喪中のときの初詣は神社へのお参りや厄払いやお守りなどどうすれば良い?

スポンサードリンク

身近な人が亡くなって一般的には13ヵ月の間、喪中の期間と言われます。
これは個人との間柄によってことなるとされていますが、近年では
1年間ほどを喪中と捉えることが多くなっています。
当然のことながら、喪中の間は派手な宴席やお祝い事などへの出席は
控えるべきでしょう。

 

昔は亡くなった方との関係性によってはしばらくの間外出すらしないと
いうこともあったようですが、現在ではそこまでのことは少なくなって
います。

 

とはいえ、初詣など年始の習慣などはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

喪中の期間の初詣、神社はNG?

 

まず、「忌中」というものと「喪中」というものがあります。

 

「忌中」というのは亡くなった方が仮に実父、実母だった場合で、
亡くなった日から50日間を指します。最大でも50日間、あとは
関係性によって異なりますが、50日以上「忌中」が及ぶもので
はありません。

 

それ以降、最大で亡くなってから13ヵ月目までを「喪中」と
言っています。

 

ここをよくわかっていない方が多いようです。これを理解せず
ただ漠然と1年間神社に行ってはいけないと思っている方が
いらっしゃいます。

 

「喪中」というのは、あくまでも故人を偲ぶ期間ではありますが
「忌中」ではないため、参拝することに問題はありません。

 

ではなぜ、忌中の間は神社に行ってはいけないのでしょうか。

 

これは、神社(神道)の死に対する考え方にあります。

 

多くの神社では、「死」を「穢れ(けがれ)」として捉えます。

 

この場合の穢れとは汚れとは違い、「気枯れ」という意味です。
親しい方が亡くなり、気が枯れている状態という事になります。

 

その沈んだ気持ちを周りに伝染させてはいけない、ということから
忌中の間は神社の鳥居の中の聖域に足を踏み入れるべきではない
のです。

 

よって忌中の間は、神社にお詣りすることは出来ません。

 

ただ言ったように、お詣りが出来ないのはあくまでも忌中の
場合のみです。つまり、期間が過ぎて喪中になれば神社でも
お詣りすることは出来るのです。

 

ということで、あくまでも神社にお詣りできないのは忌中の
間であって、喪中の間はお詣りしても何ら問題ありません。

 

 

 

喪中の期間の初詣、厄払いはどうするの?

 

忌中の間、神社への初詣はできません。これは、神社の死に
対する考え方から来るものだという事はお伝えしましたね。

 

それではお寺はどうなんでしょうか。

 

お寺には、死に対する解釈として神社のようなものは存在
しません。

 

つまり、お寺であれば初詣そのものもお詣りすることも何も
問題ありません。

 

 

そして厄年を迎える方も当然いらっしゃいます。

 

一般的に厄年には厄除け、厄払いを行いますが、これはどう
なのでしょうか。

 

ここで定義をご説明します。

 

厄除け

お寺で行うもの。災厄が自分に近づかないよう、神仏の力を
借りて厄を切り払ってもらうもの。

厄払い

神社で行うもの。災厄をもたらすそもそもの災いの元を体から
祓い除くために身を清めること。

 

どちらが良いかは、それぞれです。考え方に合った方を選ぶと
良いでしょう。

 

ただ忌中の間は神社に行って厄払いをしてもらうことが出来
ません。その場合はお寺で厄除けをしてもらうか、忌明けを
待ってから神社で厄払いをすることになります。

 

 

 

喪中の間の初詣、お守りはもらえるの?

 

こちらも考え方は同じ。

 

忌中の間でなければお守りをいただくことは問題ありません。

 

また、もともと持っているお守りやお札なども忌中の間で
なければお焚き上げに出すことも可能です。

 

 

 

まとめ

喪中の間に神社に行ってはいけない、ということを耳にします。

 

でも実際はそんなことはないことがご理解いただけたでしょうか。

 

この他にもその神社や宗派などによって細かな取り決めがある
ところはたくさんあります。

 

不明な点は事前に連絡するなどして確認しておくようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ