七五三の服装は何を着る?父親、母親、祖父や祖母はどうする?

スポンサードリンク

さてさて。七五三の季節が迫っています。

 

この日本古来の年中行事とも言われる七五三。
我が子の成長を喜び、幸せを願う親とすれば非常に大切なイベントですね。

 

ただこの七五三。歴史のある由緒正しいイベントであるにも関わらず
多くの家庭では毎年続くものではないことからも、このイベントを
どう過ごすのか、ということがなかなか知られていないようです。

 

ここではまず、その七五三に何を着るべきか、というところから
ご紹介してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

七五三の服装は何を着るべきか!?

七五三と言えば、当然主役たちは7歳、5歳、3歳の我が子たち。

 

当然、晴れ着の着物を着るという方もいれば、洋装のドレスを纏う子供
もいます。晴れ着を着るという意味では、今どきお正月やひな祭り、端午
の節句などよりもずっと晴れ着を着る方の割合の多いイベントなのかも
しれませんね。

 

地方によってそのお祝いの仕方がいろいろだったり、江戸時代に始まった
神事であるという観点からも、いろんなお祝いの仕方があるようですね。

 

ただ洋装にせよ和装にせよ、子供達にとっては晴れ舞台であることは
間違いありません。写真をたくさん撮って、先々の思い出となる大切な
イベントです。

 

最もよく似合って、素敵な一日に出来るよう、よく考えてチョイスしたい
ものですね。

 

大切なことは、あくまでも普段着ではないということ。
晴れの日にどんな出で立ちで過ごすのかは大事だということを、子供たち
に教えることの出来る大切な日です。

 

主役の子供たちにとってかけがえのない一日になるように、楽しい思い出
になる一日を迎えたいものです。

 

特に洋装か、和装か、で決められない方は、事前にどちらも写真館などで
の撮影で経験しておくことをおすすめします。事前の撮影を和装で、当日は
会食のことなども考えて洋装で、というように自由に考えることが出来ます。
言ってみればリハーサルが出来る、ということです。

 

どちらも見てみたい!というのも親心ですしね。

 

 

七五三の服装は父親や母親としては何を着るべきか

主役たちが何を着るかというのは、脇を固める親御さんたちにも大きな
影響を与えます。

 

そう、七五三で多くの方が頭を悩ませるのは「父親や母親の服装としては
何を着るべきなのか」ということ。

 

まずは大前提ですが、お子さんたちの洋装、和装にはそれほど合わせる必要がないということ。

 

これは当然と言えば当然ですが、お子さんの和装と洋装の比率としては
どうやら8対2くらいで和装が多いんだとか。

 

とすれば、先ほどの理屈を持ち出すと父親、母親も和装ということになって
しまいますね。

 

それでもまだお母さんが和装になることはともかく、父親まで、となると
非常に重たく、非日常的な部分が前に出過ぎる気がします。

 

ですので、特にお子さんの装いに合わせる必要はありません。

 

それよりも、このイベントにおける基本的なこととして

 

主役より目立ってはいけない。

 

というのがあります。

 

これは当然といえば当然。たとえばお父さんが和装だとお父さんの方が
目立ってしまいますね。もちろん、お母さんの派手な着物もです。

 

洋装の場合でも、お母さんのドレスの方が目立つ、なんてことは論外です。

つまり、主役を引き立てる服装であれば問題ないということです。

 

あくまでも、主役を目立たせてあげてください。

 

 

七五三の服装、祖父や祖母は何を着ればよいのか

先程も言ったように、基本的に主役はあくまでも子供たちです。

 

その主役よりも目立っていけないというのはもうおわかりですね。

 

ここではおじいちゃん、おばあちゃんたちは何を着ればよいのかと
いうことですが、こちらもおなじ事。主役たちよりも目立たないで
ください。派手ではない服装で。
男性はスーツ、女性はセミフォーマルか着物などがオススメです。

 

 

 

まとめ

ということで、七五三に何を着れば良いのかは、あくまでも主役の邪魔に
ならに服装、ということです。

 

あまり堅苦しい礼服スーツより、カジュアルなスーツで、ネクタイもカラーでいいと思います。
お祝い事なので、華やかにすることはまったく問題ありません。

 

かけがえのない我が子の大切なイベント、最高の演出をしてあげるためには、やはり主役が
霞むようなことをしないことです。

 

もちろん普段着というわけには行きませんのでしっかりとした服装で一生の
思い出をたくさん作ってくださいね!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ