インフルエンザの時の食事のメニューや栄養は?子供には何が良い?

スポンサードリンク

冬になると猛威をふるうインフルエンザ。

 

一度流行し始めると一気に広まり、どれだけ気を付けていても感染
してしまうことがあります。

 

高熱にうなされ、安静にするしかないインフルエンザの患者にとって
どんな食事が良いのか考えてみました。

 

 

スポンサードリンク

インフルエンザの食事、どんなメニューにするべき?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる風邪の症状
に加えて高熱や関節の痛みなどを伴うものです。

 

経験した方はわかると思いますが、尋常じゃない高熱に襲われます。

 

近年はインフルエンザの予防接種を受ける人も増え、それを接種
すれば症状が随分緩和されるとされていますが、やはり熱は高い
ことが多いようですね。

 

さてそんな時の食事ですが、まず気を付けるべきなのはやはり
水分補給です。下痢があったり嘔吐がある時は尚の事、何よりも
水分を取ることが大切です。つまりはスポーツドリンクや経口
保水液などをきちんと摂取し、まずは脱水予防をするように
しましょう。

 

また、果物の缶詰などにはシロップが入っていますが、あれを
薄めたものもおすすめです。ブドウ糖が含まれるシロップは
栄養価としても高いものになりますので、特に食欲もなく
水分くらいしか受け付けないという場合は良いのではないで
しょうか。

 

あとは食べやすいうどんなど。良く煮込んだものは消化も良く
お粥などと同様、食べやすい食事の一つです。

 

消化が良く、温まる食べ物がまず一番でしょう。

 

 

 

インフルエンザの食事に必要な栄養は?

やはり中心はビタミンでしょうか。

 

牛乳や卵、その他乳製品などに多く含まれるビタミンAは、粘膜に
効き目があるため鼻や喉の粘膜を守ります。
みかんやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれるビタミンCは、
抗酸化作用が含まれるためウイルスに対し闘ってくれます。

 

また大豆や玄米などに含まれるビタミンEはリンパ球や白血球の
働きを助ける効果が期待できます。また血行も良くしてくれます。

 

その他としては魚類に多く含まれるタンパク質が血液や筋肉のもとと
なり、免疫細胞のもととなりますので、これらがウイルスなど
病気に対する免疫力を高めてくれます。

 

また、ねぎやにんにくに多く含まれる硫化アリルという栄養素があり
ますが、これは身体を温め、毎日少しづつ摂取すれば滋養強壮にも
効果を発揮します。

 

これらの栄養素を含む食べ物を積極的に摂取することで、身体の中の
免疫力を高め、自己治癒力を期待することが出来ます。

 

 

 

インフルエンザの食事、子供はどうすれば良い?

基本的に必要な栄養素は大人と変わりません。

 

ただ、子供の場合は食べてくれるかどうかも大きな問題になって
来ます。

 

熱が高ければほとんど食事も摂れませんし、子供は無理に食べてくれ
るようなことはありませんからね。

 

そんな時でも、やはり水分の補給だけはしっかりとしてあげて
下さい。

 

実はそんな時に効果がある食べ物としてご紹介したいのが

 

バニラアイス

 

です。

 

意外と思われるかもしれませんが、口当たりも良く、身体も冷やして
くれるばかりか、何よりも高カロリーでエネルギー源となります。

 

加えて子供も食べやすいというところが魅力です。

 

たとえ柔らかいうどんやお粥でも食べられないようなときは、ゼリー
やすりおろしたリンゴなどで様子を見るのが良いですね。

 

 

 

まとめ

大人も子供も、高熱を伴えばやはり食欲が出て来ません。

 

そんな時に無理して食べるくらいなら、食べられるものだけを食べ
ていれば良いでしょう。くどいようですが、水分補給だけは忘れずに。

 

身体が食べ物を受け付けるようになってからで問題ありません。

 

食べれるようになってから、少しづつ、消化のよいものからはじめて
みてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ