確定申告の医療費控除はいくらから?対象と交通費は。

スポンサードリンク

 

医療費の負担って、結構な額になる時がありますよね。

 

1年間の医療費が多いとき、確定申告で医療費控除の申請をすること
によって税金が戻ってくることはご存知でしょうか。

 

さてこの医療費控除ですが、知識のある無しで随分申請も受給も
変わって来ます。

 

知らなかったばかりに損をすることもたくさんあります。

 

医療費控除の知識を深め、きちんと還付してもらいましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

確定申告の医療費控除はいくらから?

 

1年間の医療費が一定額を超えると、確定申告をすることにより
還付金を受け取ることが出来るようになります。

 

ただ、これを受け取るには確定申告をしなければなりません。

 

サラリーマンの方は、会社でやってくれる年末調整とは別に自分で
確定申告をする必要があるのです。

 

計算は、1世帯ごと。

 

つまり生計を共にしている家族の分もすべて対象です。

 

・年間の医療費の支払いが10万円を超える人。
・医療費の支払いそのものは10万円に満たなくても、合計金額の
5%を超えている人

 

医療費の合計が上限200万円までとなりますが、対象となるのは
どんな内容でしょうか。

 

 

 

確定申告の医療費控除、対象は?

一般的な通院や入院に関わる費用

基本的な医療機関で支払った診療費や治療費。
例えば禁煙治療などでも対象となります。また、通院のために使用
したバス・電車などの交通費や、通院のための付き添い人がいるなら
その人の交通費まで対象となります。

 

 

妊娠や出産に関わる費用

出産費用から妊娠中の定期検診などの費用の他に、流産の場合の入院・
手術代から不妊症の治療費も対象です。またこちらも通院や出産時の
タクシー代なども。

 

これとは反対に、医療費控除の対象にならないものとして、美容関係
の費用やペットの診療費用などは対象となりません。

 

 

 

ま、よくよく考えればそうでしょうね(笑)。

 

つまり、健康保険が利用できる医療であれば対象となることが多いと
言えます。

 

 

 

確定申告の医療費控除、交通費はどこまで?

 

先程も少し触れましたが、確定申告の医療費控除の中で少し複雑
なのがこの交通費ではないでしょうか。

 

簡単に言うと、含めて良い分と含められない交通費に分かれます。

 

 

認められる交通費

公共交通機関。つまり電車やバス、地下鉄などです。また、交通機関
では通院できないほどの病気やケガでの通院の際に使用するタクシー
代金はOKです。また、子どもや老人、または症状が重篤で付き添いが
必要な場合の付き添いの方の分の交通費。なお、これはお見舞いでは
ダメです。

 

 

認められない交通費

自家用車で通院するためのガソリン代や駐車場料金などは認められ
ません。

 

 

 

まとめ

確定申告の医療費控除、その大枠をご説明しました。

 

申告の際、細かく説明する必要が出てきますので、医療機関に
かかった際は、その都度領収証などとともに使用した交通機関
などもまとめておくとあとでわかりやすくなるかと思います。

 

きちんと記録を残して、正しく申告しましょうね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ