初詣はいつまでに行くと混雑してる?神社とお寺、その意味は?

スポンサードリンク

 

新年らしい行事といえば、やはりまずは初詣ですよね。

 

近所の神社に行っても甘酒をふるまっていたり、昔からの知り合い
に出会ったり。

 

また、出店などもたくさん並んで、まさに日本のお正月を感じる
ことの出来るイベントなのではないでしょうか。

 

この初詣ですが、実はどんな意味があって、どんな決まり事が
あるのでしょうか。

 

初詣についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

初詣はいつまでに行くもの?

 

昔の初詣というのは「恵方参り」「恵方詣で」と言って
「恵方」とされる、その年に良いことがあるという方角
にある神社やお寺に行くのがならわしでした。

 

最近ではそんな習慣はなくなり、各々が日頃お参りして
いる神社や、その時それぞれのお願い事を叶えてくれそう
な神社を選ぶことが多くなっているようですね。

 

受験を控えている人は学問の神様に詣でたり、縁結びや
安産祈願をされる方もいます。

 

その初詣ですが、基本的には期間の縛りはありません。

 

元旦に行くものだと思っていらっしゃる方もみえますし、
三が日まで、もしくは松の内までと思っている方も
みえます。また、1月の間であれば大丈夫という方も
いらっしゃいます。

 

一般論では三が日が多いようですが、特にいつまでに
行かなくてはならない、という決まりはないようです。

 

 

 

初詣はいつまでが混雑してる?

 

さっきも言ったように、基本的には初詣はいつまでに行っても
問題ありません。

 

言い換えれば、一年の初めに行ったお参りが初詣です。

 

ただ、屋台が並んでいたり、神社やお寺によっては新春を
祝うイベントなどもそれぞれに催されていたりするものです。

 

神社やお寺それぞれの賑やかさは主催者側の意向にもよるもの
となりますので、直接確認しておいた方が良いかもしれません。

 

せっかく初詣に行くのなら、賑やかでおめでたい日本のお正月
が感じられるうちに行けた方が気分も盛り上がりますよね。

 

またその年の「年神様」がいらっしゃるのは松の内まで、とも
言われています。

 

それに合わせた行事を組んでいる神社やお寺も多いので、事前
に確認しておきましょう。

 

この「松の内」というのは、一般的には1月7日までとされます
が、地域によっては15日までだったり色々です。

 

混雑度合いと合わせてそちらも確認してみると良いでしょう。

 

 

 

初詣は神社?お寺?その意味とは?

 

初詣という言葉の意味は、「初めて詣でる」ということです。

 

ちなみに「詣でる」というのは、自分から、自分の意志で
行くという事を指します。

 

反対に「参る」というのは、呼ばれて参上する、という意味
あいになります。

 

つまりお正月の初詣は、一年間無事に過ごせたという感謝と
報告、そして新年を健康で幸せに過ごすことが出来るように
神社やお寺でお願いをするものです。

 

これは神社でもお寺でも構いません。

 

日頃から見守っていてくださる氏神様にするのもよし、今年は
受験だから合格祈願のためにそういう意味合いの神社を選ぶ
もよし。

 

また、有名な神社やお寺へ小旅行気分で出かけてみるのも
楽しいものです。

 

そんなとき、気に掛けておいて欲しいことが二つあります。

 

一つ目は、鳥居をくぐったあと、道の真ん中を歩かない、と
いうこと。真ん中は神様の通り道と言われています。
端を歩くようにしましょう。

 

もう一つは、初詣が終わったら、なるべく真っすぐ家に帰る、
ということです。
これは神様に頂いたパワーをなるべく持ち帰るため、と
言われています。

 

 

どちらにしても、お正月を感じる事の出来る、一年のはじめの
イベントです。

 

せっかくなら、なるべく新年に行って、雰囲気も楽しんで行き
たいですね。

 

 

 

まとめ

 

私の世代は、大晦日に大掃除を終えて自宅でゆっくりと紅白を
見ながら年越しそばを食べて、紅白が終わるころ近所の氏神様
に初詣をする、というのがパターンでした。

 

そこで頂く甘酒や、深夜にも関わらず大勢の人が出歩いている
感じが大好きです。

 

お正月は日本らしい、昔からの風習をたくさん感じる事の出来る
イベントです。

 

少しくらい遅くなっても、神社やお寺にお詣りに出掛けてみては
いかがでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ