節分の恵方巻きの由来や食べ方のルールとは。2017年の恵方は?

スポンサードリンク

 

節分になると恵方巻きを食べるという習慣は、いつからでしょうか。

 

私が子供の頃はなかった気がします。少なくとも、毎年恵方がどっち、
とか話題にした記憶はありません。

 

ただ、最近では恵方巻きも、その年の恵方も、必ずと言っていいほど
話題になっていますね。

 

節分の恵方巻きについてまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

節分の恵方巻き、その由来は?

 

気付いたら節分の風物詩になりつつある恵方巻きですが、その由来は
どこからなのでしょうか。

 

近年ではコンビニやスーパー、百貨店などで並べられ、予約だの
売り切れだの、結構な盛り上がりを見せています。

 

恵方巻きと言われる太巻き寿司が売られるのは前から見たことがあり
ましたが、ここまで盛り上がるようなものではなかった気がします。

 

恵方巻きの由来は諸説あるようですが、大阪の花街で、節分の時期に
お新香をまいた海苔巻きを恵方に向かって食べ、縁起をかついだ。

 

というのがそもそもの源になっていることが多いようです。

 

 

あとはそれを持ち出して鮓商組合が、古くから花柳界に伝わる
節分の日の行事として、恵方に向かって無言で一本の巻き寿司を
丸かぶりすることでその年は幸運がやってくる、とか、
海苔問屋協同組合が同じことを書いたチラシを配ったりして
広めて行ったようですね。

 

ルーツはいずれも大阪(笑)。さすが、大阪商人と言ったところで
しょうか。

 

 

 

節分の恵方巻き、食べ方のルールって?

 

その年その年によって違いますが、恵方というのがあります。

 

基本はそちらを向いて、無言で食べるというのがルールです。

 

あとは願い事などをしながら、一気に最後まで食べきるというもの。

 

途中でしゃべると運がにげてしまうので、食べ終わるまでは絶対に
口をきいてはいけません、というのがルールです。

 

切り分けたりせず、一人一本用意しておきます。切らないという
のは、「縁を切らないように」という願いをこめたものなんだとか。

 

また、巻き寿司であるというのは何故かと言うと、

 

「福を巻き込む」

 

という意味だそうです。

 

七福神にあやかって、7種の具がが入った太巻きが良いとされています。

 

 

ちなみに恵方巻、というだけでなく、丸かぶり寿司だとか、吉方巻き
と呼ぶ地方もあるようです。

 

 

 

節分の恵方巻、今年の恵方は?

 

恵方というのは、その年の幸せを司るとされる歳徳神(年神様)の
いる方角のことです。

 

その年で最も良いとされている方角です。

 

例えば、2017年の節分は

 

「壬の方位(北微西)」

 

つまり、北と北北西の間のことです。

 

 

ちなみに、恵方の考え方、その年の恵方とはこちらから

 

 

http://www.ffortune.net/calen/calen/eho.htm

 

今年はどちらが恵方なのか、調べてみて下さいね。

 

 

 

まとめ

 

恵方を向いて、家族そろって無言で一本の太巻きを食べる。

 

絵柄的にはなかなかシュールですが(笑)

 

それでも歳徳神さまのいる方に向かって願い事をしながら
幸せを願って食べる、という行事を一年に一度やってみるのも
楽しいものですよね。

 

せっかくですので、美味しい恵方巻きを用意して楽しんで
食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ