結婚式二次会に欠席するときお祝いは必要?メールで直前に伝えるのはアリ!?

スポンサードリンク

 

結婚式二次会に行きたくなく、どうしても欠席したい。
そんな時ありませんか?

結婚式もその二次会も、仲間内のはじめの方は比較的みんな盛り上がって余興やお祝いにも力が入りますが、だんだん負担に変わって行きがちですよね。

それもそのはず、仲間内でも早いうちの結婚であればやはりみんな面白がって来たがるし、何より独身の人が多く祝儀もプレゼントも豪華です。
ただ家庭が出来て子供がいる、なんて方が多くなるとやはりそこは生活重視。時間的な束縛もなかなか厳しいものがあります。

よって結婚式は早めに挙げるに限る、というのが持論です。

だからと言って、自分のときはお祝いしてもらっておいて、相手の番になったら欠席、なんてことはおおっぴらには出来ません。
それでも欠席したいとき、せざるを得ないときはどうするべきなんでしょうか。

スポンサードリンク
  

結婚式二次会に欠席する場合にお祝いのプレゼントは必要?

結婚式二次会を欠席したい。理由はいろいろです。
ただすでに結婚している人にとっては、やはりいろんな意味で難しいですよね。
私の場合、最も大きな理由は金銭面でした。

仲間内では比較的早く結婚した私は、周りが結婚する頃にはすでに子供がいて、金銭面も時間的にも自由度は少なくなっていました。

つまりね、そういうことなんですよ。相手のことを祝いたいとかどうとか以前に、こっちの側の生活が整ってない。

だから気持ちがあるないではなく、行けなかったりするんですよね。
百歩譲って披露宴までは出席したとしても、二次会まではとても無理。

なので私の場合

披露宴に出席  →  二次会は欠席
披露宴に出席しない場合  →  二次会参加は会費による

披露宴はもとより、結婚式二次会でも欠席したいときの理由の最たるものは金銭面ではないでしょうか。

そうなるとやはり二次会の参加も会費によります。
一時は、ほとんどの二次会は欠席していました。ただ、お祝いする気持ちはあるんですよ。
そうなると何でその気持ちを表現するのかということですが・・・。

二次会欠席の場合にはプレゼントだけでもするべき?

これ、例えば披露宴に出席するなら必要ありませんよね。
では二次会はどうでしょうか。

私は必要ないと思います。結婚に対するお祝いをするのと、結婚式の二次会に欠席するからプレゼントを贈るというのは基本的に別問題。

二次会を欠席するからせめてプレゼントでも、というのなら全く必要ないと思いますよ。

結婚式二次会に欠席する場合、欠席理由はメールで伝えても良い?

結婚式二次会というのは、基本的に「新郎新婦の友人主催」ということが多いのではないでしょうか。

つまり同窓会などと同じように、幹事がいて、色々と手間暇かけて仕切ってくれている人たちがいます。
なので当然ですが、その人たちの努力を無駄にするわけにも、邪魔するわけにも行きませんね。

同窓会を欠席する場合の文例や、近況報告などハガキの返事の書き方は?

 

二次会のお誘い自体が何で伝えられたのかということにもよりますが、基本的には二次会は披露宴などと比較すると多少ライトなものです。

友人主催の色合いが濃く、あまり固いものではないと捉えて問題ないかと思います。
ということで欠席する旨をメールで伝えることも問題ないでしょう。

結婚式二次会に欠席したいけど直前になってしまったときは?

先ほどお話したように、結婚式二次会を欠席するにあたって、その旨をメールで伝えることもあるかと思います。
そしてそれは問題ないでしょう。メールでも電話でも、伝わることが大切です。

ただ注意するべきなのは、欠席を伝えるのが直前になってしまわないようにする、というもの。
私も経験ありますが、幹事さんは大変です。ある程度会費を当て込んで企画しているということもありますし、会場とのすり合わせも必要なんですよね。

ついでに言うと、会場側だったこともあります(笑)。ある程度は想定内ですが、やはり直前の人数変更はかなり迷惑です。
多くの人に迷惑をかけかねないのが直前の欠席通知。

出来るだけしないように気をつけましょうね。

まとめ

結婚式の二次会って、披露宴ほども重みはありません。
だからと言って軽視して良いはずはありませんよ。気持ちくらいは伝えるべきです。

自分の生活を犠牲にしたり我慢を強いられる必要はありませんが、相手にとってはやはり一世一代の大イベントです。
そこはきちんと理解して、盛り上がる気持ちに水差すことのないような振る舞いを心掛け、たとえささやかでもお祝いの気持ちが伝えられると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ