確定申告の医療費控除で交通費の書き方は?タクシーの領収書も必要?

スポンサードリンク

確定申告で医療費控除が認められるのは、年間で10万円からです。

 

このボーダーとなる10万円ですが、この中には通院のための
交通費も含めて申告することが出来ます。

 

当然のことながら、治療が長引けば通院の交通費というものは
結構な額になりますよね。

 

となれば、きちんと申告しておくべきです。

 

ただ、医療費控除の交通費については、取り決めがいろいろと
細かくありますので、そのあたりを含めてまとめてみましたので
参考にしてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

確定申告の医療費控除で交通費の書き方は。

 

確定申告で医療費控除の交通費として認められるものは、基本的に
公共交通機関での移動に限られます。

 

必要最低限の実費に限られますので、例えば電車の距離にも関わらず
自転車や徒歩で移動したため実際には交通費はかかっていない、など
という場合は交通費としてはかかっていませんので申告は出来ません。

 

ではその書き方に決まりはあるのでしょうか。

 

これについては、書式などの決まりはありません。
日付と病院の名前、使用した公共交通機関の路線とかかった交通費
などをまとめて提出すれば問題ありません。

 

エクセルやワードで打ち出したものでも、もちろん手書きでも問題
ありません。

 

医療機関での領収書を提出するわけですから、それに基づいた交通費
となりますので、それで裏付けは簡単に取れてしまいます。

 

すべて実費に限られますので、例えば切符を買う場合と電子マネーの
決済の場合とで料金が異なるような場合でも、実際に支払った金額
での計上、申告となりますので、お間違いなく。

 

 

 

確定申告の医療費控除、交通費はタクシー代でも?

 

先程もお伝えしましたが、確定申告の医療費控除の場合、交通費と
して認められるのは公共の交通機関に限られます。

 

電車や地下鉄、バスなどですね。

 

反対に、タクシーや自家用車などでの通院にかかった交通費(移動
にかかったガソリン代や駐車料金など)は認められていません。

 

これは内容の限定が難しくなるからだそうです。
確かにマイカーでの通院でどこまで通院でどこからがそれ以外か、と
いう線引きがしにくいですからね。
基本的にタクシーや自家用車はNGとなります。

 

ただこれには例外があります。

 

例えば出産などの緊急な場合や怪我などで公共交通機関での移動が
不可能な場合は医療費控除の対象として認められます。

 

あと、通院することに付き添いが必要な場合。

 

例えば小さな子どもやお年寄りなどは、自分ひとりの力ではなかなか
通院そのものもままなりません。

 

この場合、付き添いの方の交通費も対象となります。

 

ただ、患者さんが入院していて、そのお見舞いに向かうための交通費
などは対象となりません。

 

あくまでも患者さんと一緒の通院に限られるということになります
ので、注意が必要です。

 

 

 

確定申告の医療費控除の交通費に、領収書は必要?

 

例えば公共の交通機関を利用した場合、なかなか領収書を手に入れる
ことが困難ですよね。

 

ということで、交通費の場合は特に領収書がなくても大丈夫です。

 

ただ通院の日付や実際にかかった交通費はまとめておかなくては
なりません。

 

通院が何日にも及ぶようになると、結構な手間となります。
なるべくこまめに記しておいた方が良いでしょう。

 

また、券売機などで領収証が発行できるような場合は、なるべく
手に入れておいたほうが間違いもないでしょう。

 

 

 

まとめ

 

医療費控除については、家族の分をまとめて申告することができます。

 

その都度通院の記録と交通費をまとめておき、きちんと申告することで
ちゃんと還付を受け取ることができます。

 

あとでわからなくなってしまわないように、なるべくきちんと記録して、
正しく申告するようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ