節分の由来や豆まきするのはなぜ?子どもにも伝えたい豆を食べる意味。

スポンサードリンク

 

節分ってご存知ですか?

 

豆をまいたり、恵方巻を食べるアレです。

 

これに関しては、知らない方の方が少ないと思いますが(笑)。

 

ただ、節分の言われや由来、意味をご存じの方は少ないと
思います。

 

それでも毎年子供たちと豆をまけば、意味を尋ねられる事も
あるでしょう。

 

そんな時のために、節分の意味をまとめてみましたので
ご参考にして下さい。

 

 

 

スポンサードリンク

節分の由来は?なぜ豆まきするの?

 

節分とは、読んで字のごとく

 

「季節の変わり目」

 

という意味です。

 

かつては「せちわかれ」と言って、立春、立夏、立秋、立冬
の季節の始まる前の日のことを指して「節分」と言っていま
した。

 

現在では立春のみが残り、その前の日である2月3日を節分と
呼んでいます。

 

そして立春とは1年の始まりと考えられていました。
ということは、立春の前の日である節分はいわゆる「大晦日」
にあたりますよね。

 

つまり大晦日に悪いものを追い出し、素晴らしい新年を迎える
ために、立春の「節分」だけが残ったと言われています。

 

そして、豆まきをするのは何故でしょうか。

 

こちらは諸説ありますが、そもそも昔から米や豆には、邪気を
追い払う力があると言われています。

 

新年を迎える前に邪気を払うため、豆の持つ邪気払いの力を
借りて豆をまくことにより、季節の変わり目に出るという鬼を
追い払っていた、というもの。

 

魔滅 → まめ

 

とも言われており、豆まきの習慣は室町時代から続いています。

 

これらが由来となります。

 

 

 

 

節分の由来を子供に教えるには

 

そもそも、鬼とは何でしょうか。

 

もともとは、「陰(おん)」が語源と言われています。

 

目に見えない良くないことや、悪い運気という意味です。

 

この「陰(おん)」が変化して、「鬼(おに)」になった
と言われています。

 

そして、鬼の目に豆をぶつけることによって邪気を追い払う
ということです。

 

鬼を滅する → 魔滅(まめ)

 

という意味合いから来ています。

 

邪気を追い払うことによって、新しい一年の無病息災を願う
気持ちをこめて、豆をまくようになったのです。

 

節分の由来を子供たちに教えるのは、大切なことです。

 

 

豆をまいて邪気を祓うことで良い一年となることを、きちんと
子どもたちには伝えてあげてくださいね。

 

 

 

 

節分の由来、なぜ豆を食べるの?

 

節分における豆は、福豆と言われ、鬼を追い払った豆です。

 

福を身体に入れることで、一年の健康を願う、という由来が
あります。

 

そして節分の日には豆を食べることになっています。

その数は年の数、と言われる時と、年の数+1個と言われる時があり
ますよね。

 

これは、年の数の豆を食べることで、年齢の数だけ福を取り
いれることが出来る、という意味です。

 

また、1個多く食べるのは「来年も健康でありますように」
と願うものです。

 

また、節分では、豆は炒ったものを使うようにしましょう。

 

これは昔、まいた豆から芽が出ると災いが起こる、という
言い伝えがありました。

 

それから、もし豆を拾い損ねてもその豆から芽が出ないよう
に、という気持ちから、炒った豆で豆まきをしたのです。

 

 

 

まとめ

 

節分に限らず、季節の行事の中にはいろんな言われや意味が
あります。

 

きちんと意味を理解すると、楽しいものです。

 

節分の由来を理解して、一年に一度の行事を楽しんでみては
いかがでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ