乾燥肌の子どものかゆみや食べ物へのおすすめの対策とは?

スポンサードリンク

 

空気の乾燥する季節になると、乾燥肌に悩まされる人が増えて来ます。

 

本当に乾燥肌の方となると冬の空気が乾燥するという季節に限らず
いつでもカサカサになったり痒くなったりする方も多いようですね。

 

大人であればそれなりの対処も出来ますが、やはり子どもや乳幼児
となると色々と心配ごとも出て来ます。

 

子どもの乾燥肌にどう向き合ったらよいのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

乾燥肌の子ども、かゆみ対策は?

 

乾燥肌と言われるものの大きな要因の一つとして、やはり遺伝的なもの
があげられます。

 

生まれつき、皮膚の乾燥を防ぐ天然成分が少ない人のことです。
こういう方たちの中で乾燥肌に悩まされる方が多いのは事実ですが、ただ
例えばそういう方が環境の変わったところに移り住んだら治ってしまった
ということは珍しくありません。
湿度の高いところに引っ越して、症状が出にくくなる、ということは実際
にあることです。

 

とはいえ、現実的には大きく環境を変えることは簡単なことではありません。

 

ここで知って欲しいのは、遺伝的な要因がすべてではない、ということです。

 

実際に治った!という、多くの方が実践していることをご紹介します。

 

 

 

・保湿のやりかた

子どもに限らず、乾燥肌の方全般に言えることですが、やはり保湿は効果
てきめんです。例えば入浴後など、自然乾燥するともともとの肌の内部の
水分も一緒に乾いてしまうため、より乾燥すると言えます。

 

必ず身体を拭いて、保湿するようにしましょう。

 

髪の毛も同じ。なるべく早く乾かすことが必要です。

 

また、保湿クリームなども効果がありますので、体質にあったものを使う
ように心がけるとよいでしょう。

 

 

 

・入浴の仕方

まず重要なのはお風呂の温度です。
40℃以上のお湯は皮脂が落ちてしまい、乾燥肌の原因となってしまうこと
があります。
よく子どもがお風呂上りなどに身体じゅうを掻いていたりしませんか?
お湯が熱すぎたり、また体を洗い過ぎてもよくありません。
身体の汚れはほとんどが水に溶けてしまうものなので、湯船に浸かるだけで
ほとんどの汚れは落ちてしまうのだそうです。

 

にもかかわらずゴシゴシとこすることで、皮脂を傷つけたり落としてしまって
乾燥肌の原因となったりします。

 

シャンプーや石鹸の使いすぎも大きな原因です。

 

皮脂を根こそぎ落としてしまうことになりますので、使いすぎに注意するよう
にしましょう。

 

 

 

・加湿する

加湿器を使用する。なければ濡れたタオルを室内に干しておくだけでも随分と
湿度は変わります。

 

特に冬場は外気が乾燥していますので、通常よりも多くの加湿が必要という
ことを覚えておきましょう。

 

 

 

乾燥肌の子ども、食べ物はどうすれば?

 

やはり食生活は本当に大事です。

 

中でも子どもの乾燥肌に対する対策として効果てきめんなのはどんなもの
なのでしょう。

 

やはり季節の野菜や旬の魚、新鮮な肉や卵を食べる事です。

 

炭水化物や化学調味料でなく、新鮮なたんぱく質と脂質を中心に献立を
考えて下さい。

 

食用の油も、新鮮なものを使用することです。

 

そして、加工食品はなるべく避けた方が良いでしょう。

 

また、炭水化物のような糖質、特に精製された白米や小麦粉、砂糖など
は健康な皮脂を増やして乾燥肌を防ぐような役割は期待できませんので
なるべく食べないようにしてください。

 

 

child-1044177_640

 

 

 

乾燥肌によいとされている成分として、

 

ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
セラミド
αーリノレン酸
亜鉛

 

と言いますが、特に特別な栄養素と言うほどのものではありません。

 

どちらか言うと、日常的に摂取が可能なものだと思います。

 

可能な限り新鮮なものを摂るようにこころがけることで、乾燥肌には
効果を発揮することでしょう。

 

 

 

乾燥肌の子どもにおすすめの方法とは

 

個人的なおすすめは、石鹸やシャンプーを一切使わないことです。

 

うちの子どもはこれで乾燥肌から卒業しました。
もちろん合う、合わないがあるかと思いますので一概に言えませんが。

 

身体を洗う時に石鹸を使わなくするようになってしばらく経ったら、
アトピーっぽい症状はだんだんと間隔が空くようになり、最終的には
ほとんど出なくなりました。

 

ただこれはやり方があって、1週間くらいの期間で石鹸を使う、使わない
を何度か繰り返すと良いようです。

 

使う期間、使わない期間を明確に分けて、様子を細かく観察しながら
向き、不向きを考えていくとよいと思います。

 

うちは完全に今でも石鹸をほとんど使用しませんが、非常に調子良いです。

 

 

 

まとめ

 

大人から見ると、やはり子どもの乾燥肌は可哀想に感じてしまいます。

 

まして痒みが強ければ尚のこと、掻いたら悪化するので掻かないように
言うのはもちろんですが、これは結構辛いものがありますよね。

 

必ずその子に合った対処法があると信じて、いろんな方法を試してみて
くださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ