持ちがわかないとき、や、単純にお金がないなどいろいろです。

ただやはり日本人というのはその辺が微妙で、これらの理由をそのまま伝えるとあまり良く思われないのも事実です。そうなるとそれなりの断り方を考える必要がありますよね。

結婚式二次会に行きたくない時、おすすめの断り方をご紹介します。

別の二次会に呼ばれてる

結婚式二次会となるとやはり二次会の時間帯、つまり夕方以降が多いですよね。それがなかなか厄介で、夜の予定で重要なものってなかなか用意し辛いんですよね。

他の予定があるので断る、というのが最もスマートかと思いますが、それにはやはり結婚式の二次会をぶつけるのが良いかもしれません。そもそも結婚式を挙げる日というのは日柄も良く、結婚式がかぶること自体は珍しくもないので、相手側も了承しやすいのが良いですよね。

外せない仕事がある

これは職業にもよりますが、どうしてもその日に仕事が入って外せない、というもの。
結婚式や披露宴ならまだしも、二次会ともなるとこれくらいの理由で断ることも出来るかと。

金銭的に厳しい

これは相手側に心配をかけるという意味も含めてあまりおすすめしません。
断りようがないときにこれを使うのは良いかと思います。相手は了承するしかないですからねえ。

いずれにせよ、結婚式そのものを断るよりは理由も簡単で良いかと思います。
とは言っても、あまり本音をぶちまけることがないよう、注意してくださいね。

結婚式に行きたくない時は欠席しても良い?理由は?ドタキャンはまずい?

結婚式の二次会に欠席するにはやはりそれなりの理由がいる!?

結婚式の二次会を欠席する場合、大切なのは相手との距離感です。
結婚式や披露宴そのものに呼ばれていて出席するのなら、出来れば二次会も出てあげてください。これまた行きたくないいろんな理由があるかもしれませんが、二次会だけ欠席するというのはなかなか不自然です。

私はかつて披露宴に出席し、二次会を欠席するという荒業をやってのけたことがあるんですが、なぜこうせざるを得なかったと言うと、二次会に元カノが来るからです。結構微妙な期間でもあったため、強引に二次会は欠席しました。
そのときの理由は、「実は結婚式そのものがかぶっていた。それでもこちらの披露宴を優先したんだけど、向こう側も出来たら二次会くらいには出てあげたい」などともっともらしく振舞って、二次会を欠席したものです。

ついでに言うなら、嘘をつくときは自分から騙すこと。これが真実だと思い込めば、嘘もつきやすいってもんです(笑)。

結婚式二次会の断り方はメールでも良い?

結婚式二次会の招待状そのものがどう来ているか、にもよりますが、こちらも結婚式ほどいろいろとマナーがあるものでもありません。
まして主催者が友人だったり、新郎や新婦の友人だったりしますよね。
ともなれば、一般的な大人としてのマナーを抑えていれば大丈夫です。

もちろんメールでも良いでしょう。

まとめ

結婚式二次会の断り方をご紹介しました。
結婚式、披露宴を断ったり欠席するよりもいろんな意味で楽なはずですが、だからと言ってぞんざいに扱うと人間関係が壊れかねません。

お祝いする気持ちはきちんと持ちつつ、自分の思う結果に持っていけたら良いですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ