花火をスマホで綺麗に撮る最強の方法とは?撮影するための3つのコツ!

スポンサードリンク

 

それにしても最近の花火大会は年々レベルが上がっているような気がします。
昔は田舎の花火大会などに行くと1回上がってから次が上がるまでに数秒から数十秒かかることもあったんですよ。クライマックスだけ連発で、あとは寂しげに上がっていることも珍しくなかったのを覚えています。
ところが最近は派手ですね。レベルが高く色とりどりで、とにかく連発で綺麗です。

せっかくなのでこの美しい花火を残しておきたいと思いますよね。

ただそう思って今までスマホで花火の撮影を試みた方は多いのではないでしょうか。
でもなかなか綺麗に花火をスマホで撮影するのは難しいって感じませんでしたか?
それもそのはず、花火をスマホできれいに撮影するにはほんのちょっとのコツがあります。
本日はそちらをご紹介しますね。

 

スポンサードリンク
  

花火をスマホで綺麗に撮る最強のコツを3つご紹介!

花火をスマホで綺麗に撮るには、ちょっとだけコツが必要です。
おそらくこれ撮影したみたことのある人はわかるかと思いますが、意外に綺麗な画像を残すことが出来ないんですよね。
そこで、最初に抑えておくべきコツを3つご紹介します。

①場所の確保

シンプルですが、これ大事。
と言うのも、花火撮影って、肝心の花火まで距離があったり、以外に煙が邪魔したりすると、どうあれ綺麗な社員は無理です。
そうなんです。最初にご紹介するのはまず、綺麗な画像が写せる場所の確保ということです。

言うまでもありませんが、まずは「花火が綺麗に見えるところ」の確保。見たもの以上の画像は残せませんので、まずは綺麗に花火が見えるところを探してくださいね。

風上を選ぶ

花火の撮影で気になるのは、花火とともに写る煙です。
これが写り過ぎると、花火そのものの画像は美しく残りませんよね。
ある程度はしょうがないんですが、必要以上に写り込まないようにするには、風上は必須です。

足場の良いところを

本当は、綺麗に撮影するには三脚などがあるとベスト。
ま、そんなもん持って花火大会に出掛けるのは少々大げさなので、なかなかそれは難しいですよね。
とは言っても、単純に手ブレというのは大敵です。可能な限り、安定した状態で撮れる場所の確保に努めてくださいね。

撮影する手を固定することが出来ると良いので、例えば一緒にいる人の肩に肘をかけたり、壁があるなら自分の体をもたれかけたりすると、結構違いますよ。

②カメラ設定

こちらについては、スマホによって設定の仕方が異なります。
よってオーソドックスなやり方をご紹介しますので、あとは個々で設定を調べてみてくださいね。
スマホによっては「花火モード」などがある機種もあります。そういう場合はそちらで。

HDRモードをオフに

最近のスマホカメラは性能が高くて、多くのスマホに付いているかと思います。いわゆる明るさ調整の機能ですが、まずこちらをオフに。

ISO感度の調整

これは特に夜景に向かない機能です。もしこれが設定できるなら、なるべく低めに。100くらいに出来るならそれで十分です。

フラッシュやズームは不要

これも日ごろ使っていると感じることがあるかと思いますが、そもそもスマホのカメラのズームって、一気に画質が落ちませんか?
デジカメというのはよく言われる光学ズームというもの、スマホはデジタルズームです。

ただ最近、スマホでも光学ズーム搭載のものが出てきています。それならもちろん使用できます。しかし最近は凄いですね~。

フラッシュに関しては、ま、意味がないので不要ということです。

③連写する

早くも最終手段です(笑)。
とにかく、良い画像を撮るには数撃ちゃ当たるってもんです。

なるべくたくさんの画像を残せるよう、撮りまくりましょう。

花火を美しく残すスマホ最強アプリご紹介!

花火を美しく撮影するためのアプリをご紹介します。

大仙花火カメラ  

まずはこちら。iOS用とandroid用があって、何より花火撮影に特化しているため機能豊富、結構作り込まれてます。

アプリが花火を自動で認識してくれて、何と撮影まで自動でやってくれるという優れモノです。設定だの何だの細かいことはようわからん!という人にはめちゃくちゃオススメ。

誰でもきれいに花火を撮影してくれて、綺麗な画像を残すことが出来ますよ。

夜撮カメラ

こちらもiOS用android用があります。

花火というよりも夜間の撮影用に作られたアプリです。夜間の被写体がはっきり写ったり手ブレ補正が秀逸。

私は花火以外でこちらを重宝してます。

まとめ

結局、花火を綺麗に撮影するにはコツがあります。
ただ言ってみればそれらをきちんと押さえておけば特別難しくもなく、最近のスマホのカメラ性能が随分カバーしてくれるので結構きれいな画像は撮ることが出来ます。

そうなるとやはりオススメなのはこちら。

 

 

これだけは持って行くのが良いかと。ぶっちゃけ荷物っちゃあ荷物ですが。
ただこれも一度撮影していただくとわかりますが、かなり効果的です。

実は私も勧められて購入し、今では結構な頻度で持参します。
もちろん花火だけでなく、通常の景色の撮影などでも活躍。

スマホの三脚だけでもたくさん出ていますので、色々と見てみると良いですが、何しろこれ、コスパ高いのでおすすめですよ。

何しろ、「きちんと固定して撮影する」というのが、花火の撮影に限らずきれいな画像を撮るのに必要なことかと思います。

綺麗な花火画像が残せると良いですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ