七五三のお参りはいつからどこの神社で?千歳飴はどうすれば?

スポンサードリンク

七五三とは、言うまでもなく子供の年齢が三歳、五歳、七歳になった年の11月
15日に、子供の成長に感謝するとともに、健やかに成長していくことを願う為
の日本古来の行事です。

 

晴れ着を来て神社に出向き、ご祈祷をしてもらったり、記念撮影をしたり。

 

もともと貴族の儀式であった風習も江戸時代頃には武家や裕福な商人などから
広まりはじめ、ゆくゆくは庶民の間にも浸透して行きました。

 

親御さんにしてみれば、子供の初めての晴れ舞台のようなものです。

楽しく、心に残るものにして行きたいですね。

 

 

スポンサードリンク

七五三のお参りはいつするべき?

七五三といえば、基本的には11月15日頃とされています。

 

もともと昔の貴族の儀式だったからか(他にも諸説ありますが)、11月15日
に行われていますが、たとえばお参りや記念撮影などについては特に決まってい
るわけではありません。

 

両親や一緒にお参りされる方の都合などもあり、必ずしも11月15日でもなく、
10月中頃から11月終わり頃にかけて日柄の良い日、土日祝日などを選んで
お祝いやお参りをされているご家庭も多いようですね。

 

神社によっては混み具合を考えた方が良いところもありますし、あくまでも
ゆったりとお参りが出来る日程で無理なく行うことがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

七五三のお参りする神社は?

基本的には、近所の神社や氏神様で行います。

 

たとえば三歳くらいだとまだ着物などを着たまま長時間の移動があったりすれば
機嫌が悪くなったり気分が悪くなったりすることもありますし、あくまでも主役
の子供たちが慣れない着物を着ていることを考えると負担を減らしてあげた方が
良いということもあります。

 

そもそも氏神様でお参りすることが原則ですが、一つのイベントと考えればその
あとで会食をしたり記念撮影をしたりということも大切な行事の一つです。

 

そんなときは、もちろんどこの神社でも構いません。

予定する神社でどのように祈祷されたり、近くに何があるのかなど、下調べして
おくことをおすすめします。

 

 

 

七五三のお参りと千歳飴

七五三のお参り、そして記念撮影などで、必要不可欠なものの一つとしてあげら
れるのが、

 

千歳飴

 

ではないでしょうか。

 

確かに小さな我が子が着物を着て、神社で七五三の記念撮影をするときにはやはり
千歳飴を持っていたほうが画になるという、という気持ちはよくわかります。

 

ところがこの千歳飴、どこで手に入れるのか?と不安に思っていらっしゃる方も
少なくないようです。

 

ただこの千歳飴、やはりご祈祷した時に貰えることが多いようですね。たとえば
写真館などで撮影をされた方などは、そちらでもらえることも多いようです。

 

もし、それでも貰えないということでしたら、究極は近所のスーパーでも手に入り
ます(笑)。ただ事前にスーパーなどで準備しておいたりすると先述のように神社
でも写真館でもいただいてしまい、飴だらけになってしまうことも考えられます
(笑)。

 

よく下調べしておくのが良いでしょう。

 

 

 

まとめ

日本古来の行事、七五三。

 

我が子の晴れ舞台、思い出に残る一日にしたいですね。

 

歴史と風習に思いを馳せながら、自分たちらしい七五三にすると良いでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ