食べ過ぎの予防とダイエットでストレスや胃もたれに注意!

スポンサードリンク

 

秋から冬にかけては、美味しい食べ物がたくさん増えますよね。

 

まして、忘年会や新年会をはじめとして、お付き合いも増える季節です。
イベントも目白押しになるこの季節、やはり食べ過ぎてしまったりして
いませんか?

 

太ってしまったり、さらにエスカレートすると健康に危害が及びます。

 

食べ過ぎがさらに食べ過ぎを呼ぶ、ということもありますので、やはり
どこかで歯止めが必要ですよね。

 

食べ過ぎを予防するには、どうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

食べ過ぎを予防してダイエットするには?

 

食べ過ぎてしまう原因はいくつかあります。

 

中でも、早食いというのは大きな原因の一つです。
早食いするためには、噛んでいられませんよね。つまり、早食いは
噛んでいないので、満腹を感じなくなって食べ過ぎてしまいます。

 

基本的に人間は、よく噛んでいる時は満腹だと感じるのです。
逆に空腹だと、その空腹を満たそうと急いで口に食べ物を入れます。

 

結果としてたくさんのものを噛まずに早食いする、という食べ過ぎに
最もありがちなこととなってしまいます。

 

ということは、食べ過ぎを予防するにはその逆をすることです。

 

よく噛んで、ゆっくり食べる。

 

よく言われることですが、やはりこれに尽きます。

 

時間をかけて食事するように心掛けましょう。

 

 

 

食べ過ぎの予防の大敵、ストレス。

 

ストレスでついつい甘いものを食べ過ぎる。
いつまでも食べてしまう。

 

こういう経験は誰にでもあるものです。

 

本当に私ってダメだな。。。と思う前に、ちょっとした考え方と
意識の持ち方のコツを理解できれば、食べ過ぎてしまうことは
きちんとコントロールすることが可能です。

 

そもそもイライラしたり、ストレスを貯めている時には、ついつい
食べる方に行きがちです。

 

そうするとやはり抑えられない自分を責めてしまうというのはよく
あることです。ただ、大事なのはそこの部分の考え方です。

 

過食症治療の現場から見れば、最も良くないのは食べることに罪悪感
を持つことなんだとか。

 

食欲を押さえることによって満足感を得ることがしにくくなって、
かえってストレスが増える。そしてその反動でまた食べてしまう。

 

これこそがまさに悪循環です。

 

そもそも食べることの目的とは、体に栄養を与えるか、心に栄養を
与えるのか、のどちらかです。

 

食べることによってストレスを解消してるんだ、と前向きに考える
ことが必要です。

 

食べる自分を責めることよりも、本当に自分が食べたいものをしっかり
味わい尽して満足度を高めることが、結果的に食べ過ぎを脱出する
ことになるのです。

 

 

 

食べ過ぎの予防が出来ないと、胃もたれになりやすい

 

胃もたれとは、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

1つは、食べ方によって起こるもの。つまり、一時的なものです。

 

そしてもう1つは、生活習慣によるものです。

 

いずれにしても、胃の中の食べ物がなかなか十二指腸まで行かずに
いつまでも胃にとどまることによって胃もたれとなります。

 

ということは、胃をいたわることで解消できます。

 

早食いや、噛まずに食べることをやめること。
なるべく冷たいものを避け、温かいものを食べて胃の血行を良くし、
消化を早めること。

 

そしてストレスを貯めない生活を送り、リラックスできる時間を
必ず確保出来ると良いですね。

 

 

 

まとめ

 

食べ過ぎを予防する必要はありますが、それすらストレスと
しないことは大切です。

 

身体をいたわってあげる意識を持って、急激に体に負荷がかかる
ようなことを避けてあげれば、食べ過ぎを予防することは出来ます。

 

ただそれでも食べ過ぎてしまったときは、翌日に抑えることで随分
解消することが出来ます。

 

このとき大切なのは、絶食はしないこと。

 

食べる量を減らし、体に負担をかけないよう意識しつつ、それでも
きちんと食べ物を体に入れることが大切です。

 

野菜などを多めに摂って、体に優しい食事をし、2~3日間の間で
食べ過ぎにならないよう、調節するようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ